2016年 埼玉 千葉 東京 神奈川の登録販売者試験過去問題 第5章 医薬品の適正使用と安全対策 問1~10


2016年【埼玉 千葉 東京 神奈川】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

 


第5章 医薬品の適正使用と安全対策 問1~10

問1 一般用医薬品の製品表示の記載に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 1回服用量中0.1mLを超えるアルコールを含有する滋養強壮を目的とした内服液剤については、例えば「アルコール含有○○mL以下」のように、アルコールを含有する旨及びその分量が記載されている。

b 添付文書がある医薬品にあっては、「使用にあたって添付文書をよく読むこと」等、添付文書の必読に関する項目が記載されている。

c 使用期限の表示は、適切な保存条件の下で製造後3年を超えて性状及び品質が安定であることが確認されている医薬品でも医薬品医療機器等法上の表示義務がある。

a b c
1 正 正 誤
2 正 誤 誤
3 正 正 正
4 誤 誤 正
5 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤 :3年を超えて安定であれば、記載義務なし

正解 

出題範囲の解説ページ

第5章-4日目:Ⅰ-④ 製品表示の読み方

 


問2 一般用検査薬の添付文書等に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a 一般用検査薬には、キットの内容及び成分・分量のほか、添加物として配合されている成分も記載しなければならない。

b 一般用検査薬には、検査結果が陰性であっても何らかの症状がある場合は、再検査するか又は医師に相談する旨等が記載されている。

c 妊娠検査薬には、使用者が一般の生活者であるので、検出感度は記載されていない。

d 一般用検査薬には、使用目的や使用方法が記載されている。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、c) 4(b、d) 5(c、d)

 

 

解説

  1. 誤 :人体に直接使用しない検査薬については、添加物は記載しなくてもよい
  2. 正 :「相談すること」の項に記載されている。
  3. 誤 :妊娠検査薬については、成分及び分量の項に、検出感度が記載されている。

正解 4

出題範囲の解説ページ

第5章-1日目:Ⅰ-① 添付文書 の読み方

 


問3 一般用医薬品の添付文書等の「してはいけないこと」の項目に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 「本剤を使用(服用)している間は、次の医薬品を使用(服用)しないこと」の項目は、併用すると作用の増強、副作用等のリスクの増大が予測されるものについて注意を喚起し、使用(服用)を避ける等適切な対応が図られるよう記載されている。

b 「次の人は使用(服用)しないこと」の項目は、使用(服用)を避けるべき人について、生活者が自らの判断で認識することは好ましくないことから、具体的な症状は記載しないこととしている。

c 局所に適用する医薬品のうち、患部の状態によっては症状を悪化させたり、誤った部位に使用すると有害事象を生ずるおそれがあるものについて、使用を避けるべき患部の状態、適用部位等に分けて「次の部位には使用しないこと」として記載されている。

a b c
1 正 正 正
2 正 誤 正
3 誤 正 誤
4 誤 誤 正
5 正 誤 誤

 

 

解説

  1. 誤 :生活者が自らの判断で認識できるよう記載されている。

正解 2

出題範囲の解説ページ

第5章-1日目:Ⅰ-① 添付文書 の読み方

 


問4 次の医薬品成分と、それを含有することにより内服用の一般用医薬品の添付文書等において、「相談すること」の項目中に、「次の診断を受けた人」と記載することとされているものの組合せの正誤について、正しい組合せはどれか。

医薬品成分 記載することとされているもの
a エテンザミド ――― 腎臓病

b ジプロフィリン ―― てんかん

c 次硝酸ビスマス ―― 胃・十二指腸潰瘍

a b c
1 正 正 正
2 正 正 誤
3 誤 正 正
4 正 誤 誤
5 誤 誤 誤

 

 

解説

「してはいけないこと」「相談すること」を区別して覚えましょう。

  1. 正 :ビスマスによる精神神経障害の発現が高まる。

正解 1

出題範囲の解説ページ

第5章-3日目:Ⅰ-③「 相談すること 」

 


問5 次の医薬品成分のうち、メトヘモグロビン血症を起こすおそれがあるため、それを含有することにより内服用の一般用医薬品の添付文書等において、「次の人は使用(服用)しないこと」の項目中に、「6歳未満の小児」と記載することとされている成分はどれか。

1 アスピリン

2 アミノ安息香酸エチル

3 グリチルリチン酸二カリウム

4 ジヒドロコデインリン酸塩

5 デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物

 

 

解説

メトヘモグロビン血症の恐れで、6歳未満の小児に服用しない薬物と言ったら、アミノ安息香酸エチルです。よく出る問題です。
またアスピリンは15歳未満禁止です。

正解 2

出題範囲の解説ページ

第5章-2日目:Ⅰ-② 「 してはいけないこと 」


 


問6 次の医薬品成分等と、それを含有することにより一般用医薬品の添付文書等において、 「次の人は使用(服用)しないこと」と記載することとされている基礎疾患等との組合せの正誤について、正しい組合せはどれか。

