更新中

現在サイトを2019年版へ更新中です。

2018年 茨城 栃木 群馬 新潟 山梨 長野の登録販売者試験過去問題 第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 問11~20


2018年(H30)【茨城 栃木 群馬 新潟 山梨 長野】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 問11~20

問11 妊婦及び授乳婦の医薬品の使用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 胎盤には、胎児の血液と母体の血液とが混ざらない仕組みがあるが、母体が医薬品を使用した場合に、医薬品成分の胎児への移行がどの程度防御されるかは、未解明のことが多い。

b 便秘薬の中には、配合成分やその用量によって流産や早産を誘発するおそれのあるものがある。

c 服用した医薬品の成分が乳汁中に移行することはない。

  a b c
1 正 正 誤
2 正 誤 正
3 誤 正 正
4 誤 誤 誤

 

 

解説

  1. 誤:乳汁中に移行する場合があります。

正解 1

出題範囲のページ

第1章-2日目:Ⅱ 医薬品の効き目 や安全性に影響を与える要因

 


問12 医薬品の使用方法及び適正使用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 医薬品は、その目的とする効果に対して副作用が生じる危険性が最小限となるように、使用する量や使い方が定められている。

b 一般用医薬品には、習慣性・依存性がある成分は含まれておらず、用法用量を守らずに服用しても薬物依存を生じることはない。

c すべての医薬品は、大人用のものを半分にして子供に服用させてもよい。

d 登録販売者は、必要以上の大量購入や頻回購入を試みる不審な購入者には慎重に対処する必要がある。

  a b c d
1 誤 誤 誤 誤
2 誤 正 正 正
3 正 誤 誤 正
4 正 正 誤 誤

 

 

解説

  1. 誤:一般用医薬品についても、習慣性・依存性がある成分は含まれています。
  2. 誤:小児に服用させてはいけない医薬品もあります。

正解 3

出題範囲のページ

第1章-2日目:Ⅱ 医薬品の効き目 や安全性に影響を与える要因

 


問13 プラセボ効果に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 医薬品を使用したとき、結果的又は偶発的に薬理作用によらない作用を生じることをプラセボ効果(偽薬効果)という。

b プラセボ効果は、客観的に測定可能な変化として現れることはない。

c プラセボ効果は、医薬品を使用したこと自体による楽観的な結果への期待(暗示効果)や、条件付けによる生体反応、時間経過による自然発生的な変化(自然緩解など)等が関与して生じると考えられている。

d プラセボ効果によってもたらされる反応や変化には、望ましいもの(効果)と不都合なもの(副作用)とがある。

 a b c d
1 正 正 誤 正
2 誤 誤 正 誤
3 誤 正 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 正 誤 正 正

 

 

解説

  1. 誤:プラセボ効果は、主観的の他、客観的に測定可能な変化として現れることがあります。

正解 5

出題範囲のページ

第1章-2日目:Ⅱ 医薬品の効き目 や安全性に影響を与える要因

 


問14 医薬品の品質に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 医薬品に配合されている成分には、光(紫外線)等によって品質の劣化を起こすものがあるが、高温や多湿によって品質の劣化を起こすものはない。

b 医薬品は、適切な保管・陳列がなされていれば、経時変化による品質の劣化は起こらない。

c 一般用医薬品では、購入された後、すぐに使用されるとは限らないことから、外箱等に記載されている使用期限から十分な余裕をもって販売等がなされることが重要である。

d 表示されている使用期限は、未開封状態で保管された場合に品質が保持される期限であり、いったん開封されると記載されている期日まで品質が保証されない場合がある。

  a b c d
1 正 誤 誤 誤
2 正 正 誤 正
3 誤 正 誤 正
4 誤 誤 正 正
5 誤 正 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:温度や湿度によっても劣化する場合があります。
  2. 誤:適切な保管・陳列がなされても、経時的変化による劣化は起こり得ます。

正解 4

出題範囲のページ

第1章-2日目:Ⅱ 医薬品の効き目 や安全性に影響を与える要因

 


問15 一般用医薬品に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 登録販売者は、購入者に対して科学的な根拠に基づいた正確な情報提供を行い、常に一般用医薬品の購入を促すべきである。

b 高熱や激しい腹痛があるといった症状が重いときに、一般用医薬品を一定期間使用しても症状の改善がみられない場合、別の一般用医薬品を使用することは適切な対処である。

c 乳幼児や妊婦では、通常の成人の場合に比べ、一般用医薬品で対処可能な範囲が限られる。

  a b c
1 正 正 正
2 誤 誤 正
3 正 誤 誤
4 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:医薬品によらない対処や受診を促すことが適切な場合があることに留意する必要があります。
  2. 誤:重篤は症状の際は、受診を促すべきです。

正解 2

出題範囲のページ

第1章-3日目:Ⅲ適切な 医薬品 選択と受診勧奨


問16 一般用医薬品の役割に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 健康の維持・増進

b 生活の質(QOL)の改善・向上

c 重度な疾病に伴う症状の改善

d 健康状態の自己検査

  a b c d
1 正 誤 正 正
2 誤 誤 正 正
3 正 正 誤 正
4 誤 正 正 誤
5 正 誤 誤 誤

 

