更新中

2016年 鳥取 島根 岡山 広島 山口の登録販売者試験過去問題 第3章 主な医薬品とその作用 問1~10


2016年【鳥取 島根 岡山 広島 山口】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

 

第3章 主な医薬品とその作用 問1~10

問1 「かぜ」(感冒)及びかぜ薬(総合感冒薬)に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 「かぜ」は単一の疾患ではなく、主にウイルスが鼻や喉などに感染して起こる上気道の急性炎症の総称で、通常は数日~1週間程度で自然寛解する。

b かぜ薬は、ウイルスの増殖を抑えたり、ウイルスを体内から除去することで、かぜの諸症状の緩和を図るものである。

c かぜであるからといって必ずしもかぜ薬を選択するのが最適とは限らない。

a b c
1 正 正 正
2 正 正 誤
3 正 誤 正
4 誤 正 正
5 誤 誤 正

 

 

解説

  1. 正 :症状が4日以上続くとき、又は症状が重篤なときは、かぜではない可能性が高い。
  2. 誤 :かぜ薬は、咳や発熱などの諸症状の緩和を図る対症療法薬である。 

正解 3

出題範囲の解説ページ

第3章-1日目:Ⅰ-①かぜ薬

 


問2 かぜ薬に配合される成分とその配合目的の関係が正しいものの組み合わせはどれか。

【配合成分】 【配合目的】
a ブロムヘキシン塩酸塩 ― 痰の切れを良くする
b ベラドンナ総アルカロイド ― くしゃみや鼻汁を抑える
c ノスカピン ― 炎症による腫れを和らげる
d イソプロピルアンチピリン ― 鼻粘膜の充血を和らげ、気管・気管支を拡げる

1(a,b)
2(a,c)
3(b,c)
4(b,d)
5(c,d)

 

 

解説

  1. 誤 :ノスカピン=非麻薬性鎮咳成分
  2. 誤 :解熱鎮痛成分(一般用医薬品唯一のピリン系)

正解 1

出題範囲の解説ページ

第3章-1日目:Ⅰ-①かぜ薬

 


問3 かぜ薬に配合される成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 血液凝固異常のある人がセミアルカリプロティナーゼを摂取しても、出血傾向を悪化させるおそれはない。

b トラネキサム酸は、体内での起炎物質の産生を抑制することで炎症の発生を抑え、腫れを和らげる。

c グリチルリチン酸二カリウムの作用本体であるグリチルリチン酸を大量に摂取すると、偽アルドステロン症を生じるおそれがある。

a b c
1 正 正 正
2 正 正 誤
3 正 誤 正
4 誤 正 正
5 誤 誤 正

 

 

解説

  1. 誤 :セミアルカリプロティナーゼは抗炎症成分で、タンパク質分解酵素であり、出血傾向を悪化する恐れがある。
  2. 正 :凝固した血液を溶解されにくくする働きもある。
  3. 正 

正解 4

出題範囲の解説ページ

第3章-1日目:Ⅰ-①かぜ薬

 


問4 かぜの症状緩和に用いられる以下の漢方処方製剤のうち、構成生薬としてカンゾウ及びマオウの両方を含むものの組み合わせはどれか。

a 麻黄湯
b 半夏厚朴湯
c 小青竜湯
d 小柴胡湯

1(a,b)
2(a,c)
3(b,c)
4(b,d)
5(c,d)

 

 

解説

かぜに関する漢方処方薬の中で、カンゾウ、マオウを含むのは3種類

葛根湯、麻黄湯、小青竜湯

また半夏厚朴湯はカンゾウ、マオウどちらもないです。

正解 2

出題範囲の解説ページ

第3章-1日目:Ⅰ-①かぜ薬

 


問5 解熱鎮痛成分に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a アスピリンは、他の解熱鎮痛成分に比較して胃腸障害を起こしにくい。

b サザピリンが一般用医薬品で唯一のピリン系解熱鎮痛成分となっている。

c イブプロフェンは、プロスタグランジンの産生を抑制することで消化管粘膜の防御機能を低下させる。

d アセトアミノフェンは、主として中枢作用によって解熱・鎮痛をもたらすため、末梢における抗炎症作用は期待できない。

1(a,b)
2(a,c)
3(b,c)
4(b,d)
5(c,d)

 

 

解説

  1. 誤 :アセチルサリチル酸は胃腸障害を起こしにくい。
  2. 誤 :イソプロピルアンチピリンの説明文
  3. 正 

正解 5

出題範囲の解説ページ

第3章-2日目:Ⅰ-②: 解熱鎮痛薬

 


問6 眠気を促す薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a アリルイソプロピルアセチル尿素は、少量でも眠気を催しやすいため、配合された医薬品を使用した後は、乗物や危険を伴う機械類の運転操作は避ける必要がある。

b 生薬成分のみからなる鎮静薬であれば、複数の鎮静薬の併用や、長期連用は避ける必要はない。

c 抗ヒスタミン成分を主薬とする催眠鎮静薬は、睡眠改善薬として一時的な睡眠障害(寝つきが悪い、眠りが浅い)の緩和に用いられるものであり、慢性的に不眠症状がある人を対象とするものではない。

a b c
1 正 正 正
2 正 正 誤
3 正 誤 正
4 誤 正 正
5 誤 誤 正

 

