更新中

2016年 徳島 香川 愛媛 高知の登録販売者試験過去問題 第2章 人体の働きと医薬品 問11~20


2016年【徳島 香川 愛媛 高知】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

 

第2章 人体の働きと医薬品 問11~20

問11 次のうち、肝初回通過効果を主として受けない製剤として誤っているものを1つ選びなさい。

1 坐剤
2 舌下錠
3 腸溶性製剤
4 点鼻薬
5 貼付剤

 

 

解説

小腸以外の、粘膜、皮膚、直腸粘膜からの吸収は基本的に肝初回通過効果を受けません。

腸溶性製剤は胃ではなく、腸で溶けて吸収されるため、肝初回通過効果を受けます。

正解 3

出題範囲の解説

第2章-8日目:Ⅱ- 薬の生体内運命

 


問12 薬の体内での動きに関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

a 循環血液中に移行した多くの有効成分は、血液中で血漿タンパク質と結合しているが、この結合は速やかかつ可逆的である。

b 医薬品が摂取され、その有効成分が循環血液中に移行すれば、その血中濃度に関わらず薬効を得ることができる。

c 有効成分の血中濃度は、ある時点でピーク(最高血中濃度)に達し、その後は低下していくが、これは代謝・排泄の速度が吸収・分布の速度を上回るためである。

d 全身作用を目的とする医薬品の多くは、使用後の一定期間、その有効成分の血中濃度が、最小有効濃度未満の濃度域(無効域)と毒性が現れる濃度域(危険域)の間の範囲(有効域)に維持されるよう、使用量及び使用間隔が定められている。

下欄
a b c d
1 正 誤 正 正
2 正 正 誤 誤
3 誤 誤 正 正
4 正 正 正 誤
5 誤 正 誤 正

 

 

解説

  1. 誤 :最小有効濃度(閾値)を超えると薬効が現れる。

正解 1

出題範囲の解説

第2章-8日目:Ⅱ- 薬の生体内運命

 


問13 医薬品の使用方法に関する次の記述について、誤っているものを1つ選びなさい。

1 シロップ剤は、粘りがあって容器に残りやすいので、用量を守るために残った部分を水ですすいで、すすぎ液も服用するなどの工夫が必要である。

2 トローチは、薬効を期待する部位が口腔内や喉であることが多いため、有効成分の局所濃度を高めるために噛み砕いて服用する。

3 口腔内崩壊錠は、口の中の唾液で速やかに溶ける工夫がされており、水なしで服用することができる。

4 軟膏剤は、有効成分が適用部位に留まりやすいという特徴があり、適用部位を水から遮断したい場合に用いることが多い。

 

 

解説

トローチ、ドロップは嚙み砕かず、口の中で徐々に溶かす。

また軟膏剤は水から遮断したい時に、クリーム剤は水で洗い流したいときに使用する。

正解 2

出題範囲の解説

第2章-8日目:Ⅱ- 薬の生体内運命

 


問14 医薬品の副作用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

a 医薬品により生じる肝機能障害は、有効成分又はその代謝物の直接的肝毒性が原因で起きる中毒性のものと、有効成分に対する抗原抗体反応が原因で起きるアレルギー性のものに大別される。

b 偽アルドステロン症は、医薬品により副腎皮質からのアルドステロン分泌が低下することで起こる。

c ショック(アナフィラキシー)は、生体異物に対する遅延型のアレルギー反応の一種である。

d 皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)は、38℃以上の高熱を伴って、発疹、発赤、火傷様の水疱等の激しい症状が比較的短時間のうちに全身の皮膚、口、眼等の粘膜に現れる病態である。

下欄
a b c d
1 正 誤 正 正
2 正 正 誤 誤
3 正 誤 誤 正
4 誤 正 正 正
5 誤 正 誤 正

 

 

解説

  1. 誤 :偽アルドステロンはアルドステロンに類似する物質が体内でアルドステロンと同様の作用を示す副作用です。
  2. 誤 :ショックは通常2時間以内に急変する即時性の反応です。

正解 

出題範囲の解説

第2章-9日目:Ⅲ症状からみた主な 副作用

 


問15 薬の吸収、代謝、排泄に関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

a 医薬品の有効成分が代謝を受けると、その作用を失ったり、作用が現れたり、あるいは体外へ排泄されやすい水溶性の物質に変化したりする。

b 腎機能が低下した人では、有効成分の尿中への排泄が遅れ、血中濃度が下がりにくいため、医薬品の効き目が過剰に現れたり、副作用を生じやすくなる。

c 循環血液中で血漿タンパク質と複合体を形成した有効成分は、薬物代謝酵素の作用で代謝されず、またトランスポーターによって輸送されることもない。

d 一般に、内服薬の有効成分は、消化管から積極的に取り込まれるため、有効成分の吸収速度は、医薬品の投与量に依存しない。

下欄
a b c d
1 正 誤 正 正
2 正 誤 誤 誤
3 正 正 正 誤
4 誤 正 正 正
5 誤 正 誤 正

 

 

解説

  1. 誤 :消化管からの吸収は、濃度の高い方から低い方へ受動的に拡散していく現象である。

正解 3

出題範囲の解説

第2章-8日目:Ⅱ- 薬の生体内運命

 


