2017年 埼玉 千葉 東京 神奈川の登録販売者試験過去問題 第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 問11~20


2017年【埼玉 千葉 東京 神奈川】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。


第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 問11~20

問11 妊婦又は妊娠していると思われる女性への医薬品の使用に関する次の記述の正誤につい て、正しい組合せはどれか。

a ビタミンA含有製剤は、妊娠前後の一定期間に通常の用量を超えて摂取すると、胎児 に先天異常を起こす危険性が高まるとされている。

b 妊婦が医薬品を使用した場合、血液-胎盤関門により、胎児への医薬品成分の移行を全て防ぐことができる。

c 妊娠の有無やその可能性については、購入者側にとって他人に知られたくない場合もあることから、一般用医薬品の販売等において専門家が情報提供や相談対応を行う際には、十分配慮することが必要である。

a b c
1 正 正 誤
2 誤 正 誤
3 正 誤 誤
4 誤 誤 正
5 正 誤 正

 

 

解説

  1. 正 :ビタミンAは妊娠前後3ヶ月に、1日10000国際単位以上摂取した妊婦の場合、新生児の先天異常の割合が上昇(3章より)
  2. 誤 :血液-胎盤関門により、どの程度医薬品の成分の胎児への移行が防御されるかは、未解明のことも多い。

正解 5

出題範囲の解説ページ

第1章-2日目:Ⅱ 医薬品の効き目 や安全性に影響を与える要因

 


問12 プラセボ効果に関する次の記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組 合せはどれか。

医薬品を使用したとき、結果的又は偶発的に( a )によらない作用を生じることを プラセボ効果(( b )効果)という。プラセボ効果は、医薬品を使用したこと自体に よる楽観的な結果への期待(暗示効果)や、条件付けによる生体反応、時間経過による ( c )な変化等が関与して生じると考えられている。

a b c
1 薬理作用 偽薬 自然発生的
2 薬理作用 相乗 人為的
3 薬理作用 偽薬 人為的
4 生理作用 相乗 自然発生的
5 生理作用 偽薬 自然発生的

 

 

解説

  1. 薬理作用
  2. 偽薬
  3. 自然発生的

正解 1

出題範囲の解説ページ

第1章-2日目:Ⅱ 医薬品の効き目 や安全性に影響を与える要因

 


問13 医薬品の品質に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 品質が承認された基準に適合しない医薬品、その全部又は一部が変質・変敗した物質から成っている医薬品は販売が禁止されている。

b 医薬品に表示されている「使用期限」は、開封・未開封を問わず、製品の品質が保持される期限である。

c 一般用医薬品は、購入された後、すぐに使用されるとは限らず、家庭における常備薬として購入されることも多いことから、外箱等に記載されている使用期限から十分な余裕をもって販売等がなされることも重要である。

d 医薬品は、適切な保管・陳列がなされなければ、医薬品の効き目が低下したり、人体に好ましくない作用をもたらす物質を生じることがある。

a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 誤 正 正
3 正 誤 誤 正
4 誤 正 正 誤
5 誤 正 誤 正

 

 

解説

  1. 正 :変質した医薬品は販売してはいけません。
  2. 誤 :使用期限は未開封の場合の期間です。

正解 2

出題範囲の解説ページ

第1章-2日目:Ⅱ 医薬品の効き目 や安全性に影響を与える要因

 


問14 医薬品医療機器等法第4条第5項第4号に規定されている一般用医薬品の定義に関する 次の記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。

医薬品のうち、その( a )において人体に対する作用が( b )ものであって、 薬剤師その他の医薬関係者から提供された情報に基づく需要者の選択により使用されることが目的とされているもの(( c )を除く。)をいう。

 a b c
1 用法及び用量 著しい 薬局医薬品
2 効能及び効果 著しい 要指導医薬品
3 効能及び効果 著しくない 薬局医薬品
4 効能及び効果 著しくない 要指導医薬品
5 用法及び用量 著しくない 薬局医薬品

 

 

解説

一般用医薬品の定義は頻出なため、覚えましょう。

  1. 効能及び効果
  2. 著しくない
  3. 要指導医薬品

正解 4

出題範囲の解説ページ

第1章-2日目:Ⅱ 医薬品の効き目 や安全性に影響を与える要因

 


問15 一般用医薬品承認審査合理化等検討会中間報告書「セルフメディケーションにおける一般用医薬品のあり方について」(平成14年11月)において、一般用医薬品の役割とされている次の事項の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 健康の維持・増進
b 健康状態の自己検査
c 生活の質(QOL)の改善・向上
d 重度の疾病に伴う症状の改善

a b c d
1 正 正 正 正
2 正 正 正 誤
3 正 正 誤 正
4 正 誤 正 正
5 誤 正 正 正

 

 

解説

  1. 誤 :軽度な疾病に伴う症状の改善
    上記のほか、生活習慣病等の疾病に伴う症状発現の予防もあります。

正解 2

出題範囲の解説ページ

第1章-3日目:Ⅲ適切な 医薬品 選択と受診勧奨


 


