更新中

現在サイトを2019年版へ更新中です。

2章:人体の働きと医薬品

第2章-5日目:Ⅰ-⑤: 感覚器官

更新日:

感覚器 眼球

登録販売者試験の解説とポイントを過去問題にフォーカスして記載していきます。

また厚生労働省の試験問題作成の手引きを基に分かり易い内容に変えて解説しています。

実際の過去問題から作成したポイントテストもありますので、
是非解いて見てくださいね。

独学で学ばれている方も含め問題なく解けることが実感できるかと思います。

今回は第2章のⅠ人体の構造と働き:⑤ 感覚器官から続きをしていきます。毎年目で1問、耳・鼻で1問出題されております。

第2章全体のポイントについては、第2章-1日目:Ⅰ-①:消化器系をご覧ください。
(所要時間 14分)

 

2 目、鼻、耳などの感覚器官 

外界における種々の現象を刺激として、脳に伝えるための器官である。人の感覚にはいわゆる五感あり、それぞれ独自の機能を有している。

視覚器:目
嗅覚器:鼻
聴覚器:耳
味覚器:(消化器:口腔の項で説明)
触覚器:皮膚(次ページで解説)

 

1)眼

視覚情報の受容器官で、眼球と、眼瞼、結膜、涙器、眼筋等からなる。顔面の左右に1対あり、物体の遠近感を認識することができる。

 

(a) 眼球

頭蓋骨のくぼみ(眼窩[がんか])に収まっている球形の器官

  1. 角膜:表面透明な膜(黒目の部分)
  2. 強膜:乳白色の丈夫な結合組織(白目の部分)
  3. 水晶体:レンズの役割、遠近で厚みが変わる。

  4. 毛様体:水晶体の厚みを変える筋肉 弛緩すると水晶体の厚みが増して近くに焦点が合う。収縮はその逆 
  5. 房水 :角膜と水晶体の間の液体、角膜に一定の圧(眼圧)を生じさせている。透明な角膜や水晶体には血管が通っておらず、房水によって栄養分や酸素が供給される。
  6. 虹彩 :瞳孔を散大・縮小させて眼球内に入る光の量を調節している。(明暗)

  7. 網膜 :光と色を識別する2種類の視細胞が集まる膜。視細胞が束になり視神経となる。また光を受容する細胞はビタミンAが不可欠で、不足により夜盲症が生じる。

  8. 硝子体:水晶体から網膜の間の透明なゼリー状組織。 

光は、角膜、房水、水晶体、硝子体を透過しながら屈折して網膜に焦点を合わせる。

 

 

(b) 眼瞼[がんけん] 、結膜、涙器、眼筋 

眼瞼(まぶた)

  • 眼球の前面を覆う薄い皮膚のひだ
  • 物理的目を防護す、
  • 光の量を低減させたり、
  • まばたきによって目の表面を涙液で潤して清浄に保つ

眼瞼は、皮下組織が少なく薄いため、内出血や裂傷、全身的な体調不良が現れやすい。

 

睫毛(まつげ)

  • 異物を混入を防ぐとともに、物が触れると反射的に目を閉じる触毛としての機能がある。 

 

結膜

眼瞼の裏側と強膜とを結ぶように覆って組織を保護している。薄い透明な膜であるため、中を通っている血管が外部から容易に観察できる。 
目の充血は血管が拡張して赤く見える状態であるが、

結膜の充血:白目の部分だけでなく眼瞼の裏側も赤くなる。

強膜が充血:白目の部分だけピンク色になる。

 

涙器

涙液を分泌する涙腺と、涙液を鼻腔に導出する涙道からなる。涙腺は上眼瞼の裏側にある分泌腺で、血漿から涙液を産生する。 
涙液の主な働きとしては、

(1) 異物を洗い流す。

(2) 角膜に酸素や栄養分を供給する(房水も同じ役割)

(3) 角膜や結膜で生じた老廃物を洗い流す

(4) 角膜表面を滑らかに保つ

(5) リゾチーム、免疫グロブリン等を含み、感染から防御する。

涙液は起きている間は絶えず分泌されている。

 

眼筋

眼球を上下左右斜めの各方向に向けるため、6本の眼筋が眼球側面の強膜につながっている。

眼精疲労とは、生理的な目の疲れではなく、メガネやコンタクトレンズが合っていなかったり、神経性の疲労、睡眠不足、栄養不良等が要因となって、慢性的な目の疲れに肩こり、頭痛等の全身症状を伴う場合をいう。

 

ポイントテスト1

下記問題を正誤で答えよ(回答は下。)

(1)結膜には光を受容する細胞(視細胞)が密集していて個々の視細胞は神経線維につながり、それが束になって眼球の後方で視神経となる。

(2)ビタミンAが不足すると夜間視力の低下(夜盲症)を生じることがある。

(3)透明な角膜や水晶体には血管が通っておらず、房水によって栄養分や酸素が供給される。

(4)水晶体は、その周りを囲んでいる毛様体の収縮・弛緩によって、遠くの物を見るときには丸く厚みが増し、近くの物を見るときには扁平になる。

(5)涙腺は上眼瞼の裏側にある分泌腺で、リンパ液から涙液を産生する。 

 

 

回答と解説
ポイントテスト1
(1)×:結膜ではなく網膜です。
(2)○
(3)○
(4)×:近くを見るときに厚くなります。
(5)×:血液から涙液を作ります。

 

 

2)鼻 

嗅覚情報の受容器官で、空気中を漂う物質を鼻腔内に吸い込み、その化学的刺激を感じとる。食品からの嗅覚情報は、舌が受容した味覚情報と脳において統合され、風味として認識される。 

