更新中

現在サイトを2019年版へ更新中です。

2016年 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄の登録販売者試験過去問題 第3章 主な医薬品とその作用 問1~10


2016年 【福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

第3章 主な医薬品とその作用 問1~10

問1 かぜ及びかぜ薬に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア かぜ薬は、ウイルスの増殖を抑えたり、ウイルスを体内から除去するものである。

イ かぜとよく似た症状が現れる疾患に、喘息、アレルギー性鼻炎、リウマチ熱、関節リウマチ、肺炎、肺結核、髄膜炎、急性肝炎、尿路感染症等がある。

ウ かぜの原因の約8割は、細菌の感染によるものである。

エ 15歳未満の小児で水痘(水疱瘡)又はインフルエンザにかかっているときは、サリチルアミド、エテンザミドが配合されたかぜ薬を使用することが適切である。

ア イ ウ エ
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 誤
4 誤 正 誤 誤
5 誤 誤 正 正

 

 

解説

ア.誤 :かぜ薬はウイルスの増殖を抑えるものではなく、熱や鼻水を抑える対症療法です。

イ.正

ウ.誤 :かぜの約8割はウイルスが原因です。

エ.誤 :サリチルアミド、エテンザミドは15歳未満の水痘、インフルエンザの際は避ける必要がある。

その他、アスピリン、サザピリン、イブプロフェンは一般用医薬品では15歳未満の小児に使用禁止なので、一緒に覚えましょう。

正解 4

出題範囲の解説ページ

第3章-1日目:Ⅰ-①かぜ薬

 


問2 かぜ薬に配合される成分に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア 解熱鎮痛成分として、クロルフェニラミンマレイン酸塩、カルビノキサミンマレイン酸塩、メキタジンがある。

イ 咳を抑える成分(鎮咳成分)として、コデインリン酸塩、ジヒドロコデインリン酸塩、ノスカピン、チペピジンヒベンズ酸塩がある。

ウ 痰の切れを良くする成分(去痰成分)として、グアイフェネシン、グアヤコールスルホン酸カリウム、ブロムヘキシン塩酸塩、エチルシステイン塩酸塩がある。

エ 炎症による腫れを和らげる成分(抗炎症成分)として、ブロモバレリル尿素、アリルイソプロピルアセチル尿素がある。

1(ア、イ)
2(ア、エ)
3(イ、ウ)
4(ウ、エ)

 

 

解説

ア.誤 :設問の3つの成分は全て抗ヒスタミン薬で、解熱鎮痛成分ではありません。

イ.正 :ちなみに、コデイン、ジヒドロコデインは麻薬性の鎮咳成分で、依存性があり、便秘の副作用があります。

ウ.正 

エ.誤 :設問の2つの成分は、鎮痛補助目的の鎮痛成分

正解 3

出題範囲の解説ページ

第3章-1日目:Ⅰ-①かぜ薬

 


問3 かぜ薬の副作用及び相互作用に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア かぜ薬の重篤な副作用は、配合されている抗ヒスタミン成分によるものが多い。

イ まれに起きるかぜ薬の重篤な副作用として、ショック(アナフィラキシー)、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症がある。

ウ かぜ薬には、通常、複数の有効成分が配合されているため、他のかぜ薬や解熱鎮痛薬、鎮咳去痰薬、鼻炎用薬、アレルギー用薬、鎮静薬、睡眠改善薬などが併用されると、同じ成分又は同種の作用を持つ成分が重複して、効き目が強くなりすぎたり、副作用が起こりやすくなるおそれがある。

エ かぜ薬の副作用として、下痢が現れることがある主な成分には、コデインリン酸塩、ジヒドロコデインリン酸塩がある。

1(ア、イ)
2(ア、エ)
3(イ、ウ)
4(ウ、エ)

 

 

解説

ア.誤 :重篤な副作用は解熱鎮痛成分によるものが多いです。

イ.正

ウ.正

エ.誤 :コデイン、ジヒドロコデインは副作用に便秘を起こす場合がある。

正解 3

出題範囲の解説ページ

第3章-1日目:Ⅰ-①かぜ薬

 


問4 鎮痛の目的で用いられる漢方処方製剤に関する以下の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。

