更新中

2018年 富山 石川 岐阜 静岡 愛知 三重の登録販売者試験過去問題 第3章 主な医薬品とその作用 問1~10


2018年【富山 石川 岐阜 静岡 愛知 三重】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

第3章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 問1~10

問1 かぜに関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a 「かぜ」(感冒)は単一の疾患ではなく、医学的にはかぜ症候群といわれている。

b 非感染性であるアレルギーや冷気、乾燥は、かぜの要因にはあたらない。

c かぜの原因となるウイルスは、20種類程度といわれており、それぞれ活動に適した環境があるため、季節や時期などによって原因となるウイルスの種類は異なる。

d インフルエンザ(流行性感冒)は、感染力が強く、また、重症化しやすいため、かぜとは区別して扱われる。

1(a、c)
2(b、c)
3(b、d)
4(a、d)

 

 

解説

  1. 誤:約8割はウイルスだが、その他細菌や非感染性の存在する。
  2. 誤:かぜの原因となるウイルスは200種類を超える。

正解 4

出題範囲のページ

第3章-1日目:Ⅰ-①かぜ薬

 


問2 かぜ薬の配合成分とその作用との関係の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

(配合成分) (作用)
a ジフェンヒドラミン塩酸塩 - 抗ヒスタミン作用

b セネガ - 抗コリン作用

c コデインリン酸塩 - 去痰作用

d グリチルリチン酸二カリウム - 抗炎症作用

  a b c d
1 正 誤 誤 正
2 誤 誤 正 誤
3 誤 正 誤 正
4 正 誤 正 誤
5 誤 正 誤 誤

 

 

解説

  1. 誤:セネガは去痰作用を示す。
  2. 誤:コデインは鎮咳作用

正解 1

出題範囲のページ

第3章-1日目:Ⅰ-①かぜ薬

 


問3 痛みや発熱が起こる仕組み及び解熱鎮痛薬の働きに関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a プロスタグランジンはホルモンに似た働きをする物質で、体の各部位で発生した痛みが脳へ伝わる際に、そのシグナルを増幅することで痛みの感覚を強めている。

b プロスタグランジンには、脳の下部にある体温を調節する部位(温熱中枢)に作用して、体温を通常よりも高く維持するように調節する働きがある。

c 解熱鎮痛薬は、発熱や痛みの原因となっている病気や外傷を根本的に治すことができる医薬品(内服薬)の総称である。

d 月経そのものが起こる過程にプロスタグランジンは関わっていないため、月経痛(生理痛)には、解熱鎮痛薬の効能・効果が期待できない。

a b c d
1 誤 誤 正 正
2 正 誤 誤 正
3 正 正 誤 誤
4 正 正 正 誤
5 誤 正 正 正

 

 

解説

  1. 正:プロスタグランジンは痛みの原因ではなく、痛みのシグナルを強強していることがポイント
  2. 誤:根本的治療ではなく、発熱や痛みに対する対処療法である。
  3. 誤:月経痛にもプロスタグランジンが関与しているため、解熱鎮痛剤の効果が期待できる。期待できないのは痙攣性の内臓痛です。

正解 3

出題範囲のページ

第3章-2日目:Ⅰ-②: 解熱鎮痛薬

 


問4 解熱鎮痛薬の配合成分に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a サリチルアミドは、水痘(水疱瘡)又はインフルエンザにかかっている15歳未満の小児に対して使用しても問題はない。

b アセトアミノフェンは、主として中枢作用によって解熱・鎮痛をもたらすため、末梢における抗炎症作用は期待できない。

c イソプロピルアンチピリンは、ピリン系解熱鎮痛成分として用いられている。

d シャクヤクは、ツヅラフジ科のオオツヅラフジの蔓性の茎及び根茎を、通例、横切したものを基原とする生薬で、鎮痛、尿量増加(利尿)等の作用を期待して用いられる。

1(a、c)
2(b、c)
3(b、d)
4(a、d)

 

 

