手引き改定に伴い随時更新中

異常な眩しさと充血について

2 0 M 9 ヶ月、 1 週前

関東・甲信越のR3年の問91について、
連用により異常な眩しさを生じる成分は、抗コリン作用と同様の作用を示すので、クロルフェニラミンもですか?

連用により異常な眩しさ、かえって充血の両方を示すのはテトラヒドロゾリンということは、分かりましたが。

コメント一覧

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 2021年9月20日 6:31 PM

    ありがとうございます♪
    助かりました!

  • 2021年9月18日 11:31 PM

    クロルフェニラミンは、抗ヒスタミン成分であり、抗コリン成分と同様に異常な眩しさを起こすことがあります。

    ただ、この問題に関しては、「連用により~」というところがポイントになりますので、テトラヒドロゾリンについての問いになります。

    また、クロルフェニラミンにより充血の副作用は知られていないため、もし、この問題に、テトラヒドロゾリンが含まれていない場合には、「誤」で問題ないです。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)

コメントを投稿する

コメントをするにはログインまたは無料ユーザー登録をしてください。

このトピックと一緒によく見られているトピック

Copyright© 登録販売者試験対策 , 2022 All Rights Reserved.