2018年 大阪の登録販売者試験過去問題 第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 問11~20


2018年(H30)【大阪】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 問11~20

問11 次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号 を解答用紙に記入しなさい。

a.ビタミンA含有製剤のように、妊娠前後の一定期間に通常の用量を超えて摂取すると胎児に先天異常を起こす危険性が高まるとされているものがある。

b.一般用医薬品において、多くの場合、妊婦が使用した場合における安全性に関する評価が困難であるため、妊婦の使用については「相談すること」としているものが多い。

c.授乳婦が使用した医薬品の成分が乳汁中に移行することはない。

    a b c
1 正 正 正
2 誤 正 誤
3 誤 誤 正
4 正 誤 誤
5 正 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:乳汁中に一部の医薬品が移行する場合がある。

正解 5

出題範囲のページ

第1章-2日目:Ⅱ 医薬品の効き目 や安全性に影響を与える要因

 


問12 医療機関で治療を受けている人等が一般用医薬品を使用する場合、配慮しなければならないことに関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

a.疾患の種類や程度によっては、一般用医薬品の有効性や安全性に影響を与える要因となることがある。

b.登録販売者は医療機関・薬局で交付された薬剤を使用している人に対し、一般用医薬品との併用の可否について、その薬剤を処方した医師若しくは歯科医師又は調剤を行った薬剤師に相談するよう説明する必要がある。

c.医療機関での治療は特に受けていない場合であっても、医薬品の種類や配合成分等によっては、特定の症状がある人が使用するとその症状を悪化させるおそれがある。

     a b c
1 正 正 正
2 正 正 誤
3 誤 誤 正
4 正 誤 誤
5 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 正:医療機関・薬局で交付された薬剤を使用している人については、登録販売者において一般用医薬品との併用の可否を判断することは困難なことが多いため

正解 1

出題範囲のページ

第1章-2日目:Ⅱ 医薬品の効き目 や安全性に影響を与える要因

 


問13 プラセボ効果について、次のa~cの( )に入る字句の正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

医薬品を使用したとき、結果的又は偶発的に( a )によらない作用を生じること をプラセボ効果(( b )効果)という。プラセボ効果は、医薬品を使用したこと自体による楽観的な結果への期待(暗示効果)や、条件付けによる生体反応、時間経過による( c )な変化等が関与して生じると考えられている。

  a b c
1 薬理作用 偽薬 自然発生的
2 生理作用 相乗 人為的
3 薬理作用 偽薬 人為的
4 生理作用 偽薬 自然発生的
5 薬理作用 相乗 自然発生的

 

 

解説

  1. 薬理作用
  2. 偽薬
  3. 自然発生的

正解 1

出題範囲のページ

第1章-2日目:Ⅱ 医薬品の効き目 や安全性に影響を与える要因

 


問14 医薬品の品質に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. 医薬品は、高温や多湿によって品質の変化を起こしやすいものが多いが、光(紫外線)による劣化はない。
  2. 一般用医薬品は、購入後すぐに使用されるとは限らず、家庭における常備薬として購入されることも多いことから、外箱等に記載されている使用期限から十分な余裕をもって販売等がなされるべきである。
  3. 表示された「使用期限」は、開封の有無にかかわらず品質が保持される期限である。

     a b c
1 誤 誤 正
2 正 正 誤
3 誤 正 正
4 正 誤 誤
5 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:光による劣化も起こりえます
  2. 誤:「使用期限」は未開封状態で保存された場合に品質が保持される期限です。

正解 5

出題範囲のページ

第1章-2日目:Ⅱ 医薬品の効き目 や安全性に影響を与える要因

 


問15 一般用医薬品の販売時に登録販売者が留意するべき事項に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. 購入者等に対して常に自己の経験だけに基づいた正確な情報提供を行い、セルフメディケーションを適切に支援していくことが期待されている。
  2. 激しい腹痛があるなど、症状が重いときでも、まず、一般用医薬品を使用して症状の緩和を図るよう勧める必要がある。
  3. 一般用医薬品で対処可能な症状等の範囲は、乳幼児や妊婦等では、通常の成人の場合に比べ、その範囲は限られてくることに留意される必要がある。

    a b c
1 正 正 正
2 正 正 誤
3 誤 誤 正
4 正 誤 誤
5 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:「自己の経験」ではなく、「科学的根拠」
  2. 誤:症状が重いときは、医師の診察を受ける必要がある

正解 3

出題範囲のページ

第1章-3日目:Ⅲ適切な医薬品選択と受診勧奨

 


