2019年 福井の登録販売者試験過去問題 第5章 医薬品の適正使用と安全対策 問101~110


2019年(R01)【福井】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

広告A

第5章 医薬品の適正使用と安全対策 問101~110

問101 一般用医薬品の添付文書に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。
  1. 添付文書中、販売名の上部に、「使用にあたって、この説明書を必ず読むこと。また、必要なときに読めるよう大切に保存すること。」等の文言が記載されている。
  2. 添付文書の内容は、医薬品の有効性・安全性等に係る新たな知見、使用に係る情報に基づき、必ず1年に1回、改訂される。
  3. 添付文書は、実際に使用する人やその時の状態によって留意されるべき事項が異なってくるため、必要なときにいつでも取り出して読むことができるように保管する。
  4. 薬効名とは、その医薬品の薬効又は性質が簡潔な分かりやすい表現で示されたもので、販売名に薬効名が含まれているような場合であっても、薬効名は必ず記載されている。

1(a、b) 2(a、c)
3(b、c) 4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:医薬品の添付文書の内容は、有効性・安全性等に係る新たな知見、使用に係る情報に基づき、必要に応じて随時改訂がなされる。
  2. 誤:販売名に薬効名が含まれているような場合には(例えば、「○○○胃腸薬」など)、薬効名の記載は省略されることがある。

正解 2

出題範囲のページ

第5章-1日目:Ⅰ-① 添付文書 の読み方

 


問102 一般用医薬品の添付文書の「使用上の注意」に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。
  1. 「してはいけないこと」の項目には、守らないと症状が悪化する事項、副作用または事故等が起こりやすくなる事項について記載されている。
  2. 「医師又は歯科医師の治療を受けている人」は、自己判断で一般用医薬品が使用されると、治療の妨げとなることがあるため、「相談すること」の項目に記載されている。
  3. 重篤な副作用として、ショック(アナフィラキシー)、喘(ぜん)息等が掲げられている医薬品では、「本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人は注意して使用すること」と記載されている。
  4. 小児に使用される医薬品においては、小児では通常当てはまらない「服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないこと」等の記載はされない。

1(a、b) 2(a、c)
3(b、c) 4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:ショック、喘息等が掲げられている医薬品では、「アレルギーの既往歴がある人等は使用しないこと」として記載されている。
  2. 誤:小児に使用される医薬品においても、小児では通常該当しない内容も含め、一般的な注意事項として記載されている。

正解 1

出題範囲のページ

第5章-1日目:Ⅰ-① 添付文書 の読み方

 


問103 医薬品PLセンターに関する記述の正誤について、正しいものの組み合せはどれか。
  1. 平成7年7月の製造物責任法(PL法)の施行と同時に、日本製薬団体連合会において開設された。
  2. 消費者の代理人として、裁判を迅速に終了させることを目的としている。
  3. 医薬品または医薬部外品に関する苦情の相談のうち、健康被害に関する苦情のみを受け付けている。
  4. 医薬品副作用被害制度の対象とならないケースのうち、製品不良など製薬企業に損害賠償責任がある場合には、医薬品PLセンターへの相談が推奨される。

1(a、b) 2(a、d)
3(b、c) 4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:医薬品又は医薬部外品に関する苦情について製造販売元の企業と交渉するに当たって公平・中立な立場で受け付け、交渉の仲介や調整を行い、裁判によらない迅速な解決に導くことを目的としている。
  2. 誤:医薬品又は医薬部外品に関する苦情について健康被害以外の損害も受け付けている。

正解 2

出題範囲のページ

第5章-6日目:Ⅲ,Ⅳ,Ⅴ 健康被害の救済

 


問104 一般用医薬品の保管および取扱い上の注意に関する記述について、正しいも のの組み合わせはどれか。
  1. 家庭内において、小児が容易に手に取れる場所や、小児の目につくところに医薬品が置かれていた場合に、誤飲事故が多く報告されている。
  2. 医薬品を旅行や勤め先等へ携行するために別の容器へ移し替えると、中身がどんな医薬品であったか分からなくなってしまい、誤用の原因となるおそれがある。
  3. シロップ剤は、室温との急な温度差で変質するおそれがあるため、冷蔵庫内で保管をしてはならない。
  4. 点眼薬は、開封後長期間保存すると変質するおそれがあるため、家族間で共用し、できる限り早目に使い切ることが重要である。

1(a、b) 2(a、c)
3(b、c) 4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:シロップ剤などは変質しやすいため、開封後は冷蔵庫内に保管されるのが望ましい。
  2. 誤:点眼薬では、複数の使用者間で使い回すことで細菌汚染があった場合に別の使用者に感染するおそれがあるため、他の人と共用しない。

正解 1

出題範囲のページ

第5章-1日目:Ⅰ-① 添付文書 の読み方

 


問105 医薬品の使用期限に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
  1. 開封された状態で保管された場合に品質が保持される期限である。
  2. すべての医薬品について、使用期限の表示に関する法的な表示義務がある。
  3. 配置販売される医薬品では、使用期限の代わりに「消費期限」と記載される。
  4. 外部の容器または被包および添付文書に記載しなければならない。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 誤 正 誤
3 正 正 誤 正
4 正 誤 誤 誤
5 誤 誤 誤 誤

 

 