(a) 鼻腔 

鼻腔上部の粘膜にある特殊な神経細胞(嗅細胞)を、においの元の分子が刺激すると、その刺激が脳の嗅覚中枢へ伝えられる。

嗅覚は鋭敏で、記憶にも残りやすいが順応を起こしやすく、同じにおいを嗅いでいるとそのにおいを感じなくなる。

よその家のにおいは分かるが、自分の家はわからないのと同じです。

鼻腔 は、薄い板状の軟骨と骨でできた鼻中隔によって左右に仕切られている。

鼻中隔の前部は、毛細血管が分布し、粘膜が薄いため、鼻出血を起こしやすい鼻腔の粘膜に炎症を起こして腫れた状態を鼻炎といい、鼻汁過多や鼻閉(鼻づまり)などの症状を生じる。

(b) 副鼻腔 

鼻腔に隣接した目と目の間、額部分、頬の下、鼻腔の奥に空洞があり、それらを総称して副鼻腔という。いずれも鼻腔と細い管でつながっている。 
副鼻腔も、鼻腔と同様、線毛を有し粘液を分泌する細胞でできた粘膜で覆われている

副鼻腔に入った埃等の粒子は、粘液に捉えられて線毛の働きによって鼻腔内へ排出されるが、鼻腔と連絡する管は非常に狭いため、鼻腔粘膜が腫れると副鼻腔の開口部がふさがり、副鼻腔に炎症を生じることがある。 

 

ポイントテスト2

下記問題を正誤で答えよ(回答は下)

(1)鼻は、空気中を漂う物質を鼻腔内に吸い込み、その化学的刺激を感じとる。

(2)鼻腔の粘膜に炎症を起こして腫れた状態を鼻炎といい、鼻汁過多や鼻閉(鼻づまり)などの症状を生じる。

(3)鼻腔に隣接した目と目の間、額部分、頬の下、鼻腔の奥に空洞があり、総称して副鼻腔といい、いずれも鼻腔と細い管でつながっている。

(4)鼻中隔の前部は、毛細血管が豊富に分布していることに加えて粘膜が薄いため、傷つきやすく鼻出血を起こしやすい。

(5)副鼻腔は、鼻腔と同様、線毛を有し粘液を分泌する細胞でできた粘膜で覆われている。

 

 

回答と解説
ポイントテスト2
(1)○
(2)○
(3)○
(4)○
(5)○

 

 

3)耳 

聴覚情報と平衡感覚を感知する器官で、外耳[がいじ]、中耳[ちゅうじ]、内耳[ないじ]からなる。側頭部の左右両側に1対あり、音の立体感を認識することができる。 

(a) 外耳 

耳介と外耳道からなる。
耳介 :軟骨組織で外耳道の軟骨部を連なっており、音を集める。

外耳道:軟骨部には耳毛が生え、埃の侵入を防ぐ

外耳道にある耳垢腺(汗腺の一種)や皮脂腺からの分泌物に、埃や外耳道上皮の老廃物などが混じって耳垢(耳あか)となる。 

 

(b) 中耳 

外耳と内耳をつなぐ部分で、鼓膜、鼓室、耳小骨、耳管からなる。 
音は、鼓膜を振動させ、鼓室内部の3つの耳小骨が鼓膜の振動を増幅し、内耳へ伝導する。 
鼓室は、耳管で鼻腔や咽頭と通じており、鼓膜が破れないように気圧の均衡を守る。

小さな子供では、耳管が太く短くて、走行が水平に近いため、鼻腔からウイルスや細菌が侵入し感染が起こりやすい。 

 

(c) 内耳

聴覚器官である蝸牛[かぎゅう]と、平衡器官である前庭[ぜんてい]の2つの部分からなり、どちらもリンパ液で満たされている。 

蝸牛は渦巻き形をした器官で、耳小骨から伝わる振動がリンパ液を震わせ、聴細胞の感覚毛を揺らすことで、聴神経が刺激される。 

前庭は、水平・垂直方向の加速度を感知する部分(耳石器官)と、体の回転や傾きを感知する部分(半規管)に分けられる。リンパ液の動きで平衡感覚として感知される。

乗り物酔い(動揺病)は、乗り物に乗っているとき反復される加速度刺激や動揺によって、平衡感覚が混乱して生じる身体の変調である。

 

ポイントテスト3

下記問題を正誤で答えよ(回答は下)

(1)耳垢は、内耳にある耳垢腺や皮脂腺からの分泌物に、埃や内耳上皮の老廃物などが混じったものである。 

(2)耳は、聴覚情報と平衡感覚を感知する器官で、外耳、中耳、内耳からなる。

(3)蝸牛の内部は、リンパ液で満たされているが、前庭の内部は、空洞である。

(4)小さな子供では、耳管が太く短くて、走行が水平に近いため、鼻腔からウイルスや細菌が侵入し感染が起こりやすい。

(5) 外耳は、聴覚器官である蝸牛と、平衡器官である前庭からなる。

 

 

回答と解説
ポイントテスト3
(1)×:内耳ではなく外耳
(2)○
(3)×:蝸牛、前庭どちらもリンパ液で満たされています。
(4)○
(5)×:外耳ではなく内耳


今回は感覚器官についての解説でした。感覚器にはあと、触覚:皮膚の内容がありますが、また次ページにて解説いたします。 毎日こまめにがんばりましょう。お疲れさまでした。

広告A

広告b

2019年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン



-2章:人体の働きと医薬品
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 2019年登録販売者試験対策 , 2018 All Rights Reserved.