更新中

現在サイトを2019年版へ更新中です。

2016年 鳥取 島根 岡山 広島 山口の登録販売者試験過去問題 第3章 主な医薬品とその作用 問31~40


2016年【鳥取 島根 岡山 広島 山口】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

 

第3章 主な医薬品とその作用 問31~40

問31 外皮用薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 外皮用薬で用いられるステロイド性抗炎症成分は、体の一部分に生じた湿疹、皮膚炎等の一時的な皮膚症状(ほてり・腫れ・痒み等)の緩和を目的とするものであり、広範囲に生じた皮膚症状や、慢性の湿疹・皮膚炎を対象とするものではない。

b ケトプロフェンは、皮膚の下層にある骨格筋や関節部まで浸透してプロスタグランジンの産生を抑える作用を示す。

c 打撲や捻挫などの急性の腫れや熱感を伴う症状に対しては、冷感刺激成分が配合された外用鎮痛薬が適すとされる。

a b c
1 正 誤 誤
2 正 正 誤
3 正 正 正
4 誤 誤 正
5 誤 正 正

 

 

解説

  1. 正 :一般用医薬品におけるステロイド剤は設問の通り、一時的な症状緩和目的です。
  2. 正 :冷感刺激成分 メントール、カンフル、ハッカ油、ユーカリ油

正解 3

出題範囲の解説ページ

第3章-18日目:Ⅹ-② 皮膚の痛み 、痒み、保湿

 


問32 以下の殺菌消毒薬のうち、一般細菌類の一部(連鎖球菌、黄色ブドウ球菌などの化膿菌)に対する殺菌消毒作用を示すが、真菌、結核菌、ウイルスに対しては効果がないものの組み合わせはどれか。

a マーキュロクロム
b クロルヘキシジングルコン酸塩
c オキシドール(過酸化水素水)
d イソプロピルメチルフェノール

1(a,b)
2(a,c)
3(a,d)
4(b,c)
5(b,d)

 

 

解説

  1. 誤 :一般細菌、真菌に効果がある。
  2. 誤 :一般細菌、真菌に効果がある。

正解 2

出題範囲の解説ページ

第3章-17日目:Ⅹ-① 皮膚の 殺菌消毒

 


問33 口内炎及び口内炎用薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a セチルピリジニウム塩化物は、口腔粘膜の炎症を和らげることを目的とした抗炎症成分である。

b シコンは、ムラサキ科のムラサキの根を基原とする生薬で、組織修復促進、抗菌などの作用を期待して用いられる。

c 口内炎は、口腔粘膜に生じる炎症で、口腔の粘膜上皮に水疱や潰瘍ができて痛み、ときに口臭を伴う。

a b c
1 正 誤 誤
2 正 正 誤
3 正 正 正
4 誤 誤 正
5 誤 正 正

 

 

解説

  1. 誤 :セチルピリジニウム塩化物は、 殺菌消毒成分 

正解 5

出題範囲の解説ページ

第3章-20日目:Ⅺ 歯痛、歯槽膿漏、 口内炎

 


問34 歯槽膿漏薬に配合される成分とその配合目的の関係が正しいものの組み合わせはどれか。

【配合成分】 【配合目的】
a 銅クロロフィリンナトリウム ― 歯周組織の修復を促す

b ヒノキチオール ― 殺菌消毒作用

c ビタミンE ― 殺菌消毒作用

d アラントイン ― 出血を抑える作用

1(a,b)
2(a,c)
3(a,d)
4(b,c)
5(b,d)

 

 

解説

  1. 正 :口臭も抑えます。
  2. 誤 :ビタミンE ― 歯周組織の血行促進
  3. 誤 :アラントイン ― 組織修復

正解 1

出題範囲の解説ページ

第3章-20日目:Ⅺ 歯痛、歯槽膿漏、 口内炎

 


問35 禁煙補助剤(咀嚼剤)に関する以下の記述について、 ( )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。なお、2箇所の( a )内はいずれも同じ字句が入る。

口腔内が( a )になるとニコチンの吸収が低下するため、コーヒーなど口腔内を( a )にする食品を摂取した後しばらくは使用を避けることとされている。 ニコチンは( b )を興奮させる作用を示し、アドレナリン作動成分が配合された医薬品(鎮咳去痰薬、鼻炎用薬、痔疾用薬等)との併用により、その作用を( c )させるおそれがある。

a b c
1 酸性 交感神経系 増強
2 酸性 交感神経系 減弱
3 アルカリ性 交感神経系 増強
4 アルカリ性 副交感神経系 増強
5 アルカリ性 副交感神経系 減弱

 

 

解説

  1. 酸性 
  2. 交感神経系
  3. 増強

正解 1

出題範囲の解説ページ

第3章-21日目:Ⅻ 禁煙補助剤

 


