サイト更新中

2019年 奈良の登録販売者試験過去問題 第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 問1~10


2019年(R01)【奈良】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

広告A

第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 問1~10

問1 医薬品の本質に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 人体に対して使用されない医薬品は、人の健康に影響を与えることはない。
  2. 医薬品が人体に及ぼす作用は、複雑、かつ、多岐に渡り、そのすべてが解明されていないため、必ずしも期待される有益な効果(薬効)のみをもたらすとは限らず、好ましくない反応(副作用)を生じる場合がある。
  3. 一般の生活者は、一般用医薬品に添付されている添付文書を見れば、効能効果や副作用について誤解や認識不足が生じることはない。
  4. 医薬品は、人の疾病の治療に使用されるものであり、予防のために使用されるものではない。

  a b c d
1 誤 正 誤 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 正 誤
4 正 誤 誤 正
5 誤 正 誤 正

 

 

解説

  1. 誤:例えば殺虫剤の中には誤って人体に使用すると健康を害するものがあるなど、人体に対して使用されない医薬品であっても人の健康に影響を与えることがある。
  2. 誤:一般用医薬品には、添付文書や製品表示に必要な情報が記載されているが、一般の生活者自ら医薬品を選択して使用するため、誤解や認識不足を生じることがある。
  3. 誤:医薬品は人の疾病の診断、治療若しくは予防に使用されること、又は人の身体の構造や機能に影響を及ぼすことを目的とする生命関連製品であり、その有用性が認められたものである。

正解 1

出題範囲のページ

第1章-1日目:Ⅰ 医薬品概論

 


問2 医薬品のリスク評価に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 医薬品の効果とリスクは、薬物曝露時間と曝露量の和で表現される用量-反応関係に基づいて評価される。
  2. 動物実験により求められる50%致死量(LD50)は、薬物の毒性の指標として用いられる。
  3. 治療量を超えた量を単回投与する場合に、毒性が発現するおそれが高くなるが、投与量が少量であれば長期投与された場合でも、毒性が発現することはない。
  4. 医薬品に対しては、製造販売後の調査及び試験の実施基準としてGood Post-marketing Study Practice(GPSP)と製造販売後安全管理基準としてGood Vigilance Practice(GVP)が制定されている。

1(a、b) 2(a、c)
3(b、d) 4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:医薬品の効果とリスクは、薬物曝露時間と曝露量ので表現される用量-反応関係に基づいて評価される。
  2. 誤:少量の投与でも長期投与されれば慢性的な毒性が発現する場合もある。

正解 3

出題範囲のページ

第1章-1日目:Ⅰ 医薬品概論

 


問3 健康食品に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 「機能性表示食品」は、健康の維持及び疾病の治療に役立つ旨又は適する旨を表示するものである。
  2. 健康補助食品(いわゆるサプリメント)の中にはカプセル、錠剤等の医薬品と類似した形状で発売されているものも多く、誤った使用法により健康被害を生じた例も報告されている。
  3. 「栄養機能食品」は、タンパク質、脂質及び炭水化物に対して「栄養機能の表示」ができる。
  4. 医薬品を扱う者は、いわゆる健康食品は医薬品と異なるものであることを認識し、消費者に指導・説明を行わなくてはならない。

  a b c d
1 誤 正 誤 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 正 誤
4 正 誤 誤 正
5 誤 正 誤 正

 

 

解説

  1. 誤:機能性表示食品は、疾病に罹患していない者の健康の維持及び増進に役立つ旨又は適する旨(疾病リスクの低減に係るものを除く)を表示するものである。
  2. 誤:「栄養機能食品」については、各種ビタミンミネラルに対して「栄養機能の表示」ができる。

正解 5

出題範囲のページ

第1章-1日目:Ⅰ 医薬品概論

 