 

解説

  1. 誤:重度な疾患ではなく、軽度な疾患です。

その他、生活習慣病等の疾病に伴う症状発現の予防も挙げられます。

正解 3

出題範囲のページ

第1章-3日目:Ⅲ適切な 医薬品 選択と受診勧奨

 


問17 一般用医薬品販売時のコミュニケーションに関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 登録販売者は、一般の生活者のセルフメディケーションに対して、第二類医薬品及び第三類医薬品の販売や情報提供を担う観点から、生活者を支援していく姿勢で臨むことが基本となる。

b 医薬品の販売に従事する専門家は、一般用医薬品が家庭における常備薬として購入されることも多いことから、その医薬品によって対処しようとする症状等が現にあるか把握するよう努めることが望ましい。

c 医薬品の販売に従事する専門家は、購入者が情報提供を受けようとする意識が乏しい場合は、コミュニケーションを図る必要はない。

  a b c
1 正 正 誤
2 誤 正 正
3 誤 誤 誤
4 正 誤 正

 

 

解説

  1. 誤:情報を出来るだけ引き出し、可能な限りコミュニケーションを図ることが重要です。

正解 1

出題範囲のページ

第1章-3日目:Ⅲ適切な 医薬品 選択と受診勧奨

 


問18 スモン及びスモン訴訟に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a スモンの原因は、解熱鎮痛剤として販売されていたトリメトキノール製剤である。

b スモンの主な症状として、初期には激しい頭痛を伴う嘔吐を生じ、次第に胸痛や呼吸困難が現れる。

c スモンの原因となった製剤の中には、一般用医薬品として販売されていた製品もあった。

d スモン患者に対しては、治療研究施設の整備、治療法の開発調査研究の推進、施術費及び医療費の自己負担分の公費負担、世帯厚生資金貸付による生活資金の貸付及び重症患者に対する介護事業が講じられている。

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 正 誤 正
3 誤 正 正 誤
4 誤 誤 誤 正
5 誤 誤 正 正

 

 

解説

  1. 誤:スモンの原因は、整腸剤として販売されていたキノホルム製剤です。
  2. 誤:スモンの主な症状は、初期には激しい腹痛を伴う下痢を生じ、次第に下半身の痺れ脱力が現れます。

正解 5

出題範囲のページ

第1章-4日目:Ⅳ 薬害 の歴史

 


問19 サリドマイド及びサリドマイド訴訟に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a サリドマイドは催眠鎮静成分として承認されたが、その鎮静作用を目的として、胃腸薬にも配合された。

b サリドマイド製剤の催奇形性は、1961 年に西ドイツ(当時)から警告が発せられ、日本においても同年中に直ちに回収措置がとられた。

c サリドマイド訴訟では、製薬企業だけでなく、国も被告として提訴された。

d サリドマイドの光学異性体のうち、一方の異性体(S体)のみを製剤化していれば、催奇形性は防ぐことができた。

  a b c d
1 誤 誤 正 誤
2 正 誤 正 誤
3 誤 誤 誤 正
4 正 正 誤 誤
5 誤 正 正 正

 

 

解説

  1. 誤:日本では対応が遅れ、1962年に回収措置がとられた。
  2. 誤:S体が催奇形性の原因です。またR体も体内でS体へ相互変化するため、一方の異性体のみを製剤化しても、催奇形性を防ぐことはできません。

正解 2

出題範囲のページ

第1章-4日目:Ⅳ 薬害 の歴史

 


問20 CJD(クロイツフェルト・ヤコブ病)及びCJD訴訟に関する次の記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。

CJDは、( a )の一種である( b )が原因とされる神経難病である。 CJD訴訟は、脳外科手術等に用いられていた( c )を介してCJDに罹患したことに 対する損害賠償訴訟である。

  a b c
1 細菌 プリオン ウシ乾燥硬膜
2 細菌 プロリン ヒト乾燥硬膜
3 細菌 プリオン ヒト乾燥硬膜
4 タンパク質 プロリン ウシ乾燥硬膜
5 タンパク質 プリオン ヒト乾燥硬膜

 

 

解説

  1. タンパク質
  2. プリオン
  3. ヒト乾燥硬膜

正解 5

出題範囲のページ

第1章-4日目:Ⅳ 薬害 の歴史


出題範囲の解説ページまとめ

問11~14:第1章-2日目:Ⅱ 医薬品の効き目 や安全性に影響を与える要因

問15~17:第1章-3日目:Ⅲ適切な 医薬品 選択と受診勧奨

問18~20:第1章-4日目:Ⅳ 薬害 の歴史

茨城 栃木 群馬 新潟 山梨 長野の過去問題に戻る

広告A

広告b

2019年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン



更新日:

執筆者:吉川 泰紀

Copyright© 2019年登録販売者試験対策 , 2019 All Rights Reserved.