解説

  1. 誤:「使用期限」は未開封状態で保管された場合に品質が保持される期限である。
  2. 誤:適切な保存条件の下で製造後3年を超えて安定な医薬品においては法的な表示義務はない。
  3. 誤:配置販売される医薬品では、「配置期限」として記載される。
  4. 誤:添付文書には記載の義務はない。

正解 5

出題範囲のページ

第5章-4日目:Ⅰ-④ 製品表示の読み方

スポンサーリンク

広告A


問106 一般用医薬品の添付文書を構成する項目について、誤っているものはどれか。
  1. 改訂年月
  2. 保管及び取扱上の注意
  3. 消費者相談窓口
  4. 製造販売業者の許可番号及び許可年月日
  5. 成分及び分量(一般用検査薬では「キットの内容及び成分・分量」)

 

 

解説

  1. 誤:製造販売業者の許可番号及び許可年月日ではなく、製造販売業者の名称及び所在地が記載される。

正解 4

出題範囲のページ

第5章-1日目:Ⅰ-① 添付文書 の読み方

 


問107 医薬品の副作用情報の評価および措置に関する記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

各制度により集められた副作用情報については、( a )において専門委員の意見を聴きながら調査検討が行われ、その結果に基づき、( b )は、薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて、使用上の注意の改訂の指示等を通じた注意喚起のための情報提供や、効能・効果や用法・用量の一部変更、調査・実験の実施の指示、製造・販売の中止、製品の回収等の安全対策上必要な行政措置を講じている。

  a              b
1 日本製薬団体連合会     都道府県知事
2 日本製薬団体連合会     (独)医薬品医療機器総合機構
3 (独)医薬品医療機器総合機構 厚生労働大臣
4 日本製薬団体連合会     厚生労働大臣
5 (独)医薬品医療機器総合機構 都道府県知事

 

 

解説

  1. (独)医薬品医療機器総合機構
  2. 厚生労働大臣

正解 3

出題範囲のページ

第5章-5日目:Ⅱ 医薬品の安全対策

 


問108 医薬品の製造販売業者等が行う安全性等の調査に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
  1. 登録販売者は、製造販売業者等が行う情報収集に協力するよう努めなければならない。
  2. 一般用医薬品では、承認後の副作用等の発現状況等の調査は求められていない。
  3. 医療用医薬品で使用されていた有効成分を一般用医薬品で初めて配合したものについては、承認条件として承認後の一定期間(概ね3年)、安全性に関する調査および調査結果の報告が求められている。
  4. 製造販売業者は、副作用等の情報収集の義務を負う。

  a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 正
4 誤 正 正 正
5 正 正 正 正

 

 

解説

  1. 誤:一般用医薬品に関しても、承認後の調査が製造販売業者等に求められる。

正解 3

出題範囲のページ

第5章-5日目:Ⅱ 医薬品の安全対策

 


問109 医薬品・医療機器等安全性情報報告制度に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
  1. 医薬品との因果関係が明確な健康被害のみ報告する。
  2. 医薬部外品または化粧品による健康被害も、自発的な情報協力が要請されている。
  3. 健康食品による健康被害も任意に報告する。
  4. 安全対策上必要がある医薬品の過量使用や誤用等による健康被害も報告する。

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 誤 誤 正
3 誤 正 正 正
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 正

 

 

解説

  1. 誤:医薬品との因果関係が必ずしも明確でない健康被害であっても報告の対象となり得る。
  2. 誤:健康食品によると疑われる健康被害については、最寄りの保健所に連絡することとなっている。

正解 4

出題範囲のページ

第5章-5日目:Ⅱ 医薬品の安全対策

 


問110 医薬品の副作用被害の救済制度に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
  1. サリドマイド事件等を踏まえ、1979年に医薬品副作用被害救済基金法が制定され、副作用被害に関する救済制度が創設された。
  2. 医薬品副作用被害救済制度とは、医薬品を適正に使用したにもかかわらず副作用による一定の健康被害が生じた場合について、医療費などの給付を行い被害者の迅速な救済を図るものである。
  3. 医薬品による副作用被害が明らかな場合には、被害を受けた本人や家族の申請が無くても、厚生労働大臣は、医療費等の各種給付を行うことができる。
  4. 副作用被害の救済給付に必要な費用は、製造業者からの拠出金が充てられる。

  a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 正 誤 誤
4 誤 誤 正 誤
5 誤 正 誤 正

 

 

解説

  1. 誤:健康被害を受けた本人(又は家族)が総合機構へ給付請求する必要がある。
  2. 誤:救済給付業務に必要な費用のうち、給付費については製造販売業者から年度ごとに納付される拠出金が充てられる。そのほか事務費については2分の1相当額が国庫補助により賄われている。

正解 3

出題範囲のページ

第5章-6日目:Ⅲ,Ⅳ,Ⅴ 健康被害の救済

スポンサーリンク

広告A


2019年 福井の登録販売者試験 過去問題  

内容 問題(解説付き) 模擬試験用(解説なし)
第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 1~10 11~20

午前問題

答え

午後問題

答え

第2章 人体の働きと医薬品 61~70 71~80
第3章 主な医薬品とその作用 21~30 31~40 41~50 51~60
第4章 薬事関係法規・制度 81~90 91~100
第5章 医薬品の適正使用・安全対策 101~110 111~120

福井の登録販売者試験 過去問題に戻る

広告A

広告b

2020年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン

固定記事下部関連広告



執筆者: 吉川 泰紀

Copyright© 2020年登録販売者試験対策 , 2020 All Rights Reserved.