3章:主な医薬品とその作用

第3章-20日目:Ⅺ 歯痛、歯槽膿漏、 口内炎

更新日:

登録販売者試験の解説とポイントを過去問題にフォーカスして記載していきます。

厚生労働省の試験問題作成の手引きを基に分かり易い内容に変えて解説しています。

過去問題から作成したポイントテストもありますので、
是非解いて見てくださいね。

独学で学ばれている方も含め問題なく解けることが実感できるかと思います。

 

今回は第3章のⅩⅠ 歯痛、歯槽膿漏、口内炎 から続きをしていきます。
毎年1~2問は出題されていますので、確実に取りにいきましょう。

 

また第3章全体のポイントについては、第3章-1日目:Ⅰ-①:かぜ薬をご覧ください。

(所要時間 17分)

 

目次

ⅩⅠ 歯痛、歯槽膿漏、口内炎

1 歯痛・歯槽膿漏[しそうのうろう]薬

2 口内炎用薬

 

 

1 歯痛・歯槽膿漏[しそうのうろう]薬

1)代表的な配合成分、主な副作用

歯痛薬(外用)

歯痛は、多くの場合、歯の齲蝕[うしょく](むし歯)とそれに伴う歯髄炎によって起こる。

歯痛薬は、齲蝕による歯痛を応急的に鎮めることを目的とする一般用医薬品である。

(a) 局所麻酔成分
  • アミノ安息香酸エチル
  • ジブカイン塩酸塩
  • テーカイン

齲蝕により露出した歯髄を通っている知覚神経の伝達を遮断して痛みを鎮める。

冷感刺激を与えて知覚神経を麻痺させることによる鎮痛・鎮痒の効果を期待して、
メントール、カンフル、ハッカ油、ユーカリ油が配合されている場合もある。

(b) 殺菌消毒成分
  • フェノール
  • 歯科用フェノールカンフル
  • 木クレオソート
  • オイゲノール
  • セチルピリジニウム塩化物

齲蝕を生じた部分の細菌繁殖を抑える。

刺激性があり、歯以外の口腔粘膜や唇に付着しないように注意が必要である。 

木クレオソートについては、局所麻酔作用もある。

(c) 生薬成分 
  • サンシシ

アカネ科のクチナシの果実を基原とする生薬で、抗炎症作用を示す。 

 

歯槽膿漏薬 [しそうのうろう]

歯肉の炎症が重症化して、歯周組織全体に広がると歯周炎(歯槽膿漏)となる。 

歯槽膿漏薬は、歯肉炎、歯槽膿漏の諸症状(出血や膿 、歯肉の腫れ、口臭等)の緩和を目的とする医薬品である。

外用薬のほか、内服もある。

内服薬は、抗炎症成分、ビタミン成分等で、外用薬と併せて用いると効果的である。 

(a) 外用薬

① 殺菌消毒成分 

  • セチルピリジニウム塩化物
  • クロルヘキシジングルコン酸塩
  • イソプロピルメチルフェノール
  • チモール

歯肉溝での細菌の繁殖を抑える。

クロルヘキシジングルコン酸塩が口腔内に適用される場合、まれに重篤な副作用としてショック(アナフィラキシー)を生じることがある。

殺菌消毒作用のほか、抗炎症作用なども期待して、ヒノキチオール、チョウジ油が配合されることがある。

② 抗炎症成分 

  • グリチルリチン酸二カリウム
  • グリチルレチン酸

歯周組織の炎症を和らげる。

③ 止血成分 

  • カルバゾクロム

炎症を起こした歯周組織からの出血を抑える。

④ 組織修復成分 

  • アラントイン

炎症を起こした歯周組織の修復を促す。

⑤ 生薬成分 

  • カミツレ
  • ラタニア
  • ミルラ

カミツレ

キク科のカミツレの頭花を基原とする生薬で、抗炎症、抗菌、発汗などの作用を期待して用いられる。

ラタニア

クラメリア科のクラメリア・トリアンドラ及びその同属植物の根を基原とする生薬で、咽頭粘膜をひきしめる作用により炎症の寛解を促す。

ミルラ

カンラン科のミルラノキ等の植物の皮部の傷口から流出して凝固した樹脂を基原とする生薬で、咽頭粘膜をひきしめる作用のほか、抗菌作用ある。

ラタニア、ミルラはうがい薬として使用されている。
詳しくは、第3章-6日目:Ⅱ-②口腔咽喉薬、含嗽薬を参照

 

(b) 内服薬

① 抗炎症成分 

  • リゾチーム塩酸塩

歯周組織の炎症を和らげる。

② 止血成分

  • フィトナジオン(ビタミンK1)
  • カルバゾクロム

炎症を起こした歯周組織からの出血を抑える。

③ 組織修復成分 

  • 銅クロロフィリンナトリウム

炎症を起こした歯周組織の修復を促す作用のほか、歯肉炎に伴う口臭を抑える。

④ ビタミン成分 

  • ビタミンC
    (アスコルビン酸)
  • ビタミンE
    (トコフェロールコハク酸エステル)

