更新中

現在サイトを2019年版へ更新中です。

2018年 北海道 青森 岩手 宮城 山形 秋田 福島の登録販売者試験過去問題 第3章 主な医薬品とその作用 問1~10


2018年【北海道 青森 岩手 宮城 山形 秋田 福島】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

第3章 主な医薬品とその作用 問1~10

問1 次の記述は、かぜ及びかぜ薬に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

a かぜは単一の疾患ではなく、上気道の急性炎症の総称である。

b かぜの約8割は細菌の感染が原因であるが、それ以外にウイルスの感染や、まれに冷気や乾燥、アレルギーのような非感染性の要因による場合もある。

c かぜ薬とは、ウイルスの増殖を抑えたり、ウイルスを体内から除去する医薬品の総称である。

d 発熱、咳、鼻水など症状がはっきりしている場合には、解熱鎮痛薬、鎮咳去痰薬、 鼻炎を緩和させる薬などを選択することが望ましい。

1(a、b)
2(a、d)
3(b、c)
4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤 :かぜの約8割はウイルスが原因
  2. 誤 :かぜ薬はウイルスの増殖等を抑えるものでなく、咳や発熱の症状を抑える対症療法薬です。
  3. 正 

正解 2

出題範囲の解説ページ

第3章-1日目:Ⅰ-①かぜ薬

 


問2 かぜ薬に配合される成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a ベラドンナ総アルカロイドは、鼻汁分泌やくしゃみを抑えることを目的として配合される場合がある。

b アドレナリン作動成分は、痰の切れを良くすることを目的として配合される場合がある。

c チペピジンヒベンズ酸塩は、咳を抑えることを目的として配合される場合がある。

d セミアルカリプロティナーゼは、鼻粘膜や喉の炎症による腫れを和らげることを目的として配合される場合がある。

a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 誤 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 正 誤 誤 誤

 

 

解説

  1. 正 :ベラドンナ総アルカロイドは抗コリン成分で、鼻水、くしゃみを抑えます。
  2. 誤 :アドレナリン作動成分は、鼻粘膜の充血を和らげ、気管・気管支を拡げる成分です。
  3. 正 :チペピジンヒベンズ酸塩は非麻薬性の鎮咳去痰薬です。

正解 2

出題範囲の解説ページ

第3章-1日目:Ⅰ-①かぜ薬

 


問3 化学的に合成された解熱鎮痛成分(アセトアミノフェンを除く。)に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 悪寒・発熱時の解熱のほか、頭痛、関節痛に用いられるが、筋肉痛、肩こり痛には用いられない。

b 末梢におけるプロスタグランジンの産生抑制は、腎血流量を減少させるため、腎機能に障害があると、その症状を悪化させる可能性がある。

c アスピリン喘息は、アスピリン特有の副作用であり、他の解熱鎮痛成分では生じない。

d イブプロフェンは、プロスタグランジンの産生を抑制することで消化管粘膜の防御機能を上昇させる。

a b c d
1 正 誤 誤 誤
2 正 正 誤 正
3 誤 正 誤 誤
4 誤 誤 正 正
5 正 正 正 正

 

 

解説

  1. 誤 :筋肉痛、肩こり痛にも適用します。
  2. 誤 :アスピリン喘息はアスピリン特有ではなく、他の解熱鎮痛成分でも生じる。
  3. 誤 :プロスタグランジンの産生を抑制することで、消化管粘膜の防御機能を低下させる。

正解 3

出題範囲の解説ページ

第3章-2日目:Ⅰ-②: 解熱鎮痛薬

 


