更新中

現在サイトを2019年版へ更新中です。

2016年 埼玉 千葉 東京 神奈川の登録販売者試験過去問題 第2章 人体の働きと医薬品 問1~10


2016年【埼玉 千葉 東京 神奈川】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。


第2章 人体の働きと医薬品 問1~10

問1 消化器系に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 口腔内は、唾液によってpHがほぼ中性に保たれ、酸による歯の齲蝕を防いでいる。

b 炭水化物主体の食品の胃内での滞留時間は、脂質分の多い食品に比べて長い。

c 小腸において、炭水化物とタンパク質は、消化酵素の作用によってそれぞれ単糖類、 アミノ酸に分解されて吸収される。

a b c
1 正 正 誤
2 誤 誤 正
3 誤 正 誤
4 正 誤 正
5 誤 正 正

 

 

解説

  1. 正 :※pHとは酸性・アルカリ性の程度をあらわす単位
  2. 誤 :脂質分が多い食品の方が長い
  3. 正 

正解 4

出題範囲の解説ページ

第2章-1日目:Ⅰ-①: 消化器系

 


問2 肝臓に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 小腸で吸収されたブドウ糖は、血液によって肝臓に運ばれてグリコーゲンとして蓄えられる。

b 肝臓は、脂溶性ビタミンであるビタミンA、D等のほか、水溶性ビタミンであるビタミンB6やB12等の貯蔵臓器である。

c アルコールは、肝臓へと運ばれて一度酢酸に代謝されたのち、さらに代謝されてアセトアルデヒドとなる。

a b c
1 正 正 正
2 正 誤 誤
3 正 正 誤
4 誤 誤 正
5 誤 正 正

 

 

解説

  1. 正 
  2. 誤 :アルコールはアセトアルデヒドに代謝されたのち、酢酸となる。

正解 3

出題範囲の解説ページ

第2章-1日目:Ⅰ-①: 消化器系

 


問3 呼吸器系に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 鼻腔の入り口(鼻孔)にある鼻毛は、空気中の塵、埃等を吸い込まないようにするフィルターの役目を果たしている。

b 扁桃は、リンパ組織が集まってできていて、気道に侵入してくる細菌、ウイルス等に対する免疫反応が行われる。

c 喉頭から肺へ向かう気道が左右の肺へ分岐するまでの部分を気管といい、そこから肺の中で複数に枝分かれする部分を肺胞という。

d 肺胞は、異物や細菌が侵入してきたときのために粘液層や線毛によって保護されている。

a b c d
1 正 正 正 正
2 正 誤 正 正
3 誤 誤 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 正 正 誤 誤

 

 

解説

  1. 誤 :肺胞ではなく、気管支
  2. 誤 :喉頭の大部分と気管から気管支までの粘膜は線毛上皮で覆われており(肺にはありません)

正解 5

出題範囲の解説ページ

第2章-2日目:Ⅰ-②: 呼吸器系

 


問4 心臓及び血管系に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 心臓の内部は上部左右の心房、下部左右の心室の4つの空洞に分かれており、心房で血液を集めて心室に送り、心室から血液を拍出する。

b 心臓から拍出された血液を送る血管を動脈、心臓へ戻る血液を送る血管を静脈という。

c 静脈にかかる圧力は比較的高いため、血管壁は動脈よりも厚い。

d 心臓が弛緩したときの血圧を最大血圧、心臓が収縮したときの血圧を最小血圧という。

a b c d
1 正 正 正 正
2 正 正 誤 誤
3 正 誤 誤 誤
4 誤 正 正 正
5 誤 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 正 
  2. 誤 :動脈にかかる圧力は高いため、血管壁が厚い。
  3. 誤 :収縮した時の血圧を最大血圧、弛緩した時の血圧を最低血圧という。

正解 2

出題範囲の解説ページ

第2章-3日目:Ⅰ-③: 循環器

 


問5 血液及びリンパ系に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 血液の粘稠性は、主として血漿の水分量や赤血球の量で決まり、血中脂質量はほとんど影響を与えない。

b 赤血球の数が少なすぎたり、赤血球中のヘモグロビン量が欠乏したりすると、血液は 酸素を十分に供給できず、疲労や血色不良などの貧血症状が現れる。

c 細菌による感染や炎症などが起きると、白血球全体の数が増加するとともに、白血球の種類ごとの割合も変化する。

d リンパ管には逆流防止のための弁がなく、リンパ液は双方向に流れている。

a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 誤 誤
4 誤 正 誤 誤
5 誤 誤 正 正

 

 

解説

  1. 正 :よく出題されています。
  2. 正 :赤血球中のヘモグロビンが酸素を運搬します
  3. 正 
  4. 誤 :静脈もそうですが、リンパ管には弁があり、一定方向に流れる。

正解 1

出題範囲の解説ページ

第2章-3日目:Ⅰ-③: 循環器


 