解説

  1. 誤:サリチルアミド、エテンザミドは水痘、インフルエンザにかかっている15歳未満の小児に対して使用を避ける必要がある。
  2. 正:その分、胃腸障害が少なく、空腹時にも服用できる製品もある。
  3. 正:一般用医薬品におけるピリン系はイソプロピルアンチピリンのみです。
  4. 誤:設問はボウイの説明文です。シャクヤクはボタン科のシャクヤクの根を基原とし、鎮痛鎮痙作用、鎮静作用を期待される。

正解 2

出題範囲のページ

第3章-2日目:Ⅰ-②: 解熱鎮痛薬

 


問5 眠気を促す薬及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 妊娠中にしばしば生じる睡眠障害は、ホルモンのバランスや体型の変化等が原因であり、睡眠改善薬の適用対象ではないとされる。

b ブロモバレリル尿素は胎児に障害を引き起こさない成分として知られており、妊婦又は妊娠していると思われる女性に使用される。

c 加味帰脾湯は、体力中等度以下で、心身が疲れ、血色が悪く、ときに熱感を伴うものの貧血、不眠症、精神不安、神経症に適すとされる。

d 生薬成分のみからなる鎮静薬や漢方処方製剤の場合は、飲酒を避けることとはなっていないが、アルコールが睡眠の質を低下させ、医薬品の効果を妨げることがある。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 誤 正
4 正 誤 正 誤
5 正 正 誤 正

 

 

解説

  1. 正:一般用医薬品における睡眠改善薬はあくまで一時的な不眠の解消です。
  2. 誤:ブロモバレリル尿素は胎児に影響を引き起こすことが知られている。
  3. 正:加味帰脾湯=血色が悪く熱感を伴う不眠症

正解 2

出題範囲のページ

第3章-3日目:Ⅰ-③: 睡眠に関する医薬品

 


問6 めまい(眩暈)及び鎮暈薬(乗物酔い防止薬)に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

1 乗物の運転操作をするときは、乗物酔い防止薬の使用を控える必要がある。

2 乗物酔い防止薬には、主として吐きけを抑えることを目的とした成分も配合されているが、つわりに伴う吐きけへの対処として使用することは適当でない。

3 6歳未満では、自律神経系が未発達であるため、乗物酔いが起こることはほとんどないとされている。そのため、一般用医薬品として、6歳未満を対象とした乗物酔い防止薬は販売されていない。

4 乗物酔いに伴う一時的な症状としてでなく、日常においてめまいが度々生じる場合には、基本的に医療機関を受診するなどの対応が必要である。

 

 

解説

  1. 正:乗物酔い防止薬のメインとなる抗めまい薬、抗ヒスタミン、抗コリンはどれも眠気を起こすため、運転は避ける必要がある。
  2. 誤:6歳ではなく、3歳未満の乳幼児への乗物酔い防止薬はないとされる。

正解 3

出題範囲のページ

第3章-4日目:Ⅰ-④: 鎮暈薬 (めまい止め)と小児鎮静薬について

 


問7 小児の疳を適応症とする生薬製剤・漢方処方製剤(小児鎮静薬)及びその配合成分に関する 記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a 症状の原因となる体質の改善を主眼としているものが多いが、比較的長期間(1ヶ月位)継続して服用されることはない。

b ゴオウは、緊張や興奮を鎮め、また、血液の循環を促す作用等を期待して用いられる。

c 小児の疳を適応症とする主な漢方処方製剤の1つとして、呉茱萸湯がある。

d カンゾウは、主として健胃作用を期待して用いられる。

1(a、c)
2(b、c)
3(b、d)
4(a、d)

 

 

解説

  1. 誤:体質改善を主眼としているため、比較的長期間継続して服用されることがある。
  2. 誤:呉茱萸湯は頭痛に効く漢方です。小児の疳には柴胡加竜骨牡蛎湯、桂枝加竜骨牡蛎湯、抑肝散、抑肝散加陳皮半夏、小建中湯がある。

