更新中

現在サイトを2019年版へ更新中です。

2017年 鳥取 島根 岡山 広島 山口の登録販売者試験過去問題 第5章 医薬品の適正使用と安全対策 問11~20


2017年【鳥取 島根 岡山 広島 山口】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

 


第5章 医薬品の適正使用と安全対策 問11~20

問 11 一般用医薬品の製品表示に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 適切な保存条件の下で製造後3年を超えて性状及び品質が安定であることが確認されてい る医薬品においては、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律に基づく使用期限の表示義務はない。

b 1回服用量中0.1mLを超えるアルコールを含有する内服液剤(滋養強壮を目的とするもの)については、アルコールを含有する旨及びその分量が記載されている。

c 購入者によっては、購入後すぐ開封せずにそのまま保管する場合や持ち歩く場合があるため、添付文書を見なくても適切な保管がなされるよう、その容器や包装にも、保管に関する注意事項が記載されている。

a b c
1 正 正 正
2 正 誤 誤
3 誤 正 正
4 誤 正 誤
5 誤 誤 正

 

 

解説

すべて手引きの通り正しいです。

正解 1

出題範囲の解説ページ

第5章-4日目:Ⅰ-④ 製品表示の読み方

 


問 12 安全性速報に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

1 医薬品、医療機器又は再生医療等製品について緊急かつ重大な注意喚起や使用制限に係る対策が必要な状況にある場合に作成される。

2 厚生労働省からの命令、指示、製造販売業者の自主決定等に基づいて作成される。

3 独立行政法人医薬品医療機器総合機構による医薬品医療機器情報配信サービスによる配信、製造販売業者から医療機関や薬局等への直接の配布、ダイレクトメール、ファクシミリ、電子メール等による情報提供(1か月以内)等により情報伝達されるものである。

4 A4サイズの青色地の印刷物で、ブルーレターとも呼ばれる。

 

 

解説

  1. 正 :緊急安全性情報の説明文(文に緊急と入っていれば、緊急安全性情報と覚えましょう。)

正解 1

出題範囲の解説ページ

第5章-4日目:Ⅰ-④ 製品表示の読み方

 


問 13 医薬品・医療機器等安全性情報に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 厚生労働省より、1年に1回発行されている。

b 厚生労働省のホームページへ掲載される。

c 医薬品の安全性に関する解説記事や、使用上の注意の改訂内容、主な対象品目、参考文献 等が掲載されている。

a b c
1 正 正 正
2 誤 正 正
3 誤 正 誤
4 正 誤 誤
5 誤 誤 正

 

 

解説

  1. 誤 :医薬品・医療機器等安全性情報は約一ヶ月毎に発行されている。

正解 2

出題範囲の解説ページ

第5章-4日目:Ⅰ-④ 製品表示の読み方

 


問 14 以下の情報のうち、独立行政法人医薬品医療機器総合機構の「医薬品医療機器情報提供ホ ームページ」に掲載されているものとして、誤っているものはどれか。

1 製造販売業者等や医療機関等から報告された、医薬品による副作用が疑われる症例情報

2 新たに許可を取得した医薬品製造販売業者の情報

3 一般用医薬品・要指導医薬品の添付文書情報

4 医薬品の承認情報

5 厚生労働省が製造販売業者等に指示した緊急安全性情報

 

 

解説

  1. 誤 :製造販売業者の情報は記載されていません。

正解 2

出題範囲の解説ページ

第5章-4日目:Ⅰ-④ 製品表示の読み方

 


問 15 医薬品の副作用情報等の収集、評価及び措置に関する以下の記述について、( )の 中に入れるべき字句はどれか。

1961年に起こった( )を契機として、医薬品の安全性に関する問題を世界共通のものとして取り上げる気運が高まり、1968年、世界保健機関(WHO)加盟各国を中心に、 各国自らが医薬品の副作用情報を収集、評価する体制(WHO国際医薬品モニタリング制度) を確立することにつながった。

1 サリドマイド薬害事件
2 スモン事件
3 薬害エイズ事件
4 CJD(クロイツフェルト・ヤコブ病)訴訟

 

 

解説

サリドマイド薬害事件の説明文です。

説明文の通り、これを契機に、WHO国際医薬品モニタリング制度の確立に繋がりました。

正解 1

出題範囲の解説ページ

第5章-5日目:Ⅱ 医薬品の安全対策


 


問 16 医薬品の副作用情報等の収集に関する以下の記述について、( )の中に入れるべき 字句の正しい組み合わせはどれか。

一般用医薬品に関しても、承認後の調査が製造販売業者等に求められており、既存の医薬品と明らかに異なる有効成分が配合されたものについては、 ( a )を超えない範囲で厚生労働大臣が承認時に定める一定期間、承認後の使用成績等を製造販売業者等が集積し、厚生労働省 へ提出する制度(( b )) が適用される。

a b
1 10年 再評価制度
2 5年 再審査制度
3 5年 再評価制度
4 10年 再審査制度

 