 

解説

  1. 誤 :生薬成分のみでも、併用や、長期使用は避けるべき
  2. 正 :その他、妊娠による不眠についても対象ではない。

正解 3

出題範囲の解説ページ

第3章-3日目:Ⅰ-③: 眠気に関する医薬品

 


問7 カフェインに関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a 脳に強い興奮状態を引き起こし、長期的に眠気や倦怠感(だるさ)を抑える効果がある。

b 作用は弱いながら反復摂取により依存を形成するという性質がある。

c 腎臓におけるナトリウムイオン(同時に水分)の再吸収抑制作用があり、尿量の増加(利尿)をもたらす。

d 眠気防止薬における1回摂取量はカフェインとして300mg、1日摂取量は800mgが上限とされている。

1(a,b)
2(a,c)
3(b,c)
4(b,d)
5(c,d)

 

 

解説

  1. 誤 :軽い興奮作用により、一時的な眠気等を抑える。
  2. 正 :コーヒーを飲んで、お手洗いが近くなる原因はこれです。
  3. 誤 :1回200㎎、1日500㎎が上限です。

正解 3

出題範囲の解説ページ

第3章-3日目:Ⅰ-③: 眠気に関する医薬品

 


問8 鎮暈薬(乗物酔い防止薬)に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a スコポラミン臭化水素酸塩は、乗物酔い防止に古くから用いられている抗ヒスタミン成分である。

b メクリジン塩酸塩は、他の抗ヒスタミン成分と比べて作用が現れるのが早く持続時間が短い。

c ジフェニドール塩酸塩は、内耳にある前庭と脳を結ぶ神経(前庭神経)の調節作用のほか、内耳への血流を改善する作用を示す。

a b c
1 正 正 正
2 正 正 誤
3 正 誤 正
4 誤 正 正
5 誤 誤 正

 

 

解説

  1. 誤 :スコポラミン=抗コリン成分です。
  2. 誤 :メクリジンは作用発現が遅く、持続時間が長い

正解 5

出題範囲の解説ページ

第3章-4日目:Ⅰ-④:鎮暈薬と小児鎮静薬について

 


問9 小児の疳を適応症とする生薬製剤・漢方処方製剤(小児鎮静薬)に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a 夜泣き、ひきつけ、疳の虫等の症状を鎮めるほか、小児における虚弱体質、消化不良などの改善を目的とする医薬品(生薬製剤・漢方処方製剤)である。

b 鎮静作用のほか、血液の循環を促す作用があるとされる生薬成分を中心に配合されている。

c 症状の原因となる体質の改善を主眼としているものが多く、6か月以上継続して服用しなければならない。

d 構成生薬としてカンゾウを含む漢方処方製剤を乳幼児に使用する場合、体格の個人差を考慮する必要はない。

1(a,b)
2(a,c)
3(b,c)
4(b,d)
5(c,d)

 

 

解説

  1. 誤 :6ヶ月ではなく、1ヶ月程度服用することもある。
  2. 誤 :カンゾウにはグリチルチリン酸を含むため、注意が必要である。

正解 1

出題範囲の解説ページ

第3章-4日目:Ⅰ-④:鎮暈薬と小児鎮静薬について

 


問10 鎮咳去痰薬に配合される成分とその配合目的の関係が正しいものの組み合わせはどれか。

【配合成分】 【配合目的】
a メチルエフェドリン塩酸塩 ― 気管支を拡げる
b ジヒドロコデインリン酸塩 ― 痰の切れを良くする
c ジメモルファンリン酸塩 ― 中枢神経系に作用して咳を抑える
d トリメトキノール塩酸塩 ― 痰の粘性を減少させる

1(a,b)
2(a,c)
3(b,c)
4(b,d)
5(c,d)

 

 

解説

  1. 誤 :ジヒドロコデインリン酸塩 ―中枢神経系に作用して咳を抑える
  2. 誤 :トリメトキノール塩酸塩 ― 気管支拡張成分

正解 2

出題範囲の解説ページ

第3章-5日目:Ⅱ-① 鎮咳去痰薬

 


出題範囲の解説ページまとめ

問1~4:第3章-1日目:Ⅰ-①かぜ薬

問5    :第3章-2日目:Ⅰ-②: 解熱鎮痛薬

問6~7:第3章-3日目:Ⅰ-③: 眠気に関する医薬品

問8~9:第3章-4日目:Ⅰ-④:鎮暈薬と小児鎮静薬について

問10   :第3章-5日目:Ⅱ-① 鎮咳去痰薬

鳥取 島根 岡山 広島 山口の過去問題に戻る

広告A

広告b

2019年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン



更新日:

執筆者:吉川 泰紀

Copyright© 2019年登録販売者試験対策 , 2019 All Rights Reserved.