2018年 奈良の登録販売者試験過去問題 第2章 人体の働きと医薬品 問11~20


2018年(H30)【奈良】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

第2章 人体の働きと医薬品 問11~20

問11 医薬品が働く仕組みに関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 内服薬は、全身作用を示すものが多いが、膨潤性下剤のように、有効成分が消化管内で作用するものもあり、その場合に現れる作用は局所作用である。
  2. 口腔粘膜から吸収された医薬品の成分は、初めに肝臓で代謝を受けてから全身に分布する。
  3. 局所作用を目的とする医薬品の場合、全身性の副作用が生じることはない。

    a b c
1 正 誤 正
2 正 正 誤
3 誤 誤 正
4 誤 正 正
5 正 誤 誤

 

 

解説

  1. 誤:口腔粘膜から吸収された医薬品の成分は、初めに肝臓で代謝を受けることなく全身に分布します。
  2. 誤:局所作用を目的とする医薬品の場合も全身性の副作用が生じる場合がある

正解 5

出題範囲のページ

第2章-8日目:Ⅱ- 薬の働く仕組み

 


問12 ショック(アナフィラキシー)に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 発症後の進行が非常に速やかな(通常、2時間以内に急変する。)ことが特徴である。
  2. 一旦発症すると、病態は急激に悪化することが多く、適切な対応が遅れるとチアノーゼや呼吸困難等を生じ、致命的な転帰をたどることがある。
  3. 発症後、直ちに救急救命処置が可能な医療機関を受診する必要がある。
  4. 医薬品によるショックは、以前にその医薬品によって蕁麻疹等のアレルギーを起こしたことがある人では起きる可能性が低い。

  a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 誤
3 正 誤 正 正
4 誤 正 正 正
5 誤 誤 誤 正

 

 

解説

  1. 誤:低いではなく、高い

正解 1

出題範囲のページ

第2章-9日目:Ⅲ 症状からみた主な副作用

 


問13 医薬品の副作用として現れる肝機能障害に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 原因と考えられる医薬品を漫然と使用し続けると、不可逆的な病変(肝不全)を生じ、死に至ることがある。
  2. 肝機能障害が疑われた時点で、原因と考えられる医薬品の使用を中止し、医師の診療を受けることが重要である。
  3. 黄疸とは、コレステロールが胆汁中へ排出されずに血液中に滞留することにより生じる、皮膚や白眼が黄色くなる病態である。
  4. アレルギー性の肝機能障害は、有効成分又はその代謝物の直接的肝毒性が原因で起きる。

  a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 誤
3 正 誤 正 正
4 誤 正 正 正
5 誤 誤 誤 正

 

 

解説

  1. 誤:コレステロールではなく、ビリルビン(黄色色素)である。
  2. 誤:アレルギー性の肝機能障害は直接的毒性ではなく、抗原抗体反応が原因で起きる。

正解 2

出題範囲のページ

第2章-9日目:Ⅲ 症状からみた主な副作用

 


問14 医薬品の副作用として現れる偽アルドステロン症に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 特に乳児で生じやすい。
  2. 副腎皮質からアルドステロン分泌が増加することにより生じる。
  3. 手足の脱力、血圧上昇、筋肉痛、喉の渇き等が主な症状となる。
  4. 医薬品と食品との相互作用により起きることはない。

  a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 誤
3 正 誤 誤 正
4 誤 正 正 正
5 誤 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:乳児ではなく、小柄な人や高齢者で生じやすい。
  2. 誤:副腎皮質からアルドステロン分泌が増加することなく生じる
  3. 誤:医薬品と食品との相互作用により起きる場合がある。

正解 5

出題範囲のページ

第2章-9日目:Ⅲ 症状からみた主な副作用

 


