2019年 福井の登録販売者試験過去問題 第3章 主な医薬品とその作用 問41~50


2019年(R01)【福井】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

広告A

第3章 主な医薬品とその作用 問41~50

問41 月経不順の諸症状に用いられる漢方処方製剤について、正しいものの組み合わせはどれか。
  1. 猪苓湯
  2. 当帰芍薬散
  3. 八味地黄丸
  4. 加味逍遙散

1(a、b) 2(a、c)
3(b、d) 4(c、d)

 

 

解説

月経や更年期障害に伴う諸症状に用いられる漢方処方製剤

温経湯、温清飲、加味逍遙散、桂枝茯苓丸、五積散、柴胡桂枝乾姜湯、四物湯、桃核承気湯、当帰芍薬散

  1. 誤:猪苓湯は泌尿器用薬である。
  2. 誤:八味地黄丸は泌尿器用薬である。

正解 3

出題範囲のページ

第3章-13日目:Ⅵ 婦人薬

 


問42 アレルギーに関する記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。なお、2箇所の( c )内は、いずれも同じ字句が入る。

アレルゲンが皮膚や粘膜から体内に入り込むと、その物質を特異的に認識した( a )によって( b )が刺激され、細胞間の刺激の伝達を担う生理活性物質である( c )やプロスタグランジン等の物質が遊離する。遊離した ( c )は、血管拡張、血管透過性亢進等の作用を示す。

  a       b     c
1 免疫グロブリン 肥満細胞 ヒスタミン
2 免疫グロブリン 肥満細胞 アドレナリン
3 免疫グロブリン 交感神経 ヒスタミン
4 肥満細胞 交感神経 アドレナリン
5 肥満細胞 副交感神経 アドレナリン

 

 

解説

  1. 免疫グロブリン
  2. 肥満細胞
  3. ヒスタミン

正解 1

出題範囲のページ

第3章-14日目:Ⅶ 内服アレルギー用薬

 


問43 内服アレルギー用薬の配合成分と、使用上の注意に関する記述について、正 しいものの組み合わせはどれか。
  成分 使用上の注意
ジフェンヒドラミン塩酸塩 授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けること。
メキタジン 重篤な副作用として胃潰瘍が起こることがある。
ヨウ化イソプロパミド 服用後、乗物または機械類の運転操作をしないこと。
プソイドエフェドリン塩酸塩 低血圧の診断を受けた人は、服用前に医師または薬剤師に相談すること。

1(a、b) 2(a、c)
3(b、d) 4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:メキタジンについては、まれに重篤な副作用としてショック、肝機能障害、血小板減少を生じることがある。 
  2. 誤:プソイドエフェドリ ン塩酸塩は心臓病、高血圧、糖尿病、甲状腺機能障害、前立腺肥大による排尿困難の症状を悪化させるため、使用を避ける。

正解 2

出題範囲のページ

第3章-14日目:Ⅶ 内服アレルギー用薬

 


問44 鼻炎用点鼻薬の配合成分とその作用に関する記述について、誤っているもの はどれか。
  [成分] [作用]
1 リドカイン 局所を麻酔し、鼻粘膜の過敏性や痛みや痒みを抑える。
2 ケトチフェン ヒスタミンの働きを抑えることにより、くしゃみや鼻汁等の症状を緩和する。
3 ナファゾリン塩酸塩 副交感神経を刺激して鼻粘膜を通っている血管を拡張させ、鼻粘膜の腫れを和らげる。
4 グリチルリチン酸二カリウム 抗炎症作用により鼻粘膜の炎症を和らげる。

 

 

解説

  1. 誤:ナファゾリン塩酸塩は交感神経を刺激して鼻粘膜を通っている血管を収縮させ、鼻粘膜の腫れを和らげる。

正解 3

出題範囲のページ

第3章-15日目:Ⅷ 点鼻薬

 


問45 眼科用薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
  1. ネオスチグミンメチル硫酸塩は、コリンエステラーゼの働きを抑え、毛様体におけるアセチルコリンの働きを助けることで、目の調節機能を改善する。
  2. コンドロイチン硫酸ナトリウムは、交感神経を刺激し、結膜を通っている血管を収縮させて目の充血を除去する。
  3. プラノプロフェンは、炎症の原因となる物質の生成を抑え、目の炎症を改善する。
  4. スルファメトキサゾールは、抗菌作用を示し、結膜炎やものもらい(麦粒腫)などの化膿性の症状を改善する。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 正 誤 正 正

 

 

解説

  1. 誤:コンドロイチン硫酸ナトリウムは、結膜や角膜の乾燥を防ぐ。

正解 5

出題範囲のページ

第3章-16日目:Ⅸ 眼科用薬

スポンサーリンク

広告A


問46 点眼薬を使用する際の注意点に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
  1. コンタクトレンズをしたままでの点眼は、添付文書に使用可能と記載されてない限り行うべきでない。
  2. 点眼後は、数秒間、まばたきを繰り返して、薬液を結膜嚢内に行き渡らせる。
  3. 一度に何滴も点眼しても効果が増すわけではないので、1回に1滴ずつ正確に点眼する。
  4. 点眼薬では、目の充血や痒み、腫れ等の局所性の副作用が現れることはあるが、全身性の副作用が現れることはない。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 誤 正
4 正 誤 正 誤
5 正 正 誤 正