1 芍薬甘草湯は、体力に関わらず、筋肉の急激な痙攣を伴う痛みのあるもののこむらがえり、筋肉の痙攣、腹痛、腰痛に適する。

2 疎経活血湯は、体力中等度で痛みがあり、ときにしびれがあるものの関節痛、神経痛、腰痛、筋肉痛に適する。

3 釣藤散は、体力中等度で、慢性に経過する頭痛、めまい、肩こりなどがあるものの慢性頭痛、神経症、高血圧の傾向のあるものに適する。

4 呉茱萸湯は、体力虚弱で、汗が出、手足が冷えてこわばり、ときに尿量が少ないものの関節痛、神経痛に適する。

 

 

解説

各漢方のキーポイントを説明

  1. 正 :芍薬甘草湯=体力に関わらず、こむらがえり
  2. 正 :疎経活血湯=しびれがある関節痛
  3. 正 :釣藤散=慢性頭痛、高血圧
  4. 誤 :呉茱萸湯=みぞおちが膨満する人の頭痛、しゃっくり(カンゾウを含まない)

正解 4

出題範囲の解説ページ

第3章-2日目:Ⅰ-②: 解熱鎮痛薬

 


問5 眠気を促す薬に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア 抗ヒスタミン成分を主薬とする催眠鎮静薬は、睡眠改善薬として、慢性的な睡眠障害(寝つきが悪い、眠りが浅い)の緩和に用いられる。

イ 小児及び若年者では、抗ヒスタミン成分により、眠気とは反対の神経過敏や中枢興奮などが現れることがある。

ウ ブロモバレリル尿素、アリルイソプロピルアセチル尿素は、反復して摂取すると依存を生じることがある。

エ ブロモバレリル尿素は、胎児に対する安全性が確立されているため、妊婦又は妊娠していると思われる女性でも使用が可能である。

1(ア、イ)
2(ア、エ)
3(イ、ウ)
4(ウ、エ)

 

 

解説

ア.誤 :一般用医薬品の催眠鎮静薬は慢性的な睡眠障害は適応しません。

イ.正

ウ.正

エ.誤 :ブロモバレリル尿素は胎児に障害を引き起こす可能性があるため、妊婦に使用は避ける。

正解 3

出題範囲の解説ページ

第3章-3日目:Ⅰ-③: 眠気に関する医薬品

 


問6 カフェインに関する以下の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。

1 カフェインは、脳に軽い興奮状態を引き起こし、一時的に眠気や倦怠感を抑える効果がある。

2 カフェインの作用として、腎臓におけるカリウムイオン(同時に水分)の再吸収抑制があり、尿量の増加(利尿)をもたらす。

3 カフェインには、作用は弱いながら反復摂取により依存を形成するという性質があるため、「短期間の服用にとどめ、連用しないこと」という注意喚起がなされている。

4 カフェインを過量に摂取すると、中枢神経系や循環器系への作用が強く現れるおそれがある。

 

 

解説

  1. 誤 :カリウムではなく、ナトリウムイオンの再吸収抑制で利尿をもたらす。

正解 2

出題範囲の解説ページ

第3章-3日目:Ⅰ-③: 眠気に関する医薬品

 


問7 乗物酔い(動揺病)及び鎮暈薬(乗物酔い防止薬)に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア 乗物酔いは、主に胃が体の平衡を感知し、消化管の機能を低下させることにより、吐きけ、頭痛を引き起こすものである。

イ 抗めまい成分、抗ヒスタミン成分、抗コリン成分及び鎮静成分には、いずれも眠気を促す作用がある。

ウ ジフェニドール塩酸塩は、副作用として、頭痛、排尿困難、眠気、散瞳による異常な眩しさ、口渇のほか、浮動感や不安定感が現れることがある。

エ メクリジン塩酸塩は、他の抗ヒスタミン成分と比べて作用が現れるのが早く持続時間が長い。

1(ア、イ)
2(ア、エ)
3(イ、ウ)
4(ウ、エ)

 

 

解説

ア.誤 :平衡感覚は内耳の前庭で感知します。

イ.正

ウ.正 :ジフェニドールは抗コリン作用と同様の副作用が起こることがある。

エ.誤 :メクリジンは作用発現が遅く、持続時間が長い。

正解 3

出題範囲の解説ページ

第3章-4日目:Ⅰ-④:鎮暈薬と小児鎮静薬について

 


問8 咳止め・痰を出しやすくする薬(鎮咳去痰薬)に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア 鎮咳作用を期待して、ゴミシのような生薬成分が配合されている場合がある。