問16 一般用医薬品の販売時に行うコミュニケーションに関する次のa~cの記述の正誤に ついて、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. 情報提供は、説明した内容が購入者等にどう理解され、行動に反映されているかなどの実情を把握しながら行うことにより、その実効性が高まる。
  2. 購入者側に情報提供を受けようとする意識が乏しい場合には、コミュニケーションを図る必要はない。
  3. 購入者等が医薬品を使用する状況は随時変化する可能性があるため、販売数量は一時期に使用する必要量とする等、販売時のコミュニケーションの機会が継続的に確保されるよう配慮することが重要である。

    a b c
1 正 正 正
2 誤 正 誤
3 誤 誤 正
4 正 誤 誤
5 正 誤 正

 

 

解説

  1. 誤:情報をできる限り引き出し、可能な情報提供を行っていくことが望ましい

正解 5

出題範囲のページ

第1章-3日目:Ⅲ適切な医薬品選択と受診勧奨

 


問17 次のa~dの記述について、正しいものの組み合わせを下の1~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. サリドマイド訴訟は、催眠鎮静剤等として販売されたサリドマイド製剤を妊娠している女性が使用したことにより、出生児に四肢欠損、耳の障害等の先天異常が発生したことに対する損害賠償訴訟である。
  2. サリドマイドは、副作用として血管新生を促進する作用があった。
  3. 日本では、サリドマイド製剤の催奇形性について海外から警告が発せられた後、直ちに出荷停止、回収措置がとられた。
  4. サリドマイドによる薬害事件は、世界的に問題となったため、WHO(世界保健機関)加盟国を中心に市販後の副作用情報の収集の重要性が改めて認識され、各国における副作用情報の収集体制の整備が図られることとなった。

1.(a ,b) 2.(a ,c) 3.(a ,d)
4.(b ,d) 5.(b ,c)

 

 

解説

  1. 誤:血管新生を阻害する作用がある。
  2. 誤:日本での対応の遅さが問題視されました。

正解 3

出題範囲のページ

第1章-4日目:Ⅳ 薬害の歴史

 


問18 次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. スモン訴訟は、解熱鎮痛薬として販売されたキノホルム製剤を使用したことにより、亜急性脊髄視神経症(スモン)に罹患したことに対する損害賠償訴訟であ る。
  2. スモンはその症状として、激しい腹痛を伴う下痢、下半身の痺れ、歩行困難等が現れるが、麻痺が上半身に拡がることはない。
  3. スモン訴訟を契機の一つとして、医薬品の副作用による健康被害の迅速な救済を図るため、医薬品副作用被害救済制度が創設された。

a b c
1 正 正 正
2 正 正 誤
3 誤 誤 正
4 正 誤 誤
5 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:キノホルム製剤は整腸剤として販売
  2. 誤:麻痺は上半身に拡がる場合がある。

正解 3

出題範囲のページ

第1章-4日目:Ⅳ 薬害の歴史

 


問19 HIV訴訟を契機としたHIV感染者に対する恒久対策及び医薬品の安全対策に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. 献血時の問診の充実が図られた。
  2. エイズ治療研究開発センターが整備された。
  3. 製薬企業に対し、従来の副作用報告に加えて感染症報告が義務づけられた。

    a b c
1 正 正 正
2 正 誤 正
3 誤 誤 正
4 正 誤 誤
5 誤 正 誤

 

 

解説

この他、「緊急輸入」制度の創設に関する法改正もされました。

正解 1

出題範囲のページ

第1章-4日目:Ⅳ 薬害の歴史

 


問20 次の1~5の記述について、誤っているものを一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。 ※ CJDとはクロイツフェルト・ヤコブ病をいう。
  1. CJD訴訟は脳外科手術等に用いられたウシ乾燥硬膜を介してCJDに罹患したことに対する損害賠償訴訟である。
  2. CJDは、タンパク質の一種であるプリオンが原因であるとされている。
  3. CJD訴訟は、国、輸入販売業者及び製造業者を被告として提訴された。
  4. CJD訴訟は、生物由来製品による感染等被害救済制度が創設される契機の一つとなった。
  5. CJD訴訟の和解を踏まえて、CJD患者の入院対策・在宅対策の充実等の措置が講じられるようになった。

 

 

解説

  1. 誤:ウシではなく、ヒト乾燥硬膜です。

正解 1

出題範囲のページ

第1章-4日目:Ⅳ 薬害の歴史

 



2018年 大阪の過去問題  

内容 問題(解説付き) 模擬試験用(解説なし)
第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 1~10 11~20

午前問題

答え

午後問題

答え

第2章 人体の働きと医薬品 1~10 11~20
第3章 主な医薬品とその作用 1~10 11~20 21~30 31~40
第4章 薬事関係法規・制度 1~10 11~20
第5章 医薬品の適正使用・安全対策 1~10 11~20

大阪の過去問題に戻る

広告A

広告b

2020年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン

固定記事下部関連広告



執筆者: 吉川 泰紀

Copyright© 2020年登録販売者試験対策 , 2020 All Rights Reserved.