更新中

2018年 埼玉 千葉 東京 神奈川の登録販売者試験過去問題 第2章 人体の働きと医薬品 問1~10


2018年【埼玉 千葉 東京 神奈川】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

 


第2章 人体の働きと医薬品 問1~10

問1 消化器系に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a 歯冠の表面はエナメル質で覆われ、エナメル質の下には象牙質と呼ばれる組織がある。

b 口腔内は、唾液によってpHがほぼ中性に保たれ、酸による歯の齲蝕を防いでいる。

c 嚥下された飲食物は、食道の運動によって胃に送られるのではなく、重力によって胃に送られる。

d 胆嚢は、胆汁を産生し、濃縮して蓄える器官であり、回腸に内容物が入ってくると収縮して腸管内に胆汁を送り込む。

1(a、b)
2(a、d)
3(b、c)
4(b、d)
5(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:食道の運動により胃に送られます。(逆立ちしながら、食べ物を食べても胃に運ばれます。)
  2. 誤:胆汁は肝臓で産生され、胆嚢で濃縮して蓄えます。十二指腸に内容物が入ってくると胆嚢が収縮して分泌されます。

正解 1

出題範囲の解説ページ

第2章-1日目:Ⅰ-①: 消化器系

 


問2 消化器系に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a 胃は上腹部にある中空の臓器で、中身が空の状態では扁平に縮んでいる。

b ペプシノーゲンは、胃酸によって主に炭水化物を消化する酵素であるペプシンとなり、胃酸とともに胃液として働く。

c 胃液による消化作用から胃自体を保護するため、胃の粘膜表皮を覆う細胞から粘液が分泌されている。

d 炭水化物主体の食品は、脂質分の多い食品に比べて胃内での滞留時間が長い。

1(a、b)
2(a、c)
3(a、d)
4(b、c)
5(b、d)

 

 

解説

  1. 誤:ペプシンはタンパク質消化酵素です。
  2. 誤:脂質分が多い食事の方が胃内での滞留時間が長い

正解 2

出題範囲の解説ページ

第2章-1日目:Ⅰ-①: 消化器系

 


問3 消化器系に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 大腸の粘膜上皮細胞は、腸内細菌が食物繊維を分解して生じる栄養分を、その活動に利用している。

b 通常、糞便は直腸に滞留している。

c 大腸では、水分とナトリウム、カリウム、リン酸等の電解質の吸収が行われる。

d 肛門は、直腸粘膜が皮膚へと連なる体外への開口部であり、直腸粘膜と皮膚の境目になる部分には歯状線と呼ばれるギザギザの線がある。

  a b c d
1 誤 正 誤 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 正 正
4 誤 誤 誤 正
5 正 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:通常糞便は下行結腸、S状結腸に滞留しており、直腸に送られるとその刺激に反応して便意が起きます。

正解 2

出題範囲の解説ページ

第2章-1日目:Ⅰ-①: 消化器系

 


問4 呼吸器系に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a 喉頭から肺へ向かう気道が左右の肺へ分岐するまでの部分を気管支という。

b 吸い込まれた粉塵等の異物は、気道粘膜から分泌される粘液にからめ取られ、線毛運動による粘液層の連続した流れによって気道内部から咽頭へ向けて排出される。

c 肺胞と毛細血管を取り囲んで支持している組織を間質という。

d 肺胞は、異物や細菌が侵入してきたときのために粘液層や線毛によって保護されている。

1(a、b)
2(a、c)
3(a、d)
4(b、c)
5(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:喉頭から左右の肺へ分岐するまでを気管といい、その先を気管支といいます。
  2. 誤:肺胞には粘液層や絨毛はありません。肺胞マクロファージが異物、細菌を消化します。

正解 4

出題範囲の解説ページ

第2章-2日目:Ⅰ-②: 呼吸器

 


問5 循環器系に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a 心臓の心室には、血液を取り込む側と送り出す側にそれぞれ弁があり、心臓の動き (拍動)と協調して交互に開閉する。

b 血液の粘稠性は、主として血漿の水分量や血中脂質量で決まり、赤血球の量はほとんど影響を与えない。

c リンパ液の流れは主に骨格筋の収縮によるものであり、流速は血流に比べて緩やかである。

d リンパ管は、互いに合流して次第に太くなり、最終的に鎖骨の下にある動脈につながるが、途中にリンパ節と呼ばれる結節がある。

1(a、b)
2(a、c)
3(a、d)
4(b、d)
5(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:血液の粘稠性は水分量と赤血球の量で決まり、脂質量はほとんど影響を与えません。
  2. 正:逆流防止のため、リンパ管には静脈と同様に弁があります。
  3. 誤:リンパ管は最終的に鎖骨の下の静脈につながります。

心臓の構造

心臓

正解 2

出題範囲の解説ページ

第2章-3日目:Ⅰ-③: 循環器


 


