更新中

現在サイトを2019年版へ更新中です。

2016年 徳島 香川 愛媛 高知の登録販売者試験過去問題 第3章 主な医薬品とその作用 問31~40


2016年【徳島 香川 愛媛 高知】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

 

第3章 主な医薬品とその作用 問31~40

問31 禁煙補助剤に関する次の記述について、誤っているものを1つ選びなさい。

1 咀嚼剤は、噛むことにより口腔内でニコチンが放出され、口腔粘膜から吸収されて循環血液中に移行する。

2 非喫煙者が使用しても、吐き気やめまい等の症状が現れることはない。

3 コーヒーを摂取した後しばらくは、使用を避けることとされている。

4 アドレナリン作動成分が配合された医薬品との併用により、その作用を増強させるおそれがある。

 

 

解説

非喫煙者はニコチン耐性がないため、吐き気、めまいが表れやすい。

またコーヒーや炭酸飲料により口腔内が酸性になるとニコチンの吸収が低下します。

正解 2

出題範囲の解説ページ

第3章-21日目:Ⅻ 禁煙補助剤

 


問32 滋養強壮保健薬の配合成分と配合目的の関係について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

(配合成分) (配合目的)
a ヘスペリジン ― ビタミンCの吸収を助ける

b グルクロノラクトン ― 肝血流を促進する

c アミノエチルスルホン酸(タウリン) ― 乳酸の分解を促す

d システイン ― 軟骨成分を形成及び修復する

下欄
1(a、b)
2(b、c)
3(c、d)
4(a、d)

 

 

解説

  1. 誤 :タウリン=肝機能の改善
  2. 誤 :システイン=メラニン産生を抑制

正解 1

出題範囲の解説ページ

第3章-22日目:ⅩⅢ 滋養強壮

 


問33 漢方処方製剤に関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

a 漢方独自の病態認識である「証」に基づいて用いることが、有効性及び安全性を確保するために重要である。

b 防風通聖散は、構成生薬として、カンゾウ、マオウ、ダイオウを含む。

c 大柴胡湯は、体力充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの肥満症に適し、胃腸が弱く下痢しやすい人でも使用できる。

d 用法用量において適用年齢の下限が設けられていない場合であっても、生後6か月未満の乳児には使用しないこととされている。

下欄
a b c d
1 正 誤 正 正
2 正 正 誤 正
3 正 正 誤 誤
4 誤 誤 正 正
5 誤 正 正 正

 

 

解説

  1. 誤 :大柴胡湯は脇腹からみぞおちにかけて苦しく、便秘傾向の肥満症、設問は防風通聖散の説明
  2. 誤 :下限が設定されていない場合には生後3ヶ月未満の乳児には使用しない

正解 3

出題範囲の解説ページ

第3章-23日目:ⅩⅣ 漢方 と生薬

 


問34 鎮咳去痰薬の配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

a ハンゲは、中枢神経系に作用して咳を抑える生薬成分である。

b ノスカピンは、交感神経系を刺激して気管支を拡げる成分である。

c ジメモルファンリン酸塩は、麻薬性鎮咳成分とも呼ばれる。

d デキストロメトルファンフェノールフタリン塩は、主にトローチ剤に配合される。

下欄
a b c d
1 正 誤 正 正
2 正 誤 誤 正
3 正 誤 正 誤
4 誤 正 正 正
5 誤 正 誤 正

 

 

解説

  1. 誤 :ノスカピン=非麻薬性鎮咳成分
  2. 誤 :ジメモルファン=非麻薬性鎮咳成分
  3. 正 :トローチ、ドロップ剤として配合

正解 2

出題範囲の解説ページ

第3章-5日目:Ⅱ-① 鎮咳去痰薬

 


問35 生薬成分と薬用部位の関係について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

(生薬成分) (薬用部位)
a サイコ ― 菌核
b サイシン ― 根及び根茎
c モクツウ ― 蔓性の茎
d ブクリョウ ― 果実

下欄
1(a、b)
2(b、c)
3(c、d)
4(a、d)

 

 

解説

難易度が高いため後回し可

  1. 誤 :サイコ ― 根
  2. 誤 :ブクリョウ ― 菌核

正解 2

出題範囲の解説ページ

第3章-23日目:ⅩⅣ 漢方 と生薬

(b 第3章-14日目:Ⅶ 内服アレルギー用薬)
(C第3章-12日目:Ⅴ- 痔 の薬、泌尿器用薬

 


問36 殺虫成分と成分分類の関係について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

(殺虫成分) (成分分類)
a フェンチオン ― ピレスロイド系殺虫成分

b フェノトリン ― 有機リン系殺虫成分

c プロポクスル ― カーバメイト系殺虫成分

d ピリプロキシフェン ― 昆虫成長阻害成分

下欄
1(a、b)
2(b、c)
3(c、d)
4(a、d)

