2019年 北海道 青森 岩手 宮城 山形 秋田 福島の登録販売者試験 過去問題 第4章 薬事に関する法規と制度 問91~100


2019年【北海道 青森 岩手 宮城 山形 秋田 福島】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

広告A

第4章 薬事に関する法規と制度 問91~100

問 91 次の記述は、医薬品医療機器等法第33条第1項の条文である。( )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

第三十三条 配置販売業者又はその配置員は、その( a )の都道府県知事が発行する( b )の交付を受け、かつ、これを( c )しなければ、医薬品の配置販売に従事してはならない。

 a    b     c
1 住所地  許可証   携帯
2 住所地  身分証明書 掲示
3 住所地  身分証明書 携帯
4 勤務地  身分証明書 掲示
5 勤務地  許可証   携帯

 

 

解説

  1. 住所地
  2. 身分証明書
  3. 携帯

正解 3

出題範囲のページ

第4章-4日目:Ⅲ‐① 医薬品の販売業の許可

 


問 92 次の1~5で示される事項のうち、医薬品医療機器等法施行規則第158条の12 第4項(ただし、第11号に定めるその他情報の提供及び指導を行うために確認が必要な事項を除く。)の規定に基づき、薬局開設者が要指導医薬品を販売する際に薬剤師に情報提供させるに当たって、当該薬剤師に、「当該医薬品を使用しようとする者について、あらかじめ確認させなければならない事項」として、誤っているものはどれか。

1 他の薬剤又は医薬品の使用の状況
2 性別
3 現にかかっている医療機関がある場合は、その医療機関名
4 年齢
5 当該要指導医薬品に係る購入、譲受け又は使用の経験の有無

 

 

解説

  1. 誤:医療機関名は不要です。受診の有無、診断内容や現にかかっている疾病、その病名は確認が必要です。

正解 3

出題範囲のページ

第4章-5日目:Ⅲ‐② 医薬品の情報提供、陳列、 特定販売 等

 


問 93 次のうち、薬局開設者が、第一類医薬品を一般の生活者に販売したときに、医薬品医療機器等法施行規則第14条第3項の規定に基づき、必ず書面に記載し、保存しなければならない事項として、正しいものの組み合わせはどれか。
  1. 販売した日時
  2. 販売した医薬品の使用期限
  3. 販売した薬剤師の氏名及び情報提供を行った薬剤師の氏名
  4. 購入者の氏名

1(a、b) 2(a、c)
3(b、d) 4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:使用期限は不要です。
  2. 誤:購入者の氏名は不要です。

この他、品名、数量、医薬品の購入者等が情報提供の内容を理解したことの確認の結果が必要です。

正解 2

出題範囲のページ

第4章-5日目:Ⅲ‐② 医薬品の情報提供、陳列、 特定販売 等

 


問 94 医薬品の陳列方法に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
  1. 店舗販売業者は、医薬品を他の物と区別して貯蔵し、又は陳列しなければならない。
  2. 配置販売業者は、第一類医薬品、第二類医薬品及び第三類医薬品を混在させないように配置しなければならない。
  3. 薬局開設者が要指導医薬品を陳列するときは、必ず鍵をかけた陳列設備に陳列しなければならない。
  4. 店舗販売業者は、第三類医薬品を、薬局等構造設備規則に規定する「情報提供を行うための設備」から7メートル以内の範囲に陳列しなければならない。

  a b c d
1 誤 正 誤 正
2 誤 誤 誤 誤
3 正 正 誤 誤
4 正 誤 正 正
5 正 正 正 正

 

 

解説

  1. 誤:要指導医薬品はかぎをかけた陳列設備に陳列する場合か購入希望者等が直接手の触れられない陳列設備に陳列する場合を除き、要指導医薬品陳列区画の内部の陳列設備に陳列しなければならない。
  2. 誤:第三類医薬品ではなく、指定第二類医薬品の説明文である。

正解 3

出題範囲のページ

第4章-5日目:Ⅲ‐② 医薬品の情報提供、陳列、 特定販売 等

 


問 95 次のうち、店舗販売業者が、店舗の見やすい位置に掲示板で必ず掲示しなければならない事項として、正しいものの組み合わせはどれか。
  1. 販売を行う一般用医薬品の使用期限
  2. 管理者の住所
  3. 相談時及び緊急時の電話番号その他連絡先
  4. 医薬品による健康被害の救済制度に関する解説

1(a、b) 2(a、c)
3(b、d) 4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:使用期限の掲示義務はない。
  2. 誤:管理者の氏名は必要であるが、住所の掲示義務はない。

正解 4

出題範囲のページ

第4章-5日目:Ⅲ‐② 医薬品の情報提供、陳列、 特定販売 等

スポンサーリンク

広告A


問 96 次の成分(その水和物及びそれらの塩類を含む。)を有効成分として含有する製剤のうち、濫用等のおそれがあるものとして厚生労働大臣が指定する医薬品(平成26 年厚生労働省告示第252号)として、正しいものの組み合わせはどれか。
  1. ジヒドロコデイン(鎮咳去痰薬に限る。)
  2. プソイドエフェドリン
  3. インドメタシン
  4. リドカイン

1(a、b) 2(a、c)
3(b、d) 4(c、d)

 

 

解説

濫用等のおそれのあるものとして厚生労働大臣が指定する医薬品
ⅰ) エフェドリン
ⅱ)コデイン(鎮咳去痰薬に限る。)
ⅲ)ジヒドロコデイン(鎮咳去痰薬に限る。)
ⅳ)ブロモバレリル尿素
ⅴ)プソイドエフェドリン
ⅵ)メチルエフェドリン(鎮咳去痰薬のうち、内用液剤に限る。)