問36 滋養強壮保健薬に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

1 ビタミン成分は、多く摂取したからといって適用となっている症状の改善が早まるものではない。

2 ビタミンAは、夜間視力を維持したり、皮膚や粘膜の機能を正常に保つために重要な栄養素である。

3 システインは、骨格筋の疲労の原因となる乳酸の分解を促す働きを期待して用いられる。

4 グルクロノラクトンは、肝臓の働きを助け、肝血流を促進する働きがあり、全身倦怠感や疲労時の栄養補給を目的として配合されている場合がある。

 

 

解説

  1. 誤 : アスパラギン酸ナトリウムの説明文 システインはメラニンの生成を抑える。 

正解 3

出題範囲の解説ページ

第3章-22日目:ⅩⅢ 滋養強壮

 


問37 漢方処方製剤に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 漢方独自の病態認識である「証」に基づいて用いることが、有効性及び安全性を確保するために重要である。

b 肝機能障害のような重篤な副作用が起きることはない。

c 用法用量において適用年齢の下限が設けられていない場合であっても、生後3ヶ月未満の乳児には使用しないこととされている。

a b c
1 正 誤 正
2 正 正 誤
3 正 正 正
4 誤 誤 正
5 誤 正 正

 

 

解説

  1. 誤 :漢方でも、小柴胡湯の様に重篤な副作用が起きえます。

正解 1

出題範囲の解説ページ

第3章-23日目:ⅩⅣ 漢方 と生薬

 


問38 以下の記述にあてはまる漢方処方製剤として、最も適するものはどれか。

体力中等度以下で、疲れやすく、汗のかきやすい傾向があるものの肥満に伴う関節痛、むくみ、多汗症、肥満(筋肉にしまりのない、いわゆる水ぶとり)に適すとされる。構成生薬としてカンゾウを含む。

1 大柴胡湯

2 黄連解毒湯

3 防已黄耆湯

4 清上防風湯

 

 

解説

  1. 誤 :大柴胡湯=脇腹からみぞおちに苦しく、便秘の傾向がある肥満症
  2. 誤 :黄連解毒湯=イライラして落ち着かない鼻出血、二日酔い
  3. 正 :防已黄耆湯=肥満(水ぶとり)
  4. 誤 :清上防風湯=赤鼻

正解 3

出題範囲の解説ページ

第3章-23日目:ⅩⅣ 漢方 と生薬

 


問39 殺虫剤に関する以下の記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

ジクロルボス、ダイアジノン、フェニトロチオンに代表される( a )殺虫成分の殺虫作用は、アセチルコリンを分解する酵素(アセチルコリンエステラーゼ)と( b )に結合してその働きを阻害することによる。 これらの殺虫成分に高濃度又は多量に曝露した場合(特に、誤って飲み込んでしまった場合)には、神経の異常な興奮が起こり、 ( c )、呼吸困難、筋肉麻痺等の症状が現れるおそれがある。

a b c
1 カーバメイト系 可逆的 散瞳
2 カーバメイト系 不可逆的 縮瞳
3 有機リン系 可逆的 散瞳
4 有機リン系 不可逆的 散瞳
5 有機リン系 不可逆的 縮瞳

 

 

解説

  1. 有機リン系
  2. 不可逆的
  3. 縮瞳

コリンエステラーゼと可逆的に結合して阻害するものとして、プロポクスル、メトキサジアゾンがあります。

正解 5

出題範囲の解説ページ

第3章-25日目:ⅩⅤ-② 殺虫剤 ・忌避剤

 


問40 一般用検査薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 悪性腫瘍、心筋梗塞や遺伝性疾患など重大な疾患の診断に関係する一般用検査薬はない。

b 一般的な妊娠検査薬は、月経予定日が過ぎて概ね1週目以降の検査が推奨されている。

c 尿糖検査の場合、早朝尿(起床直後の尿)を検体とするが、尿糖が検出された場合には、 食前の尿について改めて検査して判断する必要がある。

a b c
1 正 誤 誤
2 正 正 誤
3 正 正 正
4 誤 誤 正
5 誤 正 正

 

 

解説

  1. 誤 :尿糖検査の場合は、食後1~2時間の尿を検体とする。

正解 2

出題範囲の解説ページ

第3章-26日目:ⅩⅥ 一般用 検査薬

 


出題範囲の解説ページまとめ

問31   :第3章-18日目:Ⅹ-② 皮膚の痛み 、痒み、保湿

問32   :第3章-17日目:Ⅹ-① 皮膚の 殺菌消毒

問33~34:第3章-20日目:Ⅺ 歯痛、歯槽膿漏、 口内炎

問35   :第3章-21日目:Ⅻ 禁煙補助剤

問36   :第3章-22日目:ⅩⅢ 滋養強壮

問37~38:第3章-23日目:ⅩⅣ 漢方 と生薬

問39   :第3章-25日目:ⅩⅤ-② 殺虫剤 ・忌避剤

問40       :第3章-26日目:ⅩⅥ 一般用 検査薬

鳥取 島根 岡山 広島 山口の過去問題に戻る

広告A

広告b

2019年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン



更新日:

執筆者:吉川 泰紀

Copyright© 2019年登録販売者試験対策 , 2019 All Rights Reserved.