問4 次の記述は、解熱鎮痛成分に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

a アスピリンは、専ら小児の解熱を目的として、一般用医薬品の坐薬に配合される。

b イソプロピルアンチピリンは、解熱及び鎮痛の作用は弱いが、抗炎症作用は強いため、他の解熱鎮痛成分と組み合わせて配合される。

c アセトアミノフェンは、主として中枢作用によって解熱・鎮痛をもたらすため、末梢における抗炎症作用は期待できない。

d イブプロフェンは、まれに重篤な副作用として、肝機能障害を生じることがある。

1(a、b)
2(a、c)
3(b、d)
4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤 :アスピリンは15歳未満には使用禁止となっている。アセトアミノフェンであれば正解
  2. 誤 :イソプロピルアンチピリンは解熱、鎮痛作用が強く、抗炎症作用が弱いため、組み合わせて配合される。
  3. 正 :末梢のプロスタグランジン抑制作用を示さないため、胃腸障害が少ない。

正解 4

出題範囲の解説ページ

第3章-2日目:Ⅰ-②: 解熱鎮痛薬

 


問5 次の記述は、催眠鎮静薬に配合される成分に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

a 小児及び若年者では、抗ヒスタミン成分により眠気とは反対の神経過敏や中枢興奮などが現れることがある。

b ブロモバレリル尿素は、胎児に障害を引き起こす可能性があるため、妊婦又は妊娠していると思われる女性は使用を避けるべきである。

c 神経の興奮・緊張緩和を期待して配合されることのあるチョウトウコウは、クロ ウメモドキ科のサネブトナツメの種子を基原とする生薬である。

d アリルイソプロピルアセチル尿素を含む催眠鎮静薬の服用時には、特段飲酒を避ける必要はない。

1(a、b)
2(a、c)
3(b、d)
4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤 :サンソウニンの説明文、チョウトウコウはアカネ科のカギカズラ等の通例とげを基原とする生薬
  2. 誤 :催眠鎮静薬はアルコールの摂取により薬効・副作用を増強されるおそれがあるため避ける。

正解 1

出題範囲の解説ページ

第3章-3日目:Ⅰ-③: 眠気に関する医薬品

 


問6 眠気防止薬及びその有効成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合 わせはどれか。

a カフェインには、胃液分泌亢進作用があり、その結果、副作用として胃腸障害(食 欲不振、悪心・嘔吐)が現れることがある。

b 妊娠中にカフェインを摂取した場合、吸収されて循環血液中に移行したカフェインの一部は、血液-胎盤関門を通過して胎児に到達することが知られている。

c 眠気防止薬には、眠気を抑える成分として、チアミン塩化物塩酸塩、タウリンが配合されている場合がある。

d かぜ薬やアレルギー用薬などを使用したことによる眠気を抑えるために、眠気防止薬を使用するのは適切ではない。

a b c d
1 正 正 誤 正
2 正 誤 正 誤
3 正 正 正 誤
4 誤 誤 誤 正
5 誤 正 正 正

 

 

解説

  1. 誤 :眠気を抑える成分はカフェインです。チアミン、タウリンは眠気による倦怠感を抑ため補助目的で配合される。
  2. 正 :かぜ薬で一緒に配合される場合は、鎮痛補助として配合されている。

正解 1

出題範囲の解説ページ

第3章-3日目:Ⅰ-③: 眠気に関する医薬品

 


問7 鎮暈薬(乗物酔い防止薬)に配合される成分に関する以下の記述のうち、正しいものはどれか。

1 ジフェニドール塩酸塩は、内耳にある前庭と脳を結ぶ神経(前庭神経)の調節作用のほか、内耳への血流を改善する作用を示す。

2 メクリジン塩酸塩は、他の抗ヒスタミン成分と比べて作用が早く現れ、持続時間は短い。

3 ジフェンヒドラミンテオクル酸塩は、不安や緊張などを和らげることで、心理的な要因による乗物酔いの発現を抑える。

4 ブロモバレリル尿素は、胃粘膜への麻酔作用によって嘔吐刺激を和らげ、乗物酔いに伴う吐き気を抑えることを目的として配合されている場合がある。

 

 

解説

  1. 誤 :メクリジンは作用発現が遅く、持続時間が長い
  2. 誤 :ジフェンヒドラミンを含む抗ヒスタミン成分は延髄にある嘔吐中枢への刺激や内耳の前庭における自律神経反射を抑える作用
  3. 誤 :ブロモバレリル尿素は不安や緊張などを和らげることで、心理的な要因による乗物酔いの発現を抑える。