ビタミンC
(アスコルビン酸)

コラーゲン代謝を改善して歯周組織の修復を助け、また、毛細血管を強化して腫れや出血を抑える。


ビタミンE

(トコフェロールコハク酸エステル)

歯周組織の血行を促す。

 

ポイントテスト1

下記問題を正誤で答えよ(回答は下)

(1)歯痛薬は、歯の齲蝕(むし歯)が修復されることにより歯痛を応急的に鎮めることを目的とする一般用医薬品である。

(2)セチルピリジニウム塩化物は、歯肉溝での細菌の繁殖を抑える殺菌消毒成分である。

(3)カミツレはキク科のカミツレの頭花を基原とする生薬で、抗炎症、抗菌などの作用を期待して用いられる。

(4)イソプロピルメチルフェノールは、炎症を起こした歯周組織からの出血を抑える作用を期待して配合されている。

(5)銅クロロフィリンナトリウムは、炎症を起こした歯周組織の修復を促す作用のほか、歯肉炎に伴う口臭を抑える効果も期待して配合されている場合がある。

 

 

回答と解説
ポイントテスト1
(1)〇
(2)〇
(3)〇
(4)×:フェノールは殺菌です。止血はカルバゾクロム、フィトナジオン
(5)〇

 

2)相互作用、受診勧奨

【相互作用】

外用薬の場合、口腔内を清浄にしてから使用することが重要である。

また、口腔咽喉薬、含嗽薬などを使用する場合には、十分な間隔を置くべきである。 

内服で用いる歯槽膿漏薬については、かぜ薬、胃腸薬などに同成分が用いられている場合があり、作用増強や、副作用が現れやすくなる。


【受診勧奨】

歯の齲蝕は歯痛薬の使用によって一時的に和らげることができたとしても、根本的治療ではないため、基本的に歯科診療を受けることが優先される。

歯周病(歯肉炎・歯槽膿漏)については、状態が軽いうちは自己治療が可能とされ、日頃の歯磨きによって細菌の繁殖を抑えることが重要である。

 

 

ポイントテスト2

下記問題を正誤で答えよ(回答は下)

(1)内服で用いる歯槽膿漏薬は、同じ又は同種の成分が配合されたかぜ薬、胃腸薬等が併用された場合、作用が弱くなるおそれがある。 

(2)歯周病は、状態が軽いうちは自己治療が可能とされるが、日頃の十分な歯磨き等によって歯肉溝での細菌の繁殖を抑えることが重要である。 

 

 

回答と解説
ポイントテスト2
(1)×:歯槽膿漏薬に限らず、重複すると作用は強く、副作用も出やすいです。
(2)〇

 

 

2 口内炎 用薬

口内炎用薬は、口内炎、舌炎の緩和を目的として口腔内局所に適用される外用薬である。 

口腔の粘膜上皮に水疱や潰瘍ができて痛み、ときに口臭を伴う。

口内炎の要因

  • 栄養摂取の偏り
  • ストレスや睡眠不足
  • 唾液分泌の低下
  • 口腔内の不衛生
  • 疱疹ウイルスの口腔内感染
  • 医薬品の副作用

 

1)代表的な配合成分、主な副作用 

(a) 抗炎症成分

  • グリチルリチン酸二カリウム
  • グリチルレチン酸

口腔粘膜の炎症を和らげる

口腔粘膜の組織修復を促す作用を期待して、アズレンスルホン酸ナトリウムが配合されている場合もある。

またステロイド性抗炎症成分が配合される場合があり、口腔内に適用されるため、その含有量によらず長期連用を避ける必要がある

(b) 殺菌消毒成分 

  • セチルピリジニウム塩化物
  • クロルヘキシジン塩酸塩
  • アクリノール
  • ポビドンヨード

患部からの細菌感染を防止する。

(c) 生薬成分 

  • シコン

ムラサキ科のムラサキの根を基原とする生薬で、組織修復促進、抗菌などの作用を期待して用いられる。 

漢方処方製剤(内服)

  • 茵蔯蒿湯
    [いんちんこうとう] 

体力中等度以上で口渇があり、尿量少なく、便秘するものの蕁麻疹 、口内炎、湿疹 ・皮膚炎、皮膚のかゆみに適す。

構成生薬としてダイオウを含む。
まれに重篤な副作用として肝機能障害が起こることが知られている。 

ポイントテスト3

下記問題を正誤で答えよ(回答は下)

(1)疱疹ウイルスの口腔内感染や医薬品の副作用により口内炎を生じることはない。

(2)シコンは、組織修復促進、抗菌などの作用を期待して用いられる。

(3)茵蔯蒿湯は、体力中等度以上で口渇があり、尿量少なく、便秘するものの蕁麻疹 、口内炎、湿疹 ・皮膚炎、皮膚のかゆみに適すとされるが、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)、胃腸が弱く下痢しやすい人では、激しい腹痛を伴う下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。