 

 

解説

  1. 誤 :フェンチオン ― 有機リン系殺虫成分
  2. 誤 :フェノトリン ― ピレスロイド系殺虫成分

正解 3

出題範囲の解説ページ

第3章-25日目:ⅩⅤ-② 殺虫剤 ・忌避剤

 


問37 妊娠検査薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

a 妊娠検査薬は、尿中のヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)の有無を調べるものであり、通常、実際に妊娠が成立してから6週目前後の尿中のhCG濃度を検出感度としている。

b 尿中のhCGの検出反応は、温度の影響を受けない。

c 検体としては、尿中のhCGが検出されやすい起床直後の尿が向いているが、尿が濃すぎると、かえって正確な結果が得られないこともある。

d 糖尿病の場合、擬陽性を示すことがある。

下欄
a b c d
1 正 正 正 誤
2 誤 正 正 誤
3 正 正 誤 正
4 正 誤 誤 正
5 誤 誤 正 正

 

 

解説

  1. 誤 :妊娠成立後4週目以降
  2. 誤 :hCGは温度に影響を受ける。

正解 5

出題範囲の解説ページ

第3章-26日目:ⅩⅥ 一般用 検査薬

 


問38 かぜの症状緩和に用いられる漢方処方製剤に関する次の記述について、誤っているものを1つ選びなさい。

1 半夏厚朴湯は、構成生薬としてカンゾウを含む。

2 葛根湯は、構成生薬としてマオウを含む。

3 体の虚弱な人は、麻黄湯の使用を避ける必要がある。

4 インターフェロン製剤で治療を受けている人は、小柴胡湯の使用を避ける必要がある。

 

 

解説

かぜの項目で唯一半夏厚朴湯のみカンゾウを含みません。

マオウを含む生薬として、麻黄湯、葛根湯、小青竜湯が挙げられる。

正解 1

出題範囲の解説ページ

第3章-1日目:Ⅰ-①かぜ薬

 


問39 強心薬に関する次の記述について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

a 心筋に作用して、その収縮力を高めるとされる成分が主体として配合される。

b 1日用量中センソ2mgを超えて含有する医薬品は、劇薬に指定されている。

c シンジュは、中枢神経系の刺激作用による気つけの効果を期待して用いられる。

d 一般に、5~6日間使用して症状の改善がみられない場合には、心臓以外の疾患も考えられる。

下欄
1(a、b)
2(b、c)
3(c、d)
4(a、d)

 

 

解説

  1. 誤 :1日用量中センゾ5㎎を超えるものは劇薬である。
  2. 誤 :シンジュ=鎮静作用、気つけ効果はリュウノウが持つ

正解 4

出題範囲の解説ページ

第3章-10日目:Ⅳ-① 強心薬 、高コレステロール

 


問40 浣腸薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

a グリセリンは、浸透圧の差によって腸管壁から水分を取り込んで直腸粘膜を刺激し、排便を促す効果を期待して用いられる。

b グリセリンが配合された浣腸薬では、排便時に血圧低下を生じて、立ちくらみの症状が現れるとの報告がある。

c 炭酸水素ナトリウムは、直腸を刺激する作用を期待して用いられる。

d 炭酸水素ナトリウムを主薬とする坐剤では、まれに重篤な副作用としてショックを生じることがある。

下欄
a b c d
1 正 正 正 正
2 誤 正 正 正
3 正 誤 正 正
4 正 誤 誤 正
5 正 正 正 誤

 

 

解説

浣腸薬の医薬品例
(アマゾンサイト)
使用方法の動画あり

 

 

 

 

正解 1

出題範囲の解説ページ

第3章-9日目:Ⅲ-③胃腸鎮痛鎮痙、浣腸、 駆虫薬

 


出題範囲の解説ページまとめ

問31:第3章-21日目:Ⅻ 禁煙補助剤

問32:第3章-22日目:ⅩⅢ 滋養強壮

問33:第3章-23日目:ⅩⅣ 漢方 と生薬

問34:第3章-5日目:Ⅱ-① 鎮咳去痰薬

問35:第3章-23日目:ⅩⅣ 漢方 と生薬

問36:第3章-25日目:ⅩⅤ-② 殺虫剤 ・忌避剤

問37:第3章-26日目:ⅩⅥ 一般用 検査薬

問38:第3章-1日目:Ⅰ-①かぜ薬

問39:第3章-10日目:Ⅳ-① 強心薬 、高コレステロール

問40:第3章-9日目:Ⅲ-③胃腸鎮痛鎮痙、浣腸、 駆虫薬

徳島 香川 愛媛 高知の過去問題に戻る

広告A

広告b

2019年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン



更新日:

執筆者:吉川 泰紀

Copyright© 2019年登録販売者試験対策 , 2019 All Rights Reserved.