問16 精神神経系に現れる医薬品の副作用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

a 乗物や危険な機械類の運転操作中に眠気を生じると、重大な事故につながる可能性が高いので、眠気を催すことが知られている医薬品を使用する人は、服用後、そのような作業に従事しないよう十分な注意が必要である。

b 精神神経症状は、医薬品の大量服用や長期連用の場合に限らず、通常の用法・用量でも発生することがある。

c 副作用で発症する無菌性髄膜炎は、多くの場合、発症は慢性で、首筋のつっぱりを伴った激しい頭痛、発熱、吐き気、嘔吐、意識混濁等の症状が現れる。

d 副作用で発症する無菌性髄膜炎は、過去に軽度の症状を経験した人の場合、再度、同じ医薬品を使用することにより再発する場合がある。

下欄
a b c d
1 正 正 正 正
2 正 誤 誤 正
3 正 正 誤 正
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤 :無菌性髄膜炎の発症は急性です。後半は正しい

正解 3

出題範囲の解説

第2章-9日目:Ⅲ症状からみた主な 副作用

 


問17 消化器系に現れる医薬品の副作用に関する次の記述について、誤っているものを1つ選びなさい。

1 消化性潰瘍は、医薬品の副作用により胃や十二指腸の粘膜組織が傷害されて、その一部が粘膜筋板を超えて欠損する状態である。

2 イレウス様症状の発症リスクは、高齢者では高いが、小児では低いとされている。

3 イレウス様症状が悪化すると、腸内細菌の異常増殖等によって、全身状態の衰弱が急激に進行する可能性がある。

4 浣腸剤や坐剤の使用によって現れる一過性の症状として、肛門部の熱感等の刺激、異物の注入による不快感などがある。

 

 

解説

小児や高齢者のほか、普段から便秘傾向のある人は、発症のリスクが高い。

正解 2

出題範囲の解説

第2章-9日目:Ⅲ症状からみた主な 副作用

 


問18 呼吸器系に現れる医薬品の副作用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

a 間質性肺炎は、気管支又は肺胞が細菌に感染して炎症を生じたものである。

b 副作用による喘息は、鼻水、咳及び呼吸困難等の症状を生じるが、下痢や腹痛などを伴うことはない。

c 副作用による喘息のうち、軽症例は半日程度で回復するが、重症例は24時間以上持続し、窒息による意識消失から死に至る危険もある。

d 副作用による喘息は、成人になってから喘息を発症した人や、鼻の疾患を合併している人で、発症しやすい。

下欄
a b c d
1 正 正 誤 正
2 正 誤 誤 正
3 誤 正 誤 誤
4 誤 誤 正 誤
5 誤 誤 正 正

 

 

解説

  1. 誤 :間質性肺炎=肺胞と毛細血管を取り囲んで支持している組織(間質)が炎症を起こしたもの
  2. 誤 :腹痛、下痢を伴う場合があります。その他、顔面紅潮や目の充血などもあり得る。

正解 5

出題範囲の解説

第2章-9日目:Ⅲ症状からみた主な 副作用

 


問19 泌尿器系に現れる医薬品の副作用に関する次の記述について、( )に入れるべき字句の正しい組合せを下欄から選びなさい。

( a )の機能を抑制する作用がある成分が配合された医薬品を使用すると、膀胱の( b )の収縮が( c )され、尿が出にくい、尿が少ししか出ない、残尿感がある等の症状を生じることがある。

下欄
a b c
1 交感神経系 括約筋 亢進
2 交感神経系 括約筋 抑制
3 交感神経系 排尿筋 亢進
4 副交感神経系 排尿筋 抑制
5 副交感神経系 括約筋 亢進

 

 

解説

  1. 副交感神経系
  2. 排尿筋
  3. 抑制

正解 4

出題範囲の解説

第2章-9日目:Ⅲ症状からみた主な 副作用

 


問20 皮膚に現れる医薬品の副作用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

a 医薬品が原因の接触皮膚炎は、医薬品が触れた皮膚の部分にのみ生じ、正常な皮膚との境界がはっきりしているのが特徴である。

b 光線過敏症の症状は、医薬品が触れた皮膚の部分にのみ生じ、全身へ広がって重篤化することはない。

c 薬疹は、医薬品の使用後1~2週間で起きることが多いが、長期使用後に現れることもある。

d 薬疹は、アレルギー体質の人や以前に薬疹を起こしたことがある人で生じやすいが、それまで薬疹を経験したことがない人であっても、暴飲暴食や肉体疲労が誘因となって現れることがある。

下欄
a b c d
1 正 誤 正 正
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 誤
4 誤 正 正 誤
5 誤 正 誤 正

 

 

解説

  1. 誤 :光線過敏症は全身に広がって重篤化する場合がある。

正解 1

出題範囲の解説

第2章-9日目:Ⅲ症状からみた主な 副作用

 


出題範囲の解説ページまとめ

問11~13:第2章-8日目:Ⅱ- 薬の生体内運命

問14      :第2章-9日目:Ⅲ症状からみた主な 副作用

問15      :第2章-8日目:Ⅱ- 薬の生体内運命

問16~20:第2章-9日目:Ⅲ症状からみた主な 副作用

徳島 香川 愛媛 高知の過去問題に戻る

広告A

広告b

2019年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン



更新日:

執筆者:吉川 泰紀

Copyright© 2019年登録販売者試験対策 , 2019 All Rights Reserved.