2018年 北海道 青森 岩手 宮城 山形 秋田 福島の登録販売者試験過去問題 第3章 主な医薬品とその作用 問21~30


2018年【北海道 青森 岩手 宮城 山形 秋田 福島】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

第3章 主な医薬品とその作用 問21~30

問21 次の記述は、外用痔疾用薬の配合成分に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

a ヒドロコルチゾン酢酸エステルは、痔による肛門部の炎症を抑えるために配合されている場合がある。

b ジフェンヒドラミンは、痔に伴う痒みを和らげることを目的として配合されている場合がある。

c カンフルは、裂肛の感染防止を目的に配合されている場合がある。

d リドカインは、血管収縮作用による止血効果を期待して配合されている場合がある。

1(a、b)
2(a、d)
3(b、c)
4(c、d)

 

 

解説

  1. 正 :ヒドロコルチゾン酢酸エステルはステロイド成分で炎症を抑えます。
  2. 正 :ジフェンヒドラミンは抗ヒスタミン成分で、痔に伴う痒みを和らげます。
  3. 誤 :カンフルは冷感刺激成分で痒みを抑えます。
  4. 誤 :リドカインは局所麻酔成分で、可逆的に痛み、痒みを和らげます。

正解 1

出題範囲の解説ページ

第3章-12日目:Ⅴ- 痔 の薬、泌尿器用薬

 


問22 次の記述は、婦人薬と月経等に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

a 月経以外の不規則な出血があった場合は、すみやかに医療機関を受診するよう勧める必要がある。

b 膣に適用する薬剤は、全て局所に用いられるため、成分が吸収されて循環血液中に移行することはない。

c 女性ホルモン成分は、長期連用で血栓症を生じる可能性がある。

d おりものは、女性生殖器の異常を示しているものなので、程度や色などに関係なく、少量でもみられた場合は医療機関の受診を勧める必要がある。

1(a、c)
2(a、d)
3(b、c)
4(b、d)

 

 

解説

  1. 誤 :局所で用いられるが、吸収し、循環血液中に移行する。
  2. 誤 :おりものは女性正常でも分泌されるものです。急に増えたり、膿、血液が混ざっている場合は受診を勧める必要がある。

正解 1

出題範囲の解説ページ

第3章-13日目:Ⅵ 婦人薬

 


問23 次の1~5で示される漢方処方製剤のうち、「女性の月経や更年期障害に伴う諸症状の緩和」に用いるものはどれか。

1 十味敗毒湯

2 小青竜湯

3当帰芍薬散

4 乙字湯

5 猪苓湯

 

 

解説

  1. 誤 :十味敗毒湯=化膿性皮膚炎、蕁麻疹
  2. 誤 :小青竜湯=気管支喘息、アレルギー性鼻炎、感冒
  3. 正 :当帰芍薬散=貧血傾向の月経不順、更年期障害、産前産後や流産による障害
  4. 誤 :乙字湯=便秘傾向の痔核、切れ痔
  5. 誤 :猪苓湯=体力に関わらず、排尿異常

正解 3

出題範囲の解説ページ

第3章-13日目:Ⅵ 婦人薬

 


問24 鼻炎用内服薬に配合される成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 抗ヒスタミン成分が配合された内服薬を服用した後は、乗物又は機械類の運転操作を避けることとされている。

b 抗ヒスタミン成分は、ヒスタミンの働きを抑える作用以外に抗コリン作用も示すため、排尿困難や口渇、便秘等の副作用が現れることがある。

c アドレナリン作動成分のプソイドエフェドリン塩酸塩は、心臓病、高血圧、糖尿病又は甲状腺機能障害の診断を受けた人では症状を悪化させるおそれがあり、これらの人には使用を避ける必要がある。

d アドレナリン作動成分のヨウ化イソプロパミドは、鼻粘膜の充血や腫れを和らげることを目的に配合されている。

a b c d
1 正 正 正 誤
2 誤 誤 正 正
3 正 正 誤 正
4 正 誤 誤 正
5 誤 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 正 :副作用に眠気があるため
  2. 誤 :ヨウ化イソプロパミドは、抗コリン成分で鼻汁、くしゃみを抑える。

正解 1

出題範囲の解説ページ

第3章-14日目:Ⅶ 内服アレルギー用薬

 


問25 鼻炎用点鼻薬に含まれる成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a クロモグリク酸ナトリウムは、肥満細胞からヒスタミンの遊離を抑える作用を示す。

b グリチルリチン酸二カリウムは、鼻粘膜の炎症を和らげることを目的として配合される場合がある。

c 陽性界面活性成分は、黄色ブドウ球菌、溶血性連鎖球菌又はカンジダ等の真菌類に対する殺菌消毒作用を示す。

d アドレナリン作動成分は、鼻以外の器官や臓器に影響を及ぼすおそれがない。

a b c d
1 正 正 正 誤
2 誤 誤 正 正
3 正 正 誤 正
4 正 誤 誤 正
5 誤 正 正 誤

 

 

解説

  1. 正 
  2. 正 :抗炎症作用を目的に配合
  3. 正 :結核菌、ウイルスには無効です。
  4. 誤 :鼻の粘膜から吸収され全身に影響を及ぼす可能性がある。

正解 1

出題範囲の解説ページ

第3章-15日目:Ⅷ 点鼻薬

 


問26 次の記述は、眼科用薬に含まれる成分に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

a ネオスチグミンメチル硫酸塩は、目の調節機能を改善する効果を期待して用いられる。

b プラノプロフェンは、結膜や角膜の乾燥を防ぐ効果を期待して用いられる。

c アズレンスルホン酸ナトリウムは、炎症を生じた眼粘膜の組織修復を促す作用がある。

d ナファゾリン塩酸塩は、非ステロイド性抗炎症成分である。

1(a、b)
2(a、c)
3(b、d)
4(c、d)

