更新中

現在サイトを2019年版へ更新中です。

2017年 徳島 香川 愛媛 高知の登録販売者試験過去問題 第4章 薬事に関する法規と制度 問11~20


2017年【徳島 香川 愛媛 高知】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

 

第4章 薬事に関する法規と制度 問11~20

問11 店舗販売業に関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

a 店舗管理者は、その店舗に勤務する薬剤師及び登録販売者を監督しなければならないが、その他一般従事者を監督する必要はない。

b 店舗管理者が薬剤師である場合に限り、その店舗に勤務する登録販売者に要指導医薬品を販売させることができる。

c 店舗販売業においては、薬剤師が従事していても、調剤を行うことはできない。

d 店舗販売業において、登録販売者として過去5年のうち2年間業務に従事した登録販売者は、第一類医薬品を販売する店舗販売業者の店舗管理者になることができる。

下欄
a b c d
1 正 正 誤 誤
2 誤 誤 正 正
3 正 誤 誤 誤
4 誤 正 正 誤
5 誤 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤 :店舗で管理者であり、その店舗で働く従業員の管理が必要
  2. 誤 :要指導医薬品は薬剤師しか販売できません。
  3. 正 
  4. 誤 :第一類の場合、3年以上の業務が必要(詳しくは解説ページを参照)

正解 5

出題範囲の解説ページ

第4章-4日目:Ⅲ‐① 医薬品の販売業の許可

 


問12 薬局に関する次の記述について、正しいものを1つ選びなさい。

1 薬局開設者は、開店時間のうち一般用医薬品を販売しない時間は、一般用医薬品を通常陳列し、又は交付する場所を閉鎖しなければならない。

2 薬局開設許可の有効期間は、許可取得から2年とされている。

3 薬局では、要指導医薬品及び一般用医薬品を販売することができない。

4 薬局の管理者は、登録販売者でもよいが、開設者は薬剤師でなければならない。

 

 

解説

2 薬局開設許可の有効期限は6年

3 薬局の許可があれば、要指導、一般用医薬品の販売が可能

4 管理者は薬剤師、開設者は登録販売者でも可能

正解 1

出題範囲の解説ページ

第4章-4日目:Ⅲ‐① 医薬品の販売業の許可

 

問13 保健機能食品等に関する次の記述について、正しいものの組合せを下欄から選びなさい。

a 特別用途食品とは、 「特別の用途に適する旨の表示」の許可を受けた食品であり、その表示をするには厚生労働大臣の許可を取得する必要がある。

b 特定保健用食品は、特別用途食品制度と保健機能食品制度の両制度に位置づけられている。

c 栄養機能食品とは、1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分の量が、基準に適合しており、栄養成分表示しようとする場合には、その栄養成分の機能の表示を行わなければならない。

d 機能性表示食品は、消費者庁長官の個別の許可を受け、特定の保健の目的が期待できるという食品の機能性を表示することができる。

下欄
1(a、c) 2(a、d) 3(b、c) 4(b、d)

 

 

解説

  1. 誤 :特別用途食品の許可は内閣総理大臣の許可が必要です。
  2. 誤 :機能性の表示は可能だが、個別の許可を受けたものではない。

正解 3

出題範囲の解説ページ

第4章-3日目:Ⅱ-② 医薬部外品 、化粧品、保健機能食品

 


問14 医薬品の広告に関する次の記述について、正しいものの組合せを下欄から選びなさい。

a 医薬品の有効性について、それが確実であることを保証する旨の表現は、事実であれば広告に掲載してもよい。

b 漢方処方製剤の効能効果については、配合されている個々の構成生薬の作用を個別に挙げて説明することが適当とされている。

c 「天然成分を使用しているので副作用がない」といった事実に反する広告表現は、生活者に過度の消費を助長させるおそれがある。

d チラシにおいて、医薬品について化粧品的な用法が強調されている場合には、生活者に安易な使用を促すおそれがある不適当な広告とみなされることがある。

下欄
1(a、b) 2(a、d) 3(b、c) 4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤 :保証する旨の表現は広告できません。
  2. 誤 :構成生薬の作用を個別に挙げて説明することも不適当である。 

正解 4

出題範囲の解説ページ

第4章-6日目:Ⅳ 医薬品販売に関する法令遵守

 


問15 配置販売業に関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

a 都道府県知事は、薬剤師が配置販売に従事していない配置販売業者が、第一類医薬品の販売を行っていた場合、その許可を取り消すことができる。

b 濫用等のおそれのある医薬品以外の医薬品のみを販売する場合、配置販売業者又はその配置員は、その住所地の都道府県知事が発行する身分証明書を携帯しなくてもよい。

c 区域管理者が薬剤師である配置販売業者は、第一類医薬品を開封して分割販売することができる。

d 配置販売業は、配置するすべての医薬品の代金を、あらかじめ購入者が支払い、使用しなかった医薬品の代金を後から払い戻す販売形態である。

下欄
a b c d
1 誤 正 誤 正
2 誤 正 正 誤
3 正 誤 誤 正
4 正 誤 誤 誤
5 正 正 正 誤

 

 

解説

  1. 誤 :医薬品の種類によらず、配置販売の場合、身分証明書の携帯が必要
  2. 誤 :配置販売は、分割販売することができない。
  3. 誤 :配置販売は使用した後で代金を支払う形態である。

正解 4

出題範囲の解説ページ

第4章-4日目:Ⅲ‐① 医薬品の販売業の許可

 