 

解説

  1. 10年 (概ね8年)
  2. 再審査制度

正解 4

出題範囲の解説ページ

第5章-5日目:Ⅱ 医薬品の安全対策

 


問 17 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第68条の10第2 項の規定に基づく医薬品による副作用等が疑われる場合に登録販売者が行う報告に関する記述のうち、正しいものはどれか。

1 安全対策上必要があると認めるときは、医薬品の過量使用や誤用等によるものと思われる 健康被害についても報告が必要である。

2 医薬品の副作用等の報告者に対しては、安全性情報受領確認書が交付されることから、報告書の送付は、郵送に限られている。

3 保健衛生上の危害の発生又は拡大防止の観点から、報告期限は、報告の必要性を認めた日から30日を超えない期間内と定められている。

4 副作用の症状がその医薬品の適応症状と見分けがつきにくい場合は、報告の対象となっていない。

 

 

解説

  1. 正 :適正使用のみでなく、過量、誤用のほか、因果関係が明確でない場合も対象となる。
  2. 誤 :郵送のほか、電子メールでも可能
  3. 誤 :期限は特に定められていない
  4. 誤 :症状と副作用の見分けがつきにくい場合も報告対象である。

正解 1

出題範囲の解説ページ

第5章-5日目:Ⅱ 医薬品の安全対策

 


問 18 医薬品副作用被害救済制度に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 医薬品を適正に使用したにもかかわらず発生した副作用による被害者の迅速な救済を図るため、製薬企業の社会的責任に基づく公的制度として運営が開始された。

b 医療費や医療手当などの各種給付の請求は、請求する者の住所地の都道府県知事に対して行う。

c 救済給付業務に必要な費用は、すべて国庫補助により賄われている。

d 給付請求は、健康被害を受けた本人又は家族が行うことができる。

a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 誤 誤 正
3 正 誤 正 正
4 誤 正 正 誤
5 誤 誤 誤 誤

 

 

解説

  1. 正 
  2. 誤 :本人又は家族が医薬品医療機器総合機構に請求を申請する。
  3. 誤 :給付費については、製造販売業者からの拠出金、そのほか事務費については、2分の1相当額が国庫補助により賄われている
  4. 正 

正解 2

出題範囲の解説ページ

第5章-6日目:Ⅲ,Ⅳ,Ⅴ 健康被害の救済

 


問 19 以下の医薬品のうち、使用により生じた健康被害事例が、医薬品副作用被害救済制度の対象となるものはどれか。

1 個人輸入により入手した医薬品

2 殺虫剤・殺鼠剤

3 一般用検査薬

4 製品不良など、製薬企業に損害賠償責任がある場合の医薬品

5 人体に直接使用する殺菌消毒剤

 

 

解説

1~4のほか、人体に直接使用しない殺菌消毒剤、一部の日局収載医薬品(精製水、ワセリン等)は対象外です。

正解 5

出題範囲の解説ページ

第5章-6日目:Ⅲ,Ⅳ,Ⅴ 健康被害の救済

 


問 20 医薬品の安全対策に関する以下の記述について、( )の中に入れるべき字句はどれか。

解熱鎮痛成分として( )が配合されたアンプル入りかぜ薬の使用による重篤な副作用(ショック)で、1959年から1965年までの間に計38名の死亡例が発生した。 アンプル剤は他の剤形(錠剤、散剤等)に比べて吸収が速く、血中濃度が急速に高値に達するため、通常用量でも副作用を生じやすいことが確認されたことから、1965年、厚生省(当時)より関係製薬企業に対し、アンプル入りかぜ薬製品の回収が要請された。

1 アスピリン、アセトアミノフェン

2 アミノピリン、スルピリン

3 塩酸フェニルプロパノールアミン

4 小柴胡湯

5 イブプロフェン、ジクロフェナクナトリウム

 

 

解説

アミノピリン、スルピリンはピリン系の解熱鎮痛剤

現在一般用医薬品で、使用されているピリン系はイソプロピルアンチピリンのみ

正解 2

出題範囲の解説ページ

第5章-6日目:Ⅲ,Ⅳ,Ⅴ 健康被害の救済


 


出題範囲の解説ページまとめ

問11~14 :第5章-4日目:Ⅰ-④ 製品表示の読み方

問15~17 :第5章-5日目:Ⅱ 医薬品の安全対策

問18~20 :第5章-6日目:Ⅲ,Ⅳ,Ⅴ 健康被害の救済

鳥取 島根 岡山 広島 山口の過去問題に戻る

広告A

広告b

2019年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン



更新日:

執筆者:吉川 泰紀

Copyright© 2019年登録販売者試験対策 , 2019 All Rights Reserved.