問6 泌尿器系に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 副腎皮質では、自律神経系に作用するアドレナリンとノルアドレナリンが産生・分泌される。

b 腎臓は、血液中の老廃物の除去のほか、水分及び電解質(特にナトリウム)の排出調節が行われており、血液の量と組成を維持して、血圧を一定範囲内に保つ役割を担う。

c 女性は尿道が短いため、細菌などが侵入したとき膀胱まで感染を生じやすい。

d 男性は加齢とともに前立腺が肥大し、尿道を圧迫して排尿困難等を生じることがある。

a b c d
1 正 正 誤 正
2 正 誤 正 正
3 誤 正 正 正
4 誤 正 誤 誤
5 誤 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤 :副腎髄質では、アドレナリン、ノルアドレナリンが産生・分泌される。
  2. 正 

正解 3

出題範囲の解説ページ

第2章-4日目:Ⅰ-④:泌尿器系

 


問7 感覚器官(目、鼻及び耳)に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 水晶体は、その周りを囲んでいる毛様体の収縮・弛緩によって、近くの物を見るときには扁平になり、遠くの物を見るときには丸く厚みが増す。

b 鼻中隔の前部は、毛細血管が豊富に分布していることに加えて粘膜が薄いため、傷つきやすく鼻出血を起こしやすい。

c 聴覚器官である蝸牛と平衡器官である前庭は、いずれの内部もリンパ液で満たされている。

a b c
1 正 正 誤
2 正 誤 正
3 誤 正 正
4 誤 正 誤
5 誤 誤 正

 

 

解説

  1. 誤 :近くを見るときは水晶体が厚くなり、遠くを見るときは扁平になります。
  2. 正 :どちらもリンパ液で満たされている。よく出題されます。

正解 3

出題範囲の解説ページ

第2章-5日目:Ⅰ-⑤ 感覚器官

 


問8 外皮系に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層構造からなる。

b 角質層は、表皮に存在し、皮膚のバリア機能を担っている。

c メラニン色素は、表皮の最下層にあるメラニン産生細胞(メラノサイト)で産生され、 太陽光に含まれる紫外線から皮膚組織を防護する役割がある

d 精神的緊張による発汗は、全身の皮膚に生じる。

a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 誤
3 誤 誤 正 正
4 誤 誤 正 誤
5 誤 正 誤 正

 

 

解説

  1. 正 
  2. 誤 :精神的緊張による発汗は手のひらや足底、脇の下の皮膚に限って起こる。まさに「手に汗握る」とはこのことですね。

正解 1

出題範囲の解説ページ

第2章-6日目:Ⅰ-⑥皮膚、骨・関節、筋肉などの運動器官

 


問9 骨格系及び筋組織に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 骨の基本構造は、主部となる骨質、骨質表面を覆う骨膜、骨質内部の骨髄、骨の接合部にある関節軟骨の四組織からなる。

b 骨の破壊(骨吸収)と修復(骨形成)は、骨が成長するまで繰り返され、成長した後は停止する。

c 骨格筋と平滑筋は、自分の意識どおり動かすことができる随意筋である。

a b c
1 正 正 正
2 正 誤 正
3 誤 正 正
4 誤 正 誤
5 正 誤 誤

 

 

解説

  1. 誤 :一生を通じて破壊と修復を行うことで骨の新陳代謝が行われる。
  2. 誤 :骨格筋のみが随意筋です。例えば、下痢を止めるのに、腸の平滑筋の動きを止めることはできませんよね。

正解 

出題範囲の解説ページ

第2章-6日目:Ⅰ-⑥皮膚、骨・関節、筋肉などの運動器官

 


問10 末梢神経系に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a 末梢神経系は、随意運動、知覚等を担う体性神経系と、呼吸や血液の循環等のように生命や身体機能の維持のため無意識に働いている機能を担う自律神経系に分類される。

b 交感神経系は、体が闘争や恐怖等の緊張状態に対応した態勢をとるように働くため、心臓に対しては心拍数を増加させ、胃に対しては胃液分泌を亢進させる。

c 交感神経系が活発になると瞳孔は収縮し、副交感神経系が活発になると瞳孔は散大す る。

d 局所(腋窩等)に分布するアポクリン腺を支配する交感神経線維の末端ではノルアド レナリンが神経伝達物質として放出される。

1(a、b) 2(a、d) 3(b、c) 4(b、d) 5(c、d)

 

 

解説

  1. 誤 :胃酸分泌は食後副交感神経が興奮した際に亢進します。
  2. 誤 :交感神経により瞳孔は散大、副交感で、収縮します。
  3. 正 :アポクリン腺=ノルアドレナリン、エクリン腺を支配する交感神経末端は例外的にアセチルコリンが放出される。

正解 2

出題範囲の解説ページ

第2章-7日目:Ⅰ-⑦ 脳や神経系の働き


 


出題範囲の解説ページまとめ

問1~2:第2章-1日目:Ⅰ-① 消化器系

問3  :第2章-2日目:Ⅰ-② 呼吸器系

問4~5:第2章-3日目:Ⅰ-③ 循環器

問6     :第2章-4日目:Ⅰ-④ 泌尿器系

問7     :第2章-5日目:Ⅰ-⑤ 感覚器官

問8~9:第2章-6日目:Ⅰ-⑥ 皮膚、骨・関節、筋肉などの運動器官

問10   :第2章-7日目:Ⅰ-⑦ 脳や神経系の働き

埼玉 千葉 東京 神奈川の過去問題に戻る

広告A

広告b

2019年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン



更新日:

執筆者:吉川 泰紀

Copyright© 2019年登録販売者試験対策 , 2019 All Rights Reserved.