正解 1

出題範囲の解説ページ

第3章-4日目:Ⅰ-④:鎮暈薬と小児鎮静薬について

 


問8 次の記述は、鎮咳去痰薬に配合される生薬成分の基原及び作用に関するものであ る。正しいものの組み合わせはどれか。

a キョウニンは、オオバコ科のオオバコの花期の全草を基原とする生薬で、去痰作用を期待して用いられる。

b ナンテンジツは、メギ科のシロミナンテン(シロナンテン)又はナンテンの果実を基原とする生薬で、知覚神経・末梢運動神経に作用して咳止めに効果があるとさ れる。

c セネガは、ヒメハギ科のセネガ又はヒロハセネガの根を基原とする生薬で、鎮咳作用を期待して用いられる。

d キキョウは、キキョウ科のキキョウの根を基原とする生薬で、痰又は痰を伴う咳に用いられる。

1(a、b)
2(a、c)
3(b、d)
4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤 :シャゼンソウの説明文です。キョウニンはバラ科のホンアンズ等の種子で、代謝物の一部が延髄の呼吸中枢、咳嗽中枢を鎮静させる作用を示す。
  2. 誤 :前半は正解、セネガは去痰作用を示す。

正解 3

出題範囲の解説ページ

第3章-5日目:Ⅱ-① 鎮咳去痰薬

 


問9 次の1~5で示される鎮咳去痰薬に配合される成分のうち、延髄の咳嗽中枢に作用して咳を抑えることを目的とする非麻薬性鎮咳成分はどれか。

1 ジヒドロコデインリン酸塩

2 ノスカピン

3 ブロムヘキシン塩酸塩

4 トラネキサム酸

5 クロルフェニラミンマレイン酸塩

 

 

解説

  1. 誤 :麻薬性鎮咳成分
  2. 誤 :去痰成分
  3. 誤 :抗炎症成分
  4. 誤 :抗ヒスタミン成分

正解 2

出題範囲の解説ページ

第3章-5日目:Ⅱ-① 鎮咳去痰薬

 


問10 次の記述は、口腔咽喉薬やうがい薬(含嗽薬)の一般的な注意事項に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

a トローチ剤やドロップ剤は、口中に含み、噛み砕いた後、すぐに飲み込むようにして使用されることが重要である。

b 噴射式の液剤は、息を吸いながら噴射すると気管支や肺に入ってしまうおそれがあるため、軽く息を吐いたり、声を出しながら噴射することが望ましい。

c 含嗽薬は、水で用時希釈又は溶解して使用するものが多いが、調製した濃度が濃い方が効果的である。

d 口内炎などにより口腔内にひどいただれがある人では、刺激感等が現れやすいほか、循環血流中への移行による全身的な影響も生じやすくなる。

1(a、b)
2(a、c)
3(b、d)
4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤 :トローチ、ドロップ剤は口腔内、咽頭の局所作用のため、嚙み砕かず溶かして使用する。
  2. 誤 :使用する濃度は濃すぎても、薄すぎても効果は十分得られない。

正解 3

出題範囲の解説ページ

第3章-6日目:Ⅱ-②口腔咽喉薬、 含嗽薬

 


出題範囲の解説ページまとめ

問1~2:第3章-1日目:Ⅰ-①かぜ薬

問3~4:第3章-2日目:Ⅰ-②: 解熱鎮痛薬

問5~6:第3章-3日目:Ⅰ-③: 眠気に関する医薬品

問7   :第3章-4日目:Ⅰ-④:鎮暈薬と小児鎮静薬について

問8~9:第3章-5日目:Ⅱ-① 鎮咳去痰薬

問10   :第3章-6日目:Ⅱ-②口腔咽喉薬、 含嗽薬

北海道 青森 岩手 宮城 山形 秋田 福島の過去問題に戻る

広告A

広告b

2019年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン



更新日:

執筆者:吉川 泰紀

Copyright© 2019年登録販売者試験対策 , 2019 All Rights Reserved.