イ デキストロメトルファンフェノールフタリン塩は、主にトローチ剤・ドロップ剤に配合される。

ウ メチルエフェドリン塩酸塩、メトキシフェナミン塩酸塩等のアドレナリン作動成分は、交感神経系を刺激して気管支を拡張させる作用を示し、呼吸を楽にして咳や喘息の症状を鎮めることを目的として用いられる。

エ 痰の切れを良くする成分(去痰成分)として、気道粘膜からの粘液分泌を促進する目的で、カルボシステインが配合されている場合がある。

ア イ ウ エ
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 誤
4 誤 正 誤 誤
5 誤 誤 正 正

 

 

解説

ア.正

イ.正

ウ.正

エ.誤 :カルボシステインは痰の粘性タンパク質を溶解、低分子化する作用と、粘液成分の含有比を調整する作用がある。

正解 1

出題範囲の解説ページ

第3章-5日目:Ⅱ-① 鎮咳去痰薬

 


問9 咳止めや痰を出しやすくする目的で用いられる漢方処方製剤及び生薬成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア 半夏厚朴湯は、体力中等度をめやすとして、幅広く応用できる。気分がふさいで、咽喉・食道部に異物感があり、ときに動悸、めまい、嘔気などを伴う不安神経症、神経性胃炎、つわり、咳、しわがれ声、のどのつかえ感に適する。

イ 柴朴湯は、体力中等度で、気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、かぜをひきやすく、ときに動悸、めまい、嘔気などを伴うものの小児喘息、気管支喘息、気管支炎、咳、不安神経症に適すが、むくみの症状のある人等には不向きである。

ウ キョウニンは、バラ科のホンアンズ、アンズ等の種子を基原とする生薬で、体内で分解されて生じた代謝物の一部が延髄の呼吸中枢、咳嗽中枢を鎮静させる作用を示す。

エ バクモンドウは、ユリ科のジャノヒゲの根の膨大部を基原とする生薬で、鎮咳、去痰、滋養強壮等の作用を期待して用いられる。

ア イ ウ エ
1 正 正 正 正
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 誤
4 誤 正 正 誤
5 誤 誤 誤 正

 

 

解説

各漢方のキーポイントを説明

ア.正 :半夏厚朴湯=咽喉・食道部に異物感があり、のどのつかえ感(カンゾウを含まない)

イ.正 :柴朴湯=咽喉・食道部に異物感があり、喘息

ウ.正 :キキョウ=呼吸中枢、咳嗽中枢の鎮静

エ.正 :バクモントウ=鎮咳、去痰、滋養強壮

正解 1

出題範囲の解説ページ

第3章-5日目:Ⅱ-① 鎮咳去痰薬

 


問10 胃腸に作用する医薬品成分とその期待される作用の関係について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

 成分 作用
ア スクラルファート - 唾液や胃液の分泌を抑制する

イ オウバク - 胃酸の働きを弱める

ウ グリチルリチン酸二カリウム - 胃粘膜の炎症を和らげる

エ ピレンゼピン塩酸塩 - 胃液の分泌を抑制する

1(ア、イ)
2(ア、エ)
3(イ、ウ)
4(ウ、エ)

 

 

解説

ア.誤 :スクラルファート=胃粘膜保護

イ.誤 :オウバク=苦味のある健胃成分

ウ.正 

エ.正 :ピレンゼピン=抗コリン成分、特徴として、腸管運動に影響を与えない。

正解 4

出題範囲の解説ページ

第3章-7日目:Ⅲ-① 胃の薬

 


出題範囲の解説ページまとめ

問1~3 :第3章-1日目:Ⅰ-①かぜ薬

問4   :第3章-2日目:Ⅰ-②: 解熱鎮痛薬

問5~6:第3章-3日目:Ⅰ-③: 眠気に関する医薬品

問7     :第3章-4日目:Ⅰ-④:鎮暈薬と小児鎮静薬について

問8~9:第3章-5日目:Ⅱ-① 鎮咳去痰薬

問10   :第3章-7日目:Ⅲ-① 胃の薬

福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄の過去問題に戻る

広告A

広告b

2019年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン



更新日:

執筆者:吉川 泰紀

Copyright© 2019年登録販売者試験対策 , 2019 All Rights Reserved.