 

 

解説

  1. 正 :コリンエステラーゼを阻害し、アセチルコリンを助けます。
  2. 誤 :NSADsの一種で、炎症を抑えます。
  3. 誤 :アドレナリン作動成分です。

正解 2

出題範囲の解説ページ

第3章-16日目:Ⅸ 眼科用薬

 


問27 外皮用薬に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 外皮用薬は、 表皮の角質層が柔らかくなることで有効成分が浸透しやすくなることから、 入浴後に用いるのが効果的とされる。

b 塗り薬は、いったん手の甲などに必要量を取ってから患部に塗布することが望ましい。

c 貼付剤は、同じ部位に連続して貼付するとかぶれ等を生じやすくなる。

d スプレー剤やエアゾール剤は、使用上の注意に従い、患部から十分離して噴霧し、また、連続して噴霧する時間は3秒以内とすることが望ましい。

a b c d
1 誤 正 正 誤
2 誤 誤 正 正
3 正 正 誤 誤
4 正 正 正 正
5 正 誤 誤 正

 

 

解説

  1. 正 :容器内に雑菌混入を防止するため
  2. 正 
  3. 正 

正解 4

出題範囲の解説ページ

第3章-17日目:Ⅹ-① 皮膚の 殺菌消毒

 


問28 第1欄の記述は、きず口等の殺菌消毒成分に関するものである。第1欄の記述に該当する殺菌消毒成分として正しいものは第2欄のどれか。

第1欄
一般細菌類の一部(連鎖球菌、黄色ブドウ球菌などの化膿菌)に対する殺菌消毒作用を示すが、真菌、結核菌、ウイルスに対しては効果がない。有機水銀の一種であるが、皮膚浸透性が低く、通常の使用において水銀中毒を生じることはない。ただし、口の周りや口が触れる部位(乳頭等)への使用は避ける必要がある。

第2欄
1 ヨードチンキ
2 アクリノール
3 マーキュロクロム
4 オキシドール
5 クロルヘキシジングルコン酸塩

 

 

解説

  1. 誤 :ヨードチンキは一般細菌、真菌、結核菌、ウイルスに効きます。
  2. 誤 :アクリノールは一般細菌に効き、真菌、結核菌、ウイルスには無効
  3. 正 :一般細菌の一部に効いて、有機水銀の一種がポイント
  4. 誤 :オキシドールは一般細菌に効き、真菌、結核菌、ウイルスには無効
  5. 誤 :クロルヘキシジングルコン酸塩一般細菌、真菌に効き、結核菌、ウイルスには無効

正解 3

出題範囲の解説ページ

第3章-17日目:Ⅹ-① 皮膚の 殺菌消毒

 


問29 口内炎及び口内炎用薬に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 口腔粘膜の炎症を和らげることを目的として、グリチルレチン酸等の抗炎症成分が用いられる。

2 口腔内に適用されるため、ステロイド性抗炎症成分が配合されている場合には、その含有量によらず長期連用を避ける必要がある。

3 シコンは、ムラサキ科のムラサキの根を基原とする生薬で、組織修復促進、抗菌などの作用を期待して用いられる。

4 口内炎は、疱疹ウイルスの口腔内感染による場合がほとんどであり、医薬品の副作用として口内炎を生じることはない。

 

 

解説

  1. 誤 :口内炎は栄養摂取の偏り、ストレス、不眠等が多く、また医薬品の副作用によっても起こる。

正解 4

出題範囲の解説ページ

第3章-20日目:Ⅺ 歯痛、歯槽膿漏、 口内炎

 


問30 歯槽膿漏内服薬に関する以下の記述のうち、正しいものはどれか。

1 歯周組織の血行を促す効果を期待して、ビタミンEが配合されている場合がある。

2 炎症を起こした歯周組織からの出血を抑える作用を期待して、銅クロロフィリンナトリウムが配合されている場合がある。

3 炎症を起こした歯周組織の修復を促す作用のほか、歯肉炎に伴う口臭を抑える効果も期待して、ビタミンCが配合されている場合がある。

4 コラーゲン代謝を改善して炎症を起こした歯周組織の修復を助け、また、毛細血管を強化して炎症による腫れや出血を抑える効果を期待して、フィトナジオンが配合されている場合がある。

 

 

解説

  1. 正 
  2. 誤 :銅クロロフィリンナトリ ウム=組織修復成分、口臭も抑える。
  3. 誤 :ビタミンC=組織修復を助け、腫れや出血を抑える。口臭を抑える効果はない。
  4. 誤 :フィトナジオンではなく、ビタミンCです。フィトナジオンはビタミンKで、止血作用です。

正解 1

出題範囲の解説ページ

第3章-20日目:Ⅺ 歯痛、歯槽膿漏、 口内炎

 


出題範囲の解説ページまとめ

問21   :第3章-12日目:Ⅴ- 痔 の薬、泌尿器用薬

問22~23:第3章-13日目:Ⅵ 婦人薬

問24      :第3章-14日目:Ⅶ 内服アレルギー用薬

問25      :第3章-15日目:Ⅷ 点鼻薬

問26      :第3章-16日目:Ⅸ 眼科用薬

問27~28:第3章-17日目:Ⅹ-① 皮膚の 殺菌消毒

問29~30:第3章-20日目:Ⅺ 歯痛、歯槽膿漏、 口内炎

北海道 青森 岩手 宮城 山形 秋田 福島の過去問題に戻る

広告A

広告b

2019年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン



更新日:

執筆者:吉川 泰紀

Copyright© 2019年登録販売者試験対策 , 2019 All Rights Reserved.