 

正解 1

出題範囲のページ

第4章-5日目:Ⅲ‐② 医薬品の情報提供、陳列、 特定販売 等

 


問 97 特定販売に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
  1. 店舗販売業者は、当該店舗において貯蔵し、又は陳列している一般用医薬品の特定販売を行うことができる。
  2. 薬局が、特定販売を行うことについてインターネットを利用して広告するときは、ホームページに、医薬品の健康被害の救済制度に関する解説を見やすく表示しなければならない。
  3. 店舗販売業者が、特定販売を行うことについてインターネットを利用して広告するときは、ホームページに、特定販売を行う一般用医薬品の使用期限を見やすく表示しなければならない。
  4. 薬局が、特定販売を行うことについてインターネットを利用して広告するときは、都道府県知事及び厚生労働大臣が容易に閲覧することができるホームページで行わなければならない。

  a b c d
1 誤 正 誤 正
2 誤 誤 誤 誤
3 正 正 正 誤
4 正 誤 誤 正
5 正 正 正 正

 

 

解説

正解 5

出題範囲のページ

第4章-5日目:Ⅲ‐② 医薬品の情報提供、陳列、 特定販売 等

 


問 98 医薬品等適正広告基準に関する以下の記述について、正しいものの組み合わせはどれか。
  1. 漢方処方製剤の効能効果について、その構成生薬の作用を個別に挙げて説明することは不適当である。
  2. 一般用医薬品の広告では、心臓病について自己治療が可能であることの広告表現が認められている。
  3. 一般用医薬品の効能効果として、同じ有効成分を含有する医療用医薬品の効能・効果をそのまま標榜することは、その一般用医薬品が承認されている内容を正確に反映した広告とは言えない。
  4. 一般用医薬品の広告には、その有効性又は安全性について、それが確実であることを保証する表現を行わなければならない。

1(a、b) 2(a、c)
3(b、d) 4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:一般用医薬品の広告において、心臓病について自己治療が可能であることの広告表現は事実に反する認識を得させるおそれがある。 
  2. 誤:医薬品の有効性又は安全性について、それが確実であることを保証するような表現の広告は、明示的・暗示的を問わず虚偽又は誇大な広告とみなされる。

正解 2

出題範囲のページ

第4章-6日目:Ⅳ 医薬品販売に関する法令遵守

 


問99 第1欄の記述は、医薬品医療機器等法第66条の条文の一部である。( )の 中に入れるべき字句の正しい組み合わせは、第2欄のどれか。

第1欄

第六十六条 ( a )、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器又は再生医療等製品の名称、( b )、効能、効果又は性能に関して、明示的であると暗示的であるとを問わず、虚偽又は誇大な記事を広告し、記述し、又は流布してはならない。

2 医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器又は再生医療等製品の効能、効果又は性能について、( c )がこれを保証したものと誤解されるおそれがある記事を広告し、記述し、又は流布することは、前項に該当するものとする。

第2欄

  a    b     c
1 何人も 製造方法 医師その他の者
2 医薬品等製造販売業者は 製造方法 医師その他の者
3 医薬品等製造販売業者は 製造方法 医薬品販売業者
4 何人も 使用方法 医師その他の者
5 何人も 使用方法 医薬品販売業者

 

 

解説

  1. 何人も
  2. 製造方法
  3. 医師その他の者

正解 1

出題範囲のページ

第4章-6日目:Ⅳ 医薬品販売に関する法令遵守

 


問 100 医薬品の販売方法に関する以下の記述について、正しいものの組み合わせはどれか。
  1. 医薬品を販売する際に、キャラクターグッズ等の景品を提供することは、一切認められていない。
  2. 購入者の利便性のため異なる複数の医薬品を組み合わせて販売する場合、組み合わせた医薬品について、購入者に対して情報提供を十分に行える程度の範囲内であって、かつ、組み合わせることに合理性が認められるものでなければならない。
  3. 配置販売業において、医薬品を先用後利によらず現金売りを行うことは配置による販売行為に当たる。
  4. 店舗販売業において、許可を受けた店舗以外の場所に医薬品を陳列し、そこを拠点として販売に供する場合は、取締りの対象となる。

1(a、b) 2(a、c)
3(b、d) 4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:不当景品類及び不当表示防止法の限度内であれば認められている。
  2. 誤:配置販売業については、医薬品を先用後利によらず現金売りを行うことは配置販売行為に当たらないため認められない。

正解 3

出題範囲のページ

第4章-6日目:Ⅳ 医薬品販売に関する法令遵守

スポンサーリンク

広告A


2019年 北海道 青森 岩手 宮城 山形 秋田 福島の過去問題  

内容 問題(解説付き) 模擬試験用(解説なし)
第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 1~10 11~20

午前問題

答え

午後問題

答え

第2章 人体の働きと医薬品 61~70 71~80
第3章 主な医薬品とその作用 21~30 31~40 41~50 51~60
第4章 薬事関係法規・制度 81~90 91~100
第5章 医薬品の適正使用・安全対策 101~110 111~120

北海道 青森 岩手 宮城 山形 秋田 福島の過去問題に戻る

広告A

広告b

2020年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン

固定記事下部関連広告



執筆者: 吉川 泰紀

Copyright© 2020年登録販売者試験対策 , 2020 All Rights Reserved.