 

 

解説

  1. 誤:点眼後は、数秒間、眼瞼を閉じて薬液を行き渡らせる。
  2. 誤:点眼薬の全身性の副作用として、皮膚に発疹 、発赤、痒み等が現れることがある。

正解 4

出題範囲のページ

第3章-16日目:Ⅸ 眼科用薬

 


問47 きず口等の殺菌消毒成分に関する記述について、正しいものの組み合わせは どれか。
  1. オキシドールの作用は持続的で、組織への浸透性は高い。
  2. マーキュロクロムは、ヨードチンキと混合すると不溶性沈殿を生じて殺菌作用が低下する。
  3. 消毒用エタノールの作用は、過酸化水素の分解に伴って発生する活性酸素による酸化および発生する酸素による泡立ちによる物理的な洗浄効果である。
  4. クロルヘキシジン塩酸塩は、一般細菌類、真菌類に対して比較的広い殺菌消毒作用を示すが、結核菌やウイルスに対する殺菌消毒作用はない。

1(a、b) 2(a、c)
3(b、d) 4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:オキシドールの作用は、活性酸素による酸化、酸素の泡立ちによる洗浄効果であり、作用持続性は乏しく、組織への浸透性も低い。 
  2. 誤:消毒用エタノールではなく、オキシドールの説明文である。

正解 3

出題範囲のページ

第3章-17日目:Ⅹ-① 皮膚の 殺菌消毒

 


問48 外皮用薬として用いられる非ステロイド性抗炎症成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
  1. プロスタグランジンの産生を抑制することで作用を発揮する。
  2. 外皮用薬として使用する場合に限っては、内服とは違い喘息の副作用を起こすことはない。
  3. 筋肉痛や関節痛等に対して、繰り返し使用することで鎮痛効果が増すことが期待できる。
  4. 痛みや腫れを鎮めることでかえって皮膚感染が自覚されにくくなるおそれがあり、化膿している患部については使用を避ける必要がある。

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 誤 誤 正
3 誤 誤 正 誤
4 正 正 誤 誤
5 誤 誤 誤 正

 

 

解説

  1. 誤:内服で用いられる解熱鎮痛成分と同様に外皮用薬も喘息の副作用を引き起こす可能性がある。
  2. 誤:過度に使用しても鎮痛効果が増すことはなく、安全性が確認されていないため、長期連用は避ける必要がある。

正解 2

出題範囲のページ

第3章-18日目:Ⅹ-② 皮膚の痛み ,痒み,保湿

 


問49 肌の角質化、かさつきを改善する成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
  1. いぼに用いる医薬品は、原因となるウイルスに対する抑制作用を有している。
  2. サリチル酸は、角質成分を溶解することにより角質軟化作用を示す。
  3. 尿素は、角質層を構成するケラチンを変質させることにより角質軟化作用を示す。
  4. オリブ油は、角質層の水分保持量を高め、皮膚の乾燥を改善する。

  a b c d
1 正 正 誤 正
2 正 正 誤 誤
3 誤 正 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:いぼの原因となるウイルスに対する抑制作用はない。
  2. 誤:尿素ではなく、イオウの説明文である。尿素は保湿成分である。

正解 4

出題範囲のページ

第3章-18日目:Ⅹ-② 皮膚の痛み ,痒み,保湿

 


問50 化膿性皮膚疾患の治療に関する記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

にきびは、最も一般的に生じる化膿性皮膚疾患である。その発生要因の一つとしては、老廃物がつまった毛穴の中で皮膚常在菌である( a )が繁殖す ることが挙げられる。
また、バシトラシンは、細菌の( b )を阻害することにより抗菌作用を示すことで、化膿性皮膚疾患の治療に使用される。

  a    b
1 アクネ菌 タンパク質合成
2 アクネ菌 細胞壁合成
3 黄色ブドウ球菌 DNA合成
4 黄色ブドウ球菌 細胞壁合成
5 白癬菌 タンパク質合成

 

 

解説

  1. アクネ菌
  2. 細胞壁合成

正解 2

出題範囲のページ

第3章-19日目:Ⅹ-③ 皮膚の抗菌,抗真菌と発毛

スポンサーリンク

広告A


2019年 福井の登録販売者試験 過去問題  

内容 問題(解説付き) 模擬試験用(解説なし)
第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 1~10 11~20

午前問題

答え

午後問題

答え

第2章 人体の働きと医薬品 61~70 71~80
第3章 主な医薬品とその作用 21~30 31~40 41~50 51~60
第4章 薬事関係法規・制度 81~90 91~100
第5章 医薬品の適正使用・安全対策 101~110 111~120

福井の登録販売者試験 過去問題に戻る

広告A

広告b

2020年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン

固定記事下部関連広告



執筆者: 吉川 泰紀

Copyright© 2020年登録販売者試験対策 , 2020 All Rights Reserved.