問16 一般用医薬品を販売する際のリスク区分に応じた情報提供に関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

a 店舗販売業者は、第一類医薬品を購入しようとする者から説明を要しない旨の意思表明があった場合でも、当該医薬品が適正に使用されると認められない場合は、医薬品の販売に従事する薬剤師に、必要な情報を提供させなければならない。

b 店舗販売業者は、第一類医薬品を販売する場合、必要な情報提供を行わせるにあたり、医薬品の販売に従事する薬剤師に、あらかじめ、第一類医薬品を使用する者の年齢を確認させなければならない。

c 店舗販売業者が第三類医薬品を販売する場合には、薬剤師又は登録販売者に、必要な情報を提供させる法令上の義務はない。

d 店舗販売業者は、第三類医薬品を購入した者から相談があった場合は、薬剤師又は登録販売者に、必要な情報を提供させることが望ましい。

下欄
a b c d
1 誤 正 誤 正
2 誤 正 正 誤
3 正 誤 誤 正
4 正 誤 誤 誤
5 正 正 正 誤

 

 

解説

  1. 正 
  2. 誤 :医薬品の分類によらず、相談があった場合は応答する義務がある。

正解 5

出題範囲の解説ページ

第4章-5日目:Ⅲ‐② 医薬品の情報提供、陳列、 特定販売 等

 


問17 要指導医薬品及び一般用医薬品のリスク区分に応じた陳列に関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

a 薬局開設者は、購入者の利便性等を考慮し、薬効分類が同じである第一類医薬品と要指導医薬品を、区別することなく陳列することができる。

b 薬局開設者は、指定第二類医薬品を、「情報提供を行うための設備」から8メートル離れた場所にある、かぎをかけた陳列設備に陳列することができる。

c 薬局開設者は、第一類医薬品の販売にあたり、第一類医薬品陳列区画外にあるかぎをかけた陳列設備に、同医薬品を陳列することはできない。

d 薬局開設者は、医薬品と保健機能食品を同一店舗で併せて販売する場合、両者を区別せず陳列することが認められている。

下欄
a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 正 正 正
3 誤 正 正 誤
4 誤 正 誤 誤
5 誤 誤 誤 正

 

 

解説

  1. 誤 :それぞれ区別して陳列が必要
  2. 正 :7メートル以内でなないが、施錠があればOK
  3. 誤 :施錠できてば問題ない
  4. 誤 :区別が必要です。

正解 4

出題範囲の解説ページ

第4章-5日目:Ⅲ‐② 医薬品の情報提供、陳列、 特定販売 等

 


問18 行政庁の監視指導や処分に関する次の記述について、正しいものの組合せを下欄から選びなさい。

a 行政庁の監視指導に対して、医薬品の販売業者が虚偽の報告を行った場合には、罰金に処せられることがある。

b 都道府県知事は、配置販売業の配置員が、薬事に関する法令に違反する行為をした場合、その配置員に対してのみ、期間を定めて業務の停止を命ずることができる。

c 医薬品等の製造販売業者等は、その医薬品等の使用によって保健衛生上の危害が発生し、又は拡大するおそれがあることを知ったときでも、行政庁の命令がなければ、これを防止するために廃棄、回収等の必要な措置を講じることができない。

d 都道府県知事等は、薬事監視員に、不良医薬品又は不正表示医薬品の疑いのある物品を、試験のため必要な最少分量に限り、収去させることができる。

下欄
1(a、b) 2(a、d) 3(b、c) 4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤 :配置販売業者に対しても、業務停止を命じることができる。
  2. 誤 :命令がなくても、必要な措置を講じなければならない。

正解 2

出題範囲の解説ページ

第4章-6日目:Ⅳ 医薬品販売に関する法令遵守

 


問19 次のうち、薬局開設者が当該薬局内へ掲示すべき事項として、誤っているものを1つ選びなさい。

1 個人情報の適正な取扱いを確保するための措置

2 勤務する薬剤師又は登録販売者の氏名及び勤務年数

3 管理者の氏名

4 要指導医薬品の定義及び解説

5 開設者の氏名又は名称

 

 

解説

勤務する薬剤師又は登録販売者については、氏名及び担当業務

正解 2

出題範囲の解説ページ

第4章-5日目:Ⅲ‐② 医薬品の情報提供、陳列、 特定販売 等

 


問20 次の記述のうち特定販売を行うことについて広告するときに表示すべき情報であるものを「正」、それ以外を「誤」として、正しい組合せを下欄から選びなさい。

a 薬局又は店舗の位置を示す地図

b 現在勤務している薬剤師又は登録販売者の別及びその氏名

c 一般用医薬品の使用期限

d 薬局開設者の顔写真

下欄
a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 正 誤 誤
3 誤 正 正 誤
4 誤 正 誤 誤
5 誤 正 正 正

 

 

解説

  1. 誤 :位置を示す地図は不要、店舗の外観写真が必要
  2. 誤 :顔写真は不要

正解 3

出題範囲の解説ページ

第4章-5日目:Ⅲ‐② 医薬品の情報提供、陳列、 特定販売 等

 


出題範囲の解説ページまとめ

問11~12:第4章-4日目:Ⅲ‐① 医薬品の販売業の許可

問13       :第4章-3日目:Ⅱ-② 医薬部外品 、化粧品、保健機能食品

問14   :第4章-6日目:Ⅳ 医薬品販売に関する法令遵守

問15   :第4章-4日目:Ⅲ‐① 医薬品の販売業の許可

問16~17:第4章-5日目:Ⅲ‐② 医薬品の情報提供、陳列、 特定販売 等

問18       :第4章-6日目:Ⅳ 医薬品販売に関する法令遵守

問19~20:第4章-5日目:Ⅲ‐② 医薬品の情報提供、陳列、 特定販売 等

徳島 香川 愛媛 高知の過去問題に戻る

広告A

広告b

2019年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン



更新日:

執筆者:吉川 泰紀

Copyright© 2019年登録販売者試験対策 , 2019 All Rights Reserved.