2017年 埼玉 千葉 東京 神奈川の登録販売者試験過去問題 第3章 主な医薬品とその作用 問21~30


2017年【埼玉 千葉 東京 神奈川】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。


第3章 主な医薬品とその作用 問21~30

問21 外用痔疾用薬の配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a イソプロピルメチルフェノールは、血管収縮作用による止血効果を期待して用いられる。

b テトラヒドロゾリン塩酸塩は、粘膜表面に不溶性の膜を形成することによる粘膜の保護・止血を目的として配合され、ロートエキスと組み合わせて用いられることがある。

c ジブカイン塩酸塩が配合された坐剤及び注入軟膏では、まれに重篤な副作用としてショック(アナフィラキシー)を生じることがある。

d プレドニゾロン酢酸エステルが配合された坐剤及び注入軟膏では、その含有量によらず長期連用を避ける必要がある。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、c) 4(b、d) 5(c、d)

 

 

解説

  1. 誤 :イソプロピルメチルフェノールは殺菌消毒成分
  2. 誤 :タンニン酸の説明文

正解 5

出題範囲の解説ページ

第3章-12日目:Ⅴ- 痔 の薬、泌尿器用薬

 


問22 次の記述にあてはまる内用痔疾用薬として用いられる漢方処方製剤はどれか。

体力中等度以上で大便が硬く、便秘傾向のあるものの痔核(いぼ痔)、切れ痔、便秘、軽度の脱肛に適すとされるが、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)、胃腸が弱く下痢しやすい人では、悪心・嘔吐、激しい腹痛を伴う下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。

1 牛車腎気丸
2 八味地黄丸
3 乙字湯
4 竜胆瀉肝湯
5 猪苓湯

 

 

解説

痔の漢方は2種類

  • 乙字湯:便秘の痔核、カンゾウ、ダイオウ含有 
  • 芎帰膠艾湯:出血傾向があり、胃腸障害がないものの痔出血、カンゾウ含有

正解 3 

出題範囲の解説ページ

第3章-12日目:Ⅴ- 痔 の薬、泌尿器用薬

 


問23 婦人薬の適用対象となる体質・症状及び婦人薬の配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 更年期においては、月経周期が不規則になるほか、不定愁訴として血の道症の症状に加え、冷え症、腰痛等の症状が起こることがあり、こうした症候群を更年期障害という。

b 月経の周期には、視床下部や下垂体で産生されるホルモンと、子宮で産生される女性ホルモンが関与している。

c ボタンピは、鎮痛・鎮痙作用を期待して用いられる。

d 月経の約10日前から3日前に現れ、月経開始と共に消失する腹部膨満感、頭痛、乳房痛などの身体症状や感情の不安定、興奮、抑鬱などの精神症状を主体とするものを、 月経前症候群という。

a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 誤 正 正
3 正 誤 誤 誤
4 誤 誤 正 正
5 正 正 誤 正

 

 

解説

  1. 誤 :子宮ではなく卵巣
  2. 正 :シャクヤクも同様な作用
  3. 正 

正解 2

出題範囲の解説ページ

第3章-13日目:Ⅵ 婦人薬

 


問24 アレルギー及びアレルギー用薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 皮膚症状が治まると喘息が現れるというように、種々のアレルギー症状が連鎖的に現れる場合は、一般用医薬品によって一時的な対処を図るよりも、医療機関で総合的な診療を受けた方がよい。

b 一般用医薬品には、アトピー性皮膚炎による慢性湿疹等の治療に用いることを目的とするものがある。

c 一般の生活者では、使用目的となる症状(蕁麻疹等)と副作用の症状(皮膚の発疹・ 発赤等の薬疹)が見分けにくいことがあり、医薬品の販売等に従事する専門家において 適宜注意を促していくことが重要である。

  a b c
1 誤 正 誤
2 正 正 正
3 正 誤 正
4 誤 誤 誤
5 正 正 誤

 

 

解説

  1. 正 
  2. 誤 :一般薬は基本的に慢性疾患には適応しません。

正解 3

出題範囲の解説ページ

第3章-14日目:Ⅶ 内服アレルギー用薬

 


問25 鼻炎用内服薬に関する次の記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。

鼻炎用内服薬では、 ( a )系を刺激して鼻粘膜の血管を収縮させることによって鼻粘膜の充血や腫れを和らげることを目的として、( b )等の( c )成分が配合されている場合がある。

  a b c
1 交感神経 フェニレフリン塩酸塩 アドレナリン作動
2 交感神経 クロルフェニラミンマレイン酸塩 抗コリン
3 副交感神経 フェニレフリン塩酸塩 アドレナリン作動
4 副交感神経 クロルフェニラミンマレイン酸塩 抗コリン
5 副交感神経 フェニレフリン塩酸塩 抗コリン

 

 

解説

  1. 交感神経
  2. フェニレフリン塩酸塩
  3. アドレナリン作動

この他、ナファゾリン、テトラヒドロゾリンが同じ分類にあります。

正解 1

出題範囲の解説ページ

第3章-15日目:Ⅷ 点鼻薬


 


問26 眼科用薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 一般用医薬品の点眼薬には、緑内障の症状を改善できるものがある。

b 人工涙液は、目の疲れや痒み、結膜充血等の症状を抑える成分が配合されているものである。

c 点眼薬の使用によって、全身性の副作用が現れることはない。

d コンタクトレンズをしたままでの点眼は、添付文書に使用可能と記載されていない限り行うべきでない。

a b c d
1 誤 正 誤 誤
2 誤 誤 誤 正
3 正 誤 正 誤
4 正 正 誤 正
5 誤 正 正 正

 