問6 血液に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 血液全体の約40%を占める赤血球は、銅と結合したタンパク質であるヘモグロビンを含み、脾臓で産生される。

b 白血球の約60%を占める好中球は、感染が起きた組織に遊走して集まり、細菌やウ イルス等を食作用によって取り込んで分解する。

c 白血球の約1/3を占める単球は、リンパ節、脾臓等のリンパ組織で増殖し、細菌、 ウイルス等の異物を認識したり、それらに対する抗体を産生する。

  a b c
1 誤 正 誤
2 正 正 誤
3 誤 誤 正
4 正 誤 正
5 誤 正 正

 

 

解説

  1. 誤:ヘモグロビンはと結合したタンパク質です。
  2. 誤:単球ではなく、リンパ球の説明文、単球は白血球の5%を占めます。

正解 1

出題範囲の解説ページ

第2章-3日目:Ⅰ-③: 循環器

 


問7 泌尿器系に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a 副腎皮質では、自律神経系に作用するアドレナリンとノルアドレナリンが主に産生・ 分泌される。

b 尿細管では、肝臓でアミノ酸が分解されて生成する尿素などの血液中の老廃物が濾過され、原尿として腎小体に入る。

c 腎小体は、糸球体とその外側を包み込む袋状のボウマン嚢から成る。

d 女性は尿道が短いため、細菌などが侵入したとき膀胱まで感染を生じやすい。

1(a、b)
2(a、c)
3(a、d)
4(b、d)
5(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:アドレナリン、ノルアドレナリンは副腎髄質で産生・分泌されます。
  2. 誤:腎小体で濾過し、原尿を尿細管へ送る。

ネフロンの構造

ネフロン

正解 5

出題範囲の解説ページ

第2章-4日目:Ⅰ-④: 泌尿器

 


問8 感覚器官(目、鼻及び耳)に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 水晶体は、その周りを囲んでいる毛様体の収縮・弛緩によって、近くの物を見るときには扁平になり、遠くの物を見るときには丸く厚みが増す。

b 鼻中隔の前部は、毛細血管が豊富に分布していることに加えて粘膜が薄いため、傷つきやすく鼻出血を起こしやすい。

c 聴覚器官である蝸牛と平衡器官である前庭は、いずれも内部がリンパ液で満たされている。

d 耳垢は、内耳にある耳垢腺や皮脂腺からの分泌物に、 埃や内耳上皮の老廃物などが混じったものである。

  a b c d
1 誤 誤 誤 正
2 正 正 誤 正
3 誤 正 正 誤
4 正 誤 正 誤
5 誤 正 正 正

 

 

解説

  1. 誤:近くを見るときは厚みを増し、遠くを見るときには扁平になります。
  2. 誤:耳垢は外耳にある耳垢腺や皮脂腺からの分泌物に、 埃や外耳上皮の老廃物などが混じったものです。 

正解 3

出題範囲の解説ページ

第2章-5日目:Ⅰ-⑤ 感覚器官

 


問9 外皮系に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a 体温が下がり始めると、皮膚を通っている毛細血管に血液がより多く流れるように血管が拡張し、体外への放熱を抑える。

b 皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層構造からなり、表皮は最も外側にある角質層と生きた表皮細胞の層に分けられる。

c メラニン色素は、表皮の最下層にあるメラニン産生細胞(メラノサイト)で産生され、太陽光に含まれる紫外線から皮膚組織を防護する役割がある。

d 精神的緊張による発汗は、全身の皮膚に生じる。

1(a、b)
2(a、c)
3(a、d)
4(b、c)
5(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:体温が下がると、血管が収縮し、体外への放熱を抑える。
  2. 誤:精神的緊張による発汗は、手のひら、足底、脇の下に限って起こる。

正解 4

出題範囲の解説ページ

第2章-6日目:Ⅰ-⑥ 運動器官

 


問10 骨格系及び筋組織に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 骨は生きた組織であるが、身体の成長が停止した後では、骨形成は起こらず、骨吸収だけが進行する。

b 骨組織を構成する無機質は、炭酸カルシウムやリン酸カルシウム等の石灰質からなる。

c 筋組織は、筋細胞と結合組織からできているのに対して、腱は結合組織のみでできている。

d 骨格筋は、横紋筋とも呼ばれ、収縮力が強く、自分の意識どおりに動かすことができる随意筋である。

  a b c d
1 誤 正 誤 正
2 正 誤 誤 正
3 正 誤 誤 誤
4 誤 誤 正 誤
5 誤 正 正 正

 

 

解説

  1. 誤:成長が停止した後でも、骨形成と骨吸収は一生行われる。

正解 5

出題範囲の解説ページ

第2章-6日目:Ⅰ-⑥ 運動器官


 


出題範囲の解説ページまとめ

問1~3 :第2章-1日目:Ⅰ-① 消化器系

問4    :第2章-2日目:Ⅰ-② 呼吸器系

問5~6 :第2章-3日目:Ⅰ-③ 循環器

問7    :第2章-4日目:Ⅰ-④ 泌尿器系

問8    :第2章-5日目:Ⅰ-⑤ 感覚器官

問9~10:第2章-6日目:Ⅰ-⑥ 皮膚、骨・関節、筋肉などの運動器官

埼玉 千葉 東京 神奈川の過去問題に戻る

広告A

広告b

2019年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン



更新日:

執筆者:吉川 泰紀

Copyright© 2019年登録販売者試験対策 , 2019 All Rights Reserved.