問4 医薬品の副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 世界保健機関(WHO)の定義によれば、医薬品の副作用とは、「疾病の予防、診断、治療のため、又は身体の機能を正常化するために、人に通常用いられる量で発現する医薬品の有害かつ意図しない反応」とされている。
  2. 副作用は、薬理作用によるものとアレルギー(過敏反応)に大別される。
  3. 副作用は、容易に異変を自覚できるものばかりである。
  4. 一般用医薬品は、通常、その使用を中断することによる不利益よりも、重大な副作用を回避することが優先される。

  a b c d
1 正 誤 誤 正
2 誤 誤 正 誤
3 誤 正 誤 誤
4 正 正 誤 正
5 正 誤 正 正

 

 

解説

  1. 誤:副作用は、容易に異変を自覚できるものばかりでなく、血液や内臓機能への影響等のように、直ちに明確な自覚症状として現れないこともある。

正解 4

出題範囲のページ

第1章-2日目:Ⅱ 医薬品の効き目 や安全性に影響を与える要因

 


問5 アレルギー(過敏反応)に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 基本的に薬理作用がない添加物は、アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)とはならない。
  2. 普段は医薬品にアレルギーを起こしたことがない人でも、病気等に対する抵抗力が低下している状態などの場合には、医薬品がアレルゲンになることがあり、思わぬアレルギーを生じることがある。
  3. 内服薬だけでなく、外用薬でもアレルギーが引き起こされることがある。
  4. アレルギーには体質的・遺伝的な要素はないと考えられている。

  a b c d
1 正 正 誤 正
2 誤 誤 正 誤
3 誤 正 誤 誤
4 誤 正 正 誤
5 正 誤 誤 正

 

 

解説

  1. 誤:医薬品の有効成分だけでなく、薬理作用がない添加物も、原因物質(アレルゲン)となりえる。
  2. 誤:アレルギーには体質的・遺伝的な要素もある。

正解 4

出題範囲のページ

第1章-2日目:Ⅱ 医薬品の効き目 や安全性に影響を与える要因

スポンサーリンク

広告A


問6 医薬品の不適正な使用と有害事象に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 小児への使用を避けるべき医薬品を「子供だから大人用のものを半分にして飲ませればよい」として服用させるなど、安易に医薬品を使用する場合には、有害事象につながる危険性が高い。
  2. 薬物依存は、一度形成されても、そこから離脱することは容易である。
  3. 一般用医薬品にも、習慣性・依存性がある成分を含んでいるものがあり、しばしば乱用されることが知られている。
  4. 医薬品の販売等に従事する専門家においては、必要以上の大量購入や頻回購入を試みる不審な購入者には慎重に対処する必要があり、積極的に事情を尋ねたり、状況によっては販売を差し控えるなどの対応が図られることが望ましい。

  a b c d
1 正 誤 誤 正
2 誤 誤 正 誤
3 誤 正 誤 誤
4 正 正 誤 正
5 正 誤 正 正

 

 

解説

  1. 誤:一度、薬物依存が形成されると、そこから離脱することは容易ではない。

正解 5

出題範囲のページ

第1章-2日目:Ⅱ 医薬品の効き目 や安全性に影響を与える要因

 


問7 医薬品の相互作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 外用薬や注射薬であっても、食品によって医薬品の作用や代謝に影響を受ける可能性がある。
  2. 一般用医薬品は、他の医薬品と併用した場合に、同様な作用を持つ成分が重複することがあるが、これにより、作用が強く出過ぎることはない。
  3. 相互作用には、医薬品が吸収、代謝、分布又は排泄される過程で起こるものと、医薬品が薬理作用をもたらす部位において起こるものがある。
  4. かぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮静薬、鎮咳去痰薬、アレルギー用薬等では、成分や作用が重複することが多く、通常、これらの薬効群に属する医薬品の併用は避けることとさ
    れている。

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 正 誤 誤 正

 

 