 

解説

  1. 誤 :一般用医薬品の点眼薬は、目の疲れやかすみ、痒みの緩和を目的とする。
  2. 誤 :人工涙液は目の疲れや乾きに適応する
  3. 誤 :鼻腔内に流れ込むことで、全身性の副作用の可能性がある。

正解 2

出題範囲の解説ページ

第3章-16日目:Ⅸ 眼科用薬

 


問27 眼科用薬の配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a テトラヒドロゾリン塩酸塩が配合された点眼薬を連用又は頻回に使用すると、異常なまぶしさを感じたり、かえって充血を招くことがある。

b イプシロン-アミノカプロン酸は、抗菌作用を有し、細菌感染(ブドウ球菌や連鎖球菌)による結膜炎やものもらい(麦粒腫)眼瞼、炎などの化膿性の症状の改善を目的として用いられる。

c コンドロイチン硫酸ナトリウムは、角膜の乾燥を防ぐことを目的として用いられることがある。

d ネオスチグミンメチル硫酸塩は、コリンエステラーゼの働きを助ける作用を示し、毛様体におけるアセチルコリンの働きを抑えることで、目の調節機能の改善を目的として用いられる。

a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 誤
4 誤 誤 正 正
5 誤 正 誤 正

 

 

解説

  1. 正 
  2. 誤 :抗菌薬ではなく、抗炎症成分であり、炎症の原因となる物質の生成を抑える。
  3. 誤 :コリンエステラーゼの働きを阻害し、アセチルコリンの働きを助ける

正解 3

出題範囲の解説ページ

第3章-16日目:Ⅸ 眼科用薬

 


問28 殺菌消毒薬の配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a ヨードチンキは、ヨウ素及びヨウ化カリウムをエタノールに溶解させたもので、皮膚刺激性が弱く、粘膜や目の周りの消毒に用いることができる。

b ベンザルコニウム塩化物は、陽性界面活性成分であり、石鹸との混合によって殺菌消毒効果が低下する。

c クロルヘキシジングルコン酸塩は、一般細菌類、真菌類に対して比較的広い殺菌消毒作用を示す。

a b c
1 正 正 正
2 正 正 誤
3 正 誤 正
4 誤 誤 誤
5 誤 正 正

 

 

解説

  1. 誤 :皮膚刺激性が強く、粘膜や目の周りへの使用は避ける必要がある
  2. 正 :結核菌、ウイルスには効果なし

正解 5

出題範囲の解説ページ

第3章-17日目:Ⅹ-① 皮膚の 殺菌消毒

 


問29 外皮用薬及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a ヘパリン類似物質は、創傷面に浸透して、その部位を通っている血管を収縮させることによる止血効果を期待して用いられる。

b 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、喘息の副作用を引き起こすことはない。

c ピロキシカムは、光線過敏症の副作用を生じることがあり、野外活動が多い人では、 他の抗炎症成分が配合された製品を選択することが望ましい。

d 酸化亜鉛は、患部のタンパク質と結合して皮膜を形成し皮膚を保護する作用を示し、 患部が浸潤又は化膿している場合に用いる。

a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 誤 正
4 誤 誤 正 正
5 誤 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤 :ヘパリン類似物質は血行促進成分です。
  2. 誤 :外用剤においても喘息の副作用の可能性があります。
  3. 正 :ブフェキサマクやケトプロフェンも光線過敏症の可能性あり
  4. 誤 :浸潤、化膿している場合は症状の悪化の可能性がある。

正解 5

出題範囲の解説ページ

第3章-18日目:Ⅹ-② 皮膚の痛み 、痒み、保湿 

 


問30 角質軟化薬及びにきび用薬の配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a ホモスルファミンは、細菌の細胞壁合成を阻害することにより抗菌作用を示す。
b クロラムフェニコールは、細菌のタンパク質合成を阻害することにより抗菌作用を示す。
c サリチル酸は、角質成分を溶解することにより角質軟化作用を示す。
d バシトラシンは、皮膚の角質層を構成するケラチンを変質させることにより、角質軟化作用を示す。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、c) 4(b、d) 5(c、d)

 

 

解説

  1. 誤 :サルファ剤は細菌のDNA合成阻害です。
  2. 誤 :バシトラシンは細菌の細胞壁合成阻害です。

正解 3

出題範囲の解説ページ

第3章-19日目:Ⅹ-③ 皮膚の 抗菌、抗真菌と 発毛


 


出題範囲の解説ページまとめ

問21~22:第3章-12日目:Ⅴ- 痔 の薬、泌尿器用薬

問23   :第3章-13日目:Ⅵ 婦人薬

問24   :第3章-14日目:Ⅶ 内服アレルギー用薬

問25   :第3章-15日目:Ⅷ 点鼻薬

問26~27:第3章-16日目:Ⅸ 眼科用薬

問28   :第3章-17日目:Ⅹ-① 皮膚の 殺菌消毒

問29   :第3章-18日目:Ⅹ-② 皮膚の痛み 、痒み、保湿 

問30   :第3章-19日目:Ⅹ-③ 皮膚の 抗菌、抗真菌と 発毛

埼玉 千葉 東京 神奈川の過去問題に戻る

広告A

広告b

2019年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン

固定記事下部関連広告



執筆者: 吉川 泰紀

Copyright© 2019年登録販売者試験対策 , 2019 All Rights Reserved.