医薬品成分等 基礎疾患等
a スクラルファート――――――透析療法を受けている人

b プソイドエフェドリン塩酸塩―高血圧

c インドメタシン―――――――甲状腺機能障害

d 芍薬甘草湯―――――――――心臓病

a b c d
1 正 誤 正 正
2 誤 誤 正 誤
3 正 正 誤 正
4 誤 正 正 正
5 正 正 誤 誤

 

 

解説

  1. 正 :アルミニウムを含有するため
  2. 正 :交感神経を刺激し血圧上昇作用があるため
  3. 誤 :甲状腺機能障害=プソイドエフェドリン
  4. 正 

正解 3

出題範囲の解説ページ

第5章-2日目:Ⅰ-② 「 してはいけないこと 」

 


問7 次の医薬品成分のうち、それを含有することにより内服用の一般用医薬品の添付文書等において、「相談すること」の項目中に、「次の病気にかかったことのある人」として 「胃・十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、クローン氏病」と記載することとされている成分はどれか。

1 シアノコバラミン

2 ジサイクロミン塩酸塩

3 イブプロフェン

4 ジフェニドール塩酸塩

5 フェニレフリン塩酸塩

 

 

解説

「胃・十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、クローン氏病」は出題範囲ではイブプロフェンのみ 

正解 3

出題範囲の解説ページ

第5章-3日目:Ⅰ-③「 相談すること 」

 


問8 次の医薬品成分等のうち、それを含有することにより内服用の一般用医薬品の添付文書等において、「相談すること」の項目中に、「次の症状がある人」として「排尿困難」と記載することとされていない成分等はどれか。

1 ロートエキス

2 クロルフェニラミンマレイン酸塩

3 イソプロパミドヨウ化物

4 テオフィリン

5 構成生薬としてマオウを含む漢方処方製剤

 

 

解説

排尿困難は抗コリン作用かマオウを含む漢方のため、テオフィリンが正解

正解 4

出題範囲の解説ページ

第5章-3日目:Ⅰ-③「 相談すること 」

 


問9 次の一般用医薬品と、その添付文書等において、「次の人は使用(服用)しないこと」の項目中に、「妊婦又は妊娠していると思われる人」と記載することとされている理由の組合せの正誤について、正しい組合せはどれか。

    一般用医薬品 理由
a ジフェンヒドラミン塩酸塩を主薬とする催眠鎮静薬(睡眠改善薬) ――― 妊娠に伴う不眠は、睡眠改善薬の適用症状ではないため。

b ケトプロフェンが配合された外用鎮痛消炎薬 ――――― 接触皮膚炎、光線過敏症は妊娠中のみ誘発されるため。

c トラネキサム酸が配合された口腔咽喉薬 ――――― 分娩時出血の増加のおそれがあるため。

a b c
1 正 正 正
2 誤 正 誤
3 正 誤 誤
4 誤 正 正
5 正 誤 正

 

 

解説

  1. 誤 :妊娠中のみに光線過敏症等が起きるわけではない
  2. 誤 :トラネキサム酸は「相談すること」の項で血栓症をおこすおそれがある人で記載されています。

正解 3

出題範囲の解説ページ

第5章-2日目:Ⅰ-② 「 してはいけないこと 」

 


問10 医薬品等の安全性情報に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a 医薬品の製造販売業者等は、医薬品の有効性及び安全性に関する事項その他医薬品の適正な使用のために必要な情報を収集し、検討するとともに、薬局開設者、店舗販売業者、配置販売業者及びそこに従事する薬剤師や登録販売者に対して、これを提供するよう努めなければならない。

b 安全性速報は、医薬品、医療機器又は再生医療等製品について一般的な使用上の注意 の改訂情報よりも迅速な注意喚起や適正使用のための対応の注意喚起が必要な状況にある場合に、厚生労働省からの命令、指示、製造販売業者の自主決定等に基づいて作成される。

c 安全性速報は、A4サイズの黄色地の印刷物で、イエローレターとも呼ばれ、1か月以内に情報伝達される。

d 独立行政法人医薬品医療機器総合機構の医薬品医療機器情報配信サービス(PMDA メディナビ)の利用は、医薬関係者に限られる。

1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(c、d)

 

 

解説

  1. 正 
  2. 誤 :青色地の印刷物、ブルーレターとも呼ばれる。
  3. 誤 :誰でも利用可能

正解 1

出題範囲の解説ページ

第5章-4日目:Ⅰ-④ 製品表示の読み方


 


出題範囲の解説ページまとめ

問1  :第5章-4日目:Ⅰ-④ 製品表示の読み方

問2~3 :第5章-1日目:Ⅰ-① 添付文書 の読み方

問4      :第5章-3日目:Ⅰ-③「 相談すること 」

問5~6 :第5章-2日目:Ⅰ-② 「 してはいけないこと 」

問7~8 :第5章-3日目:Ⅰ-③「 相談すること 」

問9  :第5章-2日目:Ⅰ-② 「 してはいけないこと 」

問10  :第5章-4日目:Ⅰ-④ 製品表示の読み方

埼玉 千葉 東京 神奈川の過去問題に戻る

広告A

広告b

2019年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン



更新日:

執筆者:吉川 泰紀

Copyright© 2019年登録販売者試験対策 , 2019 All Rights Reserved.