手引き改定に伴い随時更新中

プロスタグランジンについて

2 0 M 8 ヶ月前

プロスタグランジンの産生抑制すると血管収縮→腎血流量は減るのに
循環血流量は増加するのは何故ですか?

腎血流減少の代償として近位尿細管再吸収が促進されるからなのか
解熱鎮痛成分が体温を下げるために血管拡張をし循環血液内の熱を放出するからなのか
どちらですか?

コメント一覧

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 2021年10月24日 10:24 AM

    ありがとうございます♪

  • 2021年10月23日 8:32 PM

    こんにちは

    分かりづらい部分なので、以下を参考にしてください。

    解熱鎮痛成分により、末梢のプロスタグランジンの生産が抑制されることで、腎臓の血管拡張が抑制されて、腎血流量が減少しますが、腎臓における水分の再吸収を促すことで、循環血流量は増えます。

    循環血流量を「全身を循環する血液の量」と認識していただければ、理解しやすいかと思います。

    参考にしてみてください。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

Copyright© 登録販売者試験対策 , 2022 All Rights Reserved.