正解 3

出題範囲のページ

第3章-4日目:Ⅰ-④: 鎮暈薬 (めまい止め)と小児鎮静薬について

 


問8 鎮咳去痰薬に配合される代表的な成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a ノスカピンは、モルヒネと同じ基本構造を持ち、依存性がある成分であり、麻薬性鎮咳成分とも呼ばれる。

b デキストロメトルファン臭化水素酸塩は、交感神経系を刺激して気管支を拡張させる作用を示し、呼吸を楽にして咳や喘息の症状を鎮めることを目的として用いられる。

c ブロムヘキシン塩酸塩は、気道粘膜からの分泌促進作用・溶解低分子化作用・線毛運動促進作用を示す。

d トラネキサム酸は、気道の炎症を和らげることを目的として、配合される場合がある。

  a b c d
1 正 正 誤 誤
2 誤 正 正 誤
3 誤 誤 正 正
4 誤 誤 誤 正
5 正 誤 誤 誤

 

 

解説

  1. 誤:ノスカピンは非麻薬性鎮咳成分です。
  2. 誤:デキストロメトルファン臭化水素酸塩は非麻薬性鎮咳成分です。

正解 3

出題範囲のページ

第3章-5日目:Ⅱ-① 鎮咳去痰薬

 


問9 次の鎮咳去痰薬として用いられる漢方処方製剤のうち、構成生薬にカンゾウを含んでいないものはどれか。

1 柴朴湯

2 神秘湯

3 五虎湯

4 半夏厚朴湯

5 麦門冬湯

 

 

解説

鎮咳去痰薬に登場する下記の漢方処方製剤の内、カンゾウを含まないのは半夏厚朴湯のみです。

  • 甘草湯
  • 半夏厚朴湯
  • 柴朴湯
  • 麦門冬湯
  • 五虎湯
  • 麻杏甘石湯
  • 神秘湯

正解 4

出題範囲のページ

第3章-5日目:Ⅱ-① 鎮咳去痰薬

 


問10 口腔咽喉薬及びうがい薬(含嗽薬)に用いられる配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a ヨウ素系殺菌消毒成分が口腔内に使用されても、甲状腺におけるホルモン産生に影響を及ぼす可能性はない。

b 摂取されたヨウ素の一部が乳汁中に移行することが知られているため、母乳を与える女性では、ヨウ素系殺菌消毒成分が配合されたものの使用に留意される必要がある。

c ポビドンヨードが配合された含嗽薬では、その使用によって銀を含有する歯科材料(義歯 等)が変色することがある。

d ヨウ素は、レモン汁やお茶などに含まれるビタミンCと反応すると殺菌作用が増強される。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 誤 正
4 正 誤 正 誤
5 正 正 誤 正

 

 

解説

  1. 誤:ヨウ素の摂取につながるため、甲状腺におけるホルモン産生に影響を及ぼす可能性がある。
  2. 誤:ヨウ素はビタミンCと反応すると脱色し、殺菌作用が失われます。

正解 1

出題範囲のページ

第3章-6日目:Ⅱ-②口腔咽喉薬、 含嗽薬

 


出題範囲の解説ページまとめ

問1~2 :第3章-1日目:Ⅰ-①かぜ薬

問3~4 :第3章-2日目:Ⅰ-②: 解熱鎮痛薬

問5      :第3章-3日目:Ⅰ-③: 眠気に関する医薬品

問6~7 :第3章-4日目:Ⅰ-④:鎮暈薬と小児鎮静薬について

問8~9 :第3章-5日目:Ⅱ-① 鎮咳去痰薬

問10  :第3章-6日目:Ⅱ-②口腔咽喉薬、 含嗽薬

富山 石川 岐阜 静岡 愛知 三重の過去問題に戻る

広告A

広告b

2019年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン



更新日:

執筆者:吉川 泰紀

Copyright© 2019年登録販売者試験対策 , 2019 All Rights Reserved.