サイト更新中

2018年 大阪の登録販売者試験過去問題 第3章 主な医薬品とその作用 問11~20


2018年(H30)【大阪】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

第3章 主な医薬品とその作用 問11~20

問11 次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. オウレンが配合された健胃薬は、苦味があるので、散剤をオブラートで包む等、味や香りを遮蔽する方法で服用するとよい。
  2. スクラルファートは、アルミニウムを含む成分であるため、透析を受けている人では使用を避ける必要がある。
  3. 健胃薬、消化薬、整腸薬又はそれらの目的を併せ持つものには、医薬部外品として製造販売されている製品はない。

    a b c
1 正 正 正
2 正 正 誤
3 誤 誤 正
4 正 誤 誤
5 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:オウレンなどの健胃薬は、オブラートで包む等、味や香りを遮蔽すると効果が期待できません。
  2. 誤:医薬部外品として製造販売されている製品があります。

正解 5

出題範囲のページ

第3章-7日目:Ⅲ-① 胃の薬

 


問12 胃腸薬に含まれる成分のうち、胃液分泌抑制作用を期待して配合される成分として、 次のa~dの記述について、正しいものの組み合わせを下の1~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. カフェイン
  2. ピレンゼピン塩酸塩
  3. ロートエキス
  4. リパーゼ

1.(a ,b) 2.(a ,c) 3.(b ,c)
4.(b ,d) 5.(c ,d)

 

 

解説

  1. 誤:カフェインは胃液分泌亢進による胃腸障害の可能性があります。
  2. 誤:リパーゼは消化成分 です。

ロートエキス、ピレンゼピン塩酸塩は、副交感神経を抑える(抗コリン作用)により胃酸分泌を抑制します。

正解 3

出題範囲のページ

第3章-7日目:Ⅲ-① 胃の薬

 


問13 腸及び腸に作用する薬に関する次のa~dの記述について、正しいものの組み合わせを下の1~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. 水分の吸収は、大半が大腸で行われ、腸内容物が糞便となる過程で適切な水分量に調整される。
  2. 瀉下薬については、相乗効果が得られるため、複数の瀉下薬を併用することが望ましい。
  3. マルツエキスは、瀉下薬としては比較的作用が穏やかなため、主に乳幼児の便秘に用いられる。
  4. 下痢に発熱を伴う場合は、食中毒菌等による腸内感染症の可能性があるため、安易に止瀉薬を用いて症状を一時的に鎮めようとするのでなく、早期に医療機関を受診して原因の特定、治療がなされるべきである。

1.(a ,b) 2.(a ,c) 3.(b ,c)
4.(b ,d) 5.(c ,d)

 

 

解説

  1. 誤:水分の吸収の大半は小腸で行われ、大腸は適切な水分量に調整がされます。
  2. 誤:併用により作用が増強し、激しい腹痛を伴う下痢や下痢に伴う脱水症状等を生じるおそれがある

正解 5

出題範囲のページ

第3章-8日目:Ⅲ-② 腸の薬

 


問14 腸の薬の配合成分に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. ベルベリン塩化物は、細菌感染による下痢の症状を鎮めることを目的として用いられる。
  2. 酸化マグネシウムは、腸内容物の浸透圧を高めることにより、糞便中の水分量を減らす作用がある。
  3. センノシドは、小腸でリパーゼの働きによって生じる分解物が、小腸を刺激することで瀉下作用をもたらすと考えられている。

    a b c
1 正 正 正
2 正 正 誤
3 誤 誤 正
4 正 誤 誤
5 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:糞便中の水分量を増やす作用がある。
  2. 誤:センノシドではなく、ヒマシ油の説明文

正解 4

出題範囲のページ

第3章-8日目:Ⅲ-② 腸の薬

 


問15 胃腸鎮痛鎮痙薬に配合される成分とその主な副作用に関する次のa~dの記述について、正しいものの組み合わせを下の1~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

  成分             副作用

  1. ブチルスコポラミン臭化物 --- 散瞳
  2. ロートエキス ------------------ 下痢
  3. パパベリン塩酸塩 ------------- 胃液分泌抑制
  4. アミノ安息香酸エチル -------- メトヘモグロビン血症

1.(a ,b) 2.(a ,c) 3.(a ,d)
4.(b ,d) 5.(c ,d)

 

 

解説

  1. 誤:下痢ではなく、便秘
  2. 誤:胃液分泌を抑える作用はありません

正解 3

出題範囲のページ

第3章-9日目:Ⅲ-③胃腸鎮痛鎮痙,浣腸, 駆虫薬

 


問16 一般用医薬品の浣腸薬に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. 便秘以外のときにも直腸内容物の排除を目的として用いることは、使用方法として適切である。
  2. グリセリンが配合された浣腸薬が、肛門や直腸の粘膜に損傷があり出血しているときに使用されると、グリセリンが傷口から血管内に入って、赤血球の破壊(溶血)を引き起こすおそれがある。
  3. 坐剤を挿入した後は、すぐに排便を試みる必要がある。

     a b c
1 正 正 正
2 正 誤 正
3 誤 誤 正
4 正 誤 誤
5 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:浣腸薬は、便秘の場合に排便を促すことを目的として、直腸内に適用される医薬品
  2. 誤:十分効果を得るため、便意が強まるまでしばらく我慢する