解説

  1. 誤:一般用医薬品は複数の成分を含んでいることが多く、他の医薬品と併用した場合に成分が重複し、作用が強く出過ぎたり、副作用を招く危険性が増すことがある。

正解 2

出題範囲のページ

第1章-2日目:Ⅱ 医薬品の効き目 や安全性に影響を与える要因

 


問8 次の記述は、医薬品と食品との飲み合わせに関するものである。( )にあてはまる字句として、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

アルコールは、主として肝臓で代謝されるため、酒類(アルコール)をよく摂取する者では、その代謝機能が( a )ことが多い。そのため、アセトアミノフェンは、通常よりも代謝( b )なり、( c )ことがある。

  a      b c
1 高まっている されにくく 十分な薬効が得られなくなる
2 低下している されにくく 作用が強く出過ぎる
3 高まっている されやすく 十分な薬効が得られなくなる
4 低下している されやすく 作用が強く出過ぎる
5 低下している されにくく 十分な薬効が得られなくなる

 

 

解説

  1. 高まっている
  2. されやすく
  3. 十分な薬効が得られなくなる

正解 3

出題範囲のページ

第1章-2日目:Ⅱ 医薬品の効き目 や安全性に影響を与える要因

 


問9 小児等が医薬品を使用する場合に留意すべきことに関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 医薬品の使用上の注意において、乳児、幼児、小児という場合には、おおよその目安として、乳児は1歳未満、幼児は5歳未満、小児は15歳未満との年齢区分が用いられている。
  2. 乳児向けの用法用量が設定されている医薬品であっても、乳児は医薬品の影響を受けやすく、また、状態が急変しやすいため、一般用医薬品の使用の適否が見極めにくい。
  3. 5歳未満の幼児に使用される錠剤やカプセル剤等の医薬品では、服用時に喉につかえやすいので注意するよう添付文書に記載されている。
  4. 小児は大人と比べて身体の大きさに対して腸が短く、服用した医薬品の吸収率が相対的に低い。

  a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 正 誤 誤 正

 

 

解説

  1. 誤:乳児、幼児、小児という場合の、おおよその目安は乳児:1歳未満、幼児:7歳未満、小児:15歳未満である。
  2. 誤:小児は大人と比べて身体の大きさに対して腸が長く、服用した医薬品の吸収率が相対的に高い

正解 3

出題範囲のページ

第1章-2日目:Ⅱ 医薬品の効き目 や安全性に影響を与える要因

 


問10 高齢者に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 高齢者は、喉の筋肉が衰えて飲食物を飲み込む力が弱まっている場合があり、内服薬を使用する際に喉に詰まらせやすい。
  2. 高齢者は、持病(基礎疾患)を抱えていることが多く、一般用医薬品の使用によって基礎疾患の症状が悪化したり、治療の妨げとなる場合がある。
  3. 医薬品の使用上の注意において「高齢者」という場合には、おおよその目安として65歳以上を指す。
  4. 一般に高齢者は、生理機能が衰えつつあることから、副作用を生じるリスクは若年時と比べて低くなる。

  a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 正 誤 誤 正

 

 

解説

  1. 誤:一般に高齢者は、生理機能が衰えつつあることから、副作用を生じるリスクは若年時と比べて高くなる。

正解 1

出題範囲のページ

第1章-2日目:Ⅱ 医薬品の効き目 や安全性に影響を与える要因

スポンサーリンク

広告A


2019年 奈良の過去問題  

内容 問題(解説付き) 模擬試験用(解説なし)
第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 1~10 11~20

午前問題

答え

午後問題

答え

第2章 人体の働きと医薬品 21~30 31~40
第3章 主な医薬品とその作用 61~70 71~80 81~90 91~100
第4章 薬事関係法規・制度 41~50 51~60
第5章 医薬品の適正使用・安全対策 101~110 111~120

奈良の過去問題に戻る

広告A

広告b

2020年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン

固定記事下部関連広告



執筆者: 吉川 泰紀

Copyright© 2020年登録販売者試験対策 , 2020 All Rights Reserved.