問16 一般用医薬品の販売等に従事する専門家が購入者から確認しておきたい事項に関する次 の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 何のためにその医薬品を購入しようとしているか(購入者側のニーズ、購入の動機)。

b 症状等がある場合、それはいつ頃からか、その原因や患部等の特定はなされているか。

c その医薬品を使用する人として、小児や高齢者、妊婦等が想定されるか。

d その医薬品を使用する人が過去にアレルギーや医薬品による副作用等の経験があるか。

 a b c d
1 正 正 正 正
2 正 正 正 誤
3 正 正 誤 正
4 正 誤 正 正
5 誤 正 正 正

 

 

解説


  1. この他、購入者本人が使用するか、相互作用、すぐに使用するか等も確認が必要です。

正解 1

出題範囲の解説ページ

第1章-3日目:Ⅲ適切な 医薬品 選択と受診勧奨

 


問17 サリドマイド及びサリドマイド訴訟に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1 サリドマイドの光学異性体のうち、R 体には有害作用がないことから、R体のサリドマイドを分離して製剤化すると催奇形性を避けることができる。

2 サリドマイド製剤は、1961年11月、西ドイツ(当時)のレンツ博士がサリドマ イド製剤の催奇形性について警告を発し、日本では、同年中に速やかに販売停止及び回収措置が行われた。

3 サリドマイドは、副作用として血管新生を促進する作用があった。

4 サリドマイド製剤は、当時、貧血用薬として承認された。

5 サリドマイド訴訟は、サリドマイド製剤を妊娠している女性が使用したことにより、 出生児に四肢欠損、耳の障害等の先天異常(サリドマイド胎芽症)が発生したことに対する損害賠償訴訟である。

 

 

解説

  1. 誤 :R体とS体は体内で相互に転換するため、 R 体を分離しても催奇形性は避けられない。
  2. 誤 :出荷停止は1962年5月まで行われず、対応の遅さが問題視された。
  3. 誤 :血管新生を妨げる作用があった。
  4. 誤 :催眠鎮静剤として発売

正解 5

出題範囲の解説ページ

第1章-4日目:Ⅳ 薬害 の歴史

 


問18 スモン及びスモン訴訟に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a スモン訴訟とは、解熱鎮痛剤として販売されたキノホルム製剤を使用したことにより、 亜急性脊髄視神経症に罹患したことに対する損害賠償訴訟である。

b スモン患者に対しては、施術費及び医療費の自己負担分の公費負担や、重症患者に対する介護事業等が講じられている。

c スモン訴訟等を契機として、医薬品の副作用による健康被害の迅速な救済を図るため、 医薬品副作用被害救済制度が創設された。

d スモンはその症状として、激しい腹痛を伴う下痢、下半身の痺れ、歩行困難等が現れるが、麻痺が上半身に拡がることはない。

1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、c) 5(b、d)

 

 

解説

  1. 誤 :整腸剤として発売されたキノホルム製剤
  2. 正 
  3. 正 :スモン訴訟等=スモン訴訟、サリドマイド訴訟
  4. 誤 :麻痺は上半身に拡がる場合もある

正解 4

出題範囲の解説ページ

第1章-4日目:Ⅳ 薬害 の歴史

 


問19 HIV訴訟に関する次の記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。

( a )患者が、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が混入した原料( b )から製造された( c )製剤の投与を受けたことにより、HIVに感染したことに対する 損害賠償訴訟である。

 a b c
1 鉄欠乏性貧血 血漿しょう 血液凝固因子
2 鉄欠乏性貧血 血小板 ヒト免疫グロブリン
3 血友病 血 漿しょう 血液凝固因子
4 血友病 血小板 ヒト免疫グロブリン
5 血友病 血 漿しょう ヒト免疫グロブリン

 

 

解説

  1. 血友病
  2. 血漿
  3. 血液凝固因子

正解 3

出題範囲の解説ページ

第1章-4日目:Ⅳ 薬害 の歴史

 


問20 クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)及びCJD訴訟に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a CJD訴訟は、脳外科手術等に用いられていたヒト乾燥硬膜を介してCJDに罹患したことに対する損害賠償訴訟である。

b CJDの原因は、ウイルスの一種であるプリオンとされている。

c CJDは、次第に認知症に類似した症状が現れ、死に至る重篤な神経難病である。

d CJD訴訟は、生物由来製品による感染等被害救済制度の創設にあたっての契機のひとつとなった。

a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 誤 正 正
3 正 正 誤 誤
4 誤 正 正 正
5 誤 誤 誤 誤

 

 

解説

  1. 誤 :CJDの原因はタンパク質の一種であるプリオン

正解 2

出題範囲の解説ページ

第1章-4日目:Ⅳ 薬害 の歴史


 


出題範囲の解説ページまとめ

問11~14:第1章-2日目:Ⅱ 医薬品の効き目 や安全性に影響を与える要因

問15~16:第1章-3日目:Ⅲ適切な 医薬品 選択と受診勧奨

問17~20:第1章-4日目:Ⅳ 薬害 の歴史

埼玉 千葉 東京 神奈川の過去問題に戻る

広告A

広告b

2019年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン



更新日:

執筆者:吉川 泰紀

Copyright© 2019年登録販売者試験対策 , 2019 All Rights Reserved.