正解 5

出題範囲のページ

第3章-9日目:Ⅲ-③胃腸鎮痛鎮痙,浣腸, 駆虫薬

 


問17 次のa~cの( )に入る字句の正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

一般用医薬品の強心薬は、疲労やストレス等による( a )の心臓の働きの乱れについて、心臓の働きを整えて、動悸や息切れ等の症状の改善を目的として用いられる。 その代表的な配合成分として、シナヒキガエル等の毒腺の分泌物を集めた( b ) や、マンシュウアカジカ等の雄のまだ角化していない、若しくは、わずかに角化した幼角を用いた( c )などがある。

  a b c
1 重度 リュウノウ ロクジョウ
2 重度 センソ ゴオウ
3 重度 センソ ロクジョウ
4 軽度 リュウノウ ゴオウ
5 軽度 センソ ロクジョウ

 

 

解説

  1. 軽度
  2. センソ
  3. ロクジョウ

リュウノウ:中枢神経系の刺激作用による気つけ効果を期待

ゴオウ:ウシ科のウシの胆嚢中に生じた結石を基原とする生薬

正解 5

出題範囲のページ

第3章-10日目:Ⅳ-① 強心薬 ,高コレステロール

 


問18 高コレステロール改善薬に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. パンテチンは、低密度リポタンパク質(LDL)等の異化排泄を促進し、リポタンパクリパーゼ活性を高めて、高密度リポタンパク質(HDL)産生を高める作用があるとされる。
  2. ビタミンEは、コレステロールの生合成抑制と排泄・異化促進作用、中性脂肪抑制作用、過酸化脂質分解作用を有すると言われている。
  3. 高コレステロール改善薬は、ウエスト周囲径(腹囲)を減少させるなどの痩身効果を目的とする医薬品である。

    a b c
1 正 正 正
2 正 誤 正
3 誤 誤 正
4 正 誤 誤
5 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:ビタミンEはコレステロールからの過酸化脂質の生成を抑える
  2. 誤:痩せる効果を目的とする医薬品ではありません。

正解 4

出題範囲のページ

第3章-10日目:Ⅳ-① 強心薬 ,高コレステロール

 


問19 次の表は、ある貧血用薬に含まれている成分の一覧である。 この貧血用薬に関する次のa~dの記述について、正しいものの組み合わせを下の1 ~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
1日量(2錠)中
溶性ピロリン酸第二鉄 79.5mg
シアノコバラミン(ビタミンB12) 50μg
葉酸 2mg
  1. 服用の前後30分にタンニン酸を含む飲食物を摂取すると、鉄の吸収が良くな る。
  2. 本剤に配合されている葉酸とビタミンB12は、正常な赤血球の形成に働くことを期待して配合されている。
  3. 本剤の主な副作用として、便秘、下痢等の胃腸障害が現れることがある。
  4. 鉄欠乏性貧血を予防するため、貧血の症状がみられる以前から継続的に本剤を使用することが適当である。

1.(a ,b) 2.(a ,c) 3.(a ,d)
4.(b ,c) 5.(b ,d)

 

 

解説

  1. 誤:鉄の吸収が悪くなる
  2. 正:鉄剤の副作用のため胃腸障害が現れることがある
  3. 誤:予防的な使用は不適切

正解 4

出題範囲のページ

第3章-11日目:Ⅳ-② 鉄剤 とその他循環器用薬

 


問20 ユビデカレノンに関する次の1~5の記述について、誤っているものを一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. エネルギー代謝に関与する酵素の働きを助ける成分で、摂取された栄養素からエネルギーが産生される際にビタミンB群とともに働く。
  2. 心筋の酸素利用効率を高めて収縮力を抑えることによって、血液循環の改善効果を示すとされる。
  3. 動悸、息切れ、むくみの症状は、高血圧症、呼吸器疾患などが原因となって起こることもあるので、これらの基礎疾患がある人では、使用する前にその適否につき、治療を行っている医師又は処方薬の調剤を行った薬剤師に相談するべきである。
  4. 副作用として、胃部不快感、食欲減退、吐きけ、下痢、発疹・痒みが現れることがある。
  5. 別名コエンザイムQ10とも呼ばれる。

 

 

解説

  1. 誤:収縮力を高めて血液循環の改善効果を示す

正解 2

出題範囲のページ

第3章-11日目:Ⅳ-② 鉄剤 とその他循環器用薬

 



2018年 大阪の過去問題  

内容 問題(解説付き) 模擬試験用(解説なし)
第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 1~10 11~20

午前問題

答え

午後問題

答え

第2章 人体の働きと医薬品 1~10 11~20
第3章 主な医薬品とその作用 1~10 11~20 21~30 31~40
第4章 薬事関係法規・制度 1~10 11~20
第5章 医薬品の適正使用・安全対策 1~10 11~20

大阪の過去問題に戻る

広告A

広告b

2020年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン

固定記事下部関連広告



執筆者: 吉川 泰紀

Copyright© 2020年登録販売者試験対策 , 2020 All Rights Reserved.