(4)口腔粘膜の組織修復を促す作用を期待して、アズレンスルホン酸ナトリウム(水溶性アズレン) が配合される場合がある。 

(5)患部からの細菌感染を防止することを目的として、クロルヘキシジン塩酸塩等の殺菌消毒成分が配合されている場合がある。

 

 

回答と解説
ポイントテスト3
(1)×:ウイルス、副作用からの口内炎は発症します。
(2)〇
(3)〇
(4)〇

 

 

2)相互作用、受診勧奨

【相互作用】

口腔内を清浄にしてから使用することが重要であり、口腔咽喉薬、含嗽薬などを使用する場合には、十分な間隔を置くべきである。 

【受診勧奨】

口内炎や舌炎は、通常であれば1~2週間で自然寛解する。

長期間にわたって症状が長引いている場合には、腫瘍の可能性もある。

食事に著しい支障を来すほどの状態であれば、医療機関を受診するなどの対応が必要である。 

再発を繰り返す場合には、ベーチェット病などの可能性も考えられるので、医療機関を受診するなどの対応が必要である。 

ベーチェット病: 口腔粘膜の潰瘍を初期症状とする全身性の疾患

 

ポイントテスト4

下記問題を正誤で答えよ(回答は下)

(1)口内炎は、通常であれば1~2週間で自然寛解するが、一度に複数箇所に発生して食事に著しい支障を来すほどの状態であれば、医療機関を受診するなどの対応が必要である。 

(2) 口内炎用薬は、口腔内を清浄にしてから使用することが重要であり、口腔咽喉薬、含嗽薬などを使用する場合には、十分な間隔を置くべきである。

(3)口内炎や舌炎の再発を繰り返す場合には、ベーチェット病などの可能性も考えられるので、医療機関を受診するなどの対応が必要である。 

 

 

回答と解説
ポイントテスト4
(1)〇:長期化する場合もあり、その際は腫瘍の可能性もある。
(2)〇
(3)〇

 

 

ページ内の薬剤一覧

歯痛
分類 成分名 作用
局所麻酔成分 アミノ安息香酸エチル 齲蝕により露出した知覚神経の伝達を遮断して痛みを鎮める
ジブカイン塩酸塩
テーカイン
殺菌消毒成分 フェノール 齲蝕を生じた細菌繁殖を抑える

・刺激性あり
・木クレオソートについては、局所麻酔作用もある 

歯科用フェノールカンフル
木クレオソート
オイゲノール
セチルピリジニウム塩化物
生薬成分 サンシシ 抗炎症作用を示す
歯槽膿漏薬 [しそうのうろう]
外用薬 殺菌消毒成分  セチルピリジニウム塩化物 歯肉溝での細菌の繁殖を抑える

殺菌消毒、抗炎症を期待してヒノキチオール、チョウジ油が配合される場合がある。

クロルヘキシジングルコン酸塩
イソプロピルメチルフェノール
チモール
抗炎症成分  グリチルリチン酸二カリウム 炎症を和らげる
グリチルレチン酸
止血成分  カルバゾクロム 出血を抑える
組織修復成分    アラントイン 組織の修復を促す
生薬成分  カミツレ 抗炎症、抗菌作用
ラタニア 咽頭粘膜をひきしめる作用により
炎症の寛解
ミルラ 咽頭粘膜をひきしめる作用のほか、
抗菌作用
内服薬 抗炎症成分  リゾチーム塩酸塩 歯周組織の炎症を和らげる。
止血成分  フィトナジオン(ビタミンK1) 炎症を起こした歯周組織からの出血を抑える。
カルバゾクロム
組織修復成分  銅クロロフィリンナトリウム 組織修復、歯肉炎に伴う口臭防止
ビタミン成分  ビタミンC
(アスコルビン酸)
組織修復、毛細血管を強化して
腫れや出血を抑える
ビタミンE
(トコフェロールコハク酸エステル)
歯周組織の血行を促す
口内炎用薬
抗炎症成分 グリチルリチン酸二カリウム 口腔粘膜の炎症を和らげる
組織修復にアズレンスルホン酸ナトリウムが配合される場合がある
グリチルレチン酸
殺菌消毒成分 セチルピリジニウム塩化物 患部からの細菌感染を防止する
クロルヘキシジン塩酸塩
アクリノール
ポビドンヨード
生薬成分  シコン 組織修復促進、抗菌
漢方処方成分 茵蔯蒿湯
[いんちんこうとう] 
便秘するものの蕁麻疹 、口内炎
ダイオウ含有

 

 

今回は歯痛、歯槽膿漏、口内炎についてでした。

重複しているところもあると思いますが、是非記憶に定着させてください。

お疲れさまでした。

目次に戻る

 

投稿下

2018年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン

-3章:主な医薬品とその作用
-, , , ,

Copyright© 2018年登録販売者試験対策 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.