問15 血漿成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. アルブミンは、血液の浸透圧を保持する(血漿成分が血管から組織中に漏れ出るのを防ぐ)働きがある。
  2. 脂質は、血漿中のタンパク質と結合してリポタンパク質を形成し、血漿中に分散している。
  3. グロブリンは、ホルモンや医薬品の成分等と複合体を形成して、それらが血液によって運ばれるときに代謝や排泄を受けにくくする。
  4. アルブミンは、その多くが、免疫反応において、体内に侵入した細菌やウイルス等の異物を特異的に認識する抗体としての役割を担う。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 誤 正 正 正
3 誤 誤 正 誤
4 正 誤 誤 正
5 正 正 誤 誤

 

 

解説

  1. 誤:グロブリンではなく、アルブミン
  2. 誤:アルブミンではなく、グロブリン

正解 5

出題範囲のページ

第2章-3日目:Ⅰ-③: 循環器


問16 医薬品が働く仕組みに関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 一度に大量の医薬品を摂取して血中濃度を高くしても、ある濃度以上になるとより強い薬効は現れなくなる。
  2. 医薬品の有効成分の代謝・排泄の速度が、吸収・分布の速度を上回ると、医薬品の有効成分の血中濃度は上昇する。
  3. 循環血液中に移行した有効成分は、血流によって全身の組織・器官へ運ばれて作用するが、多くの場合、標的となる細胞に存在する受容体、酵素、トランスポーターなどのタンパク質と結合し、その機能を変化させることで薬効や副作用を現す。
  4. 医薬品が摂取され、その有効成分が循環血液中に移行すれば、その血中濃度に関わらず生体の反応としての薬効が現れる。

  a b c d
1 正 誤 誤 正
2 誤 正 正 誤
3 正 正 誤 正
4 正 誤 正 誤
5 誤 誤 誤 誤

 

 

解説

  1. 誤:上昇ではなく、低下
  2. 誤:有効成分が循環血液中に移行し、最小有効濃度(閾値)を超えると薬効が発現

正解 4

出題範囲のページ

第2章-8日目:Ⅱ- 薬の働く仕組み

 


問17 医薬品の副作用として現れる排尿困難や尿閉に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 前立腺肥大の基礎疾患がある人のみに現れる。
  2. 初期段階で適切な対応が図られるよう、尿勢の低下等の兆候に留意することが重要である。
  3. 副交感神経系の機能を亢進する作用がある成分が配合された医薬品を使用すると、膀胱の排尿筋の収縮が抑制され、尿が出にくい、尿が少ししか出ない、残尿感がある等の症状を生じることがある。
  4. 多くの場合、原因となる医薬品の使用を中止することにより症状は速やかに改善するが、医療機関における処置を必要とする場合もある。

1(a、b) 2(a、c)
3(b、d) 4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:前立腺肥大に限らず、女性においても報告されている。
  2. 誤:副交感神経系の機能を亢進ではなく、抑制

正解 3

出題範囲のページ

第2章-9日目:Ⅲ 症状からみた主な副作用

 


問18 消化器系に現れる医薬品の副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 消化性潰瘍になると、消化管出血に伴って糞便が黒くなるなどの症状が現れる。
  2. イレウス様症状が悪化すると、腸内容物の逆流による嘔吐が原因で脱水症状を呈することがある。
  3. イレウス様症状は、普段から便秘傾向のある人において発症リスクが高い。
  4. 浣腸剤や坐剤の使用によって現れる一過性の症状に、肛門部の熱感等の刺激、排便直後の立ちくらみなどがある。

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 正 正 正
3 誤 誤 正 誤
4 正 正 誤 正
5 誤 正 誤 正

 

 

解説

正解 2

出題範囲のページ

第2章-9日目:Ⅲ 症状からみた主な副作用

 


問19 医薬品の副作用として現れる喘息に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 一般的に、原因となる医薬品の使用から1~2週間程度で起きることが多い。
  2. 医薬品で喘息発作を起こしたことがある人は、同種の医薬品の使用を避ける必要がある。
  3. 成人になってから喘息を発症した人で発症しやすい。
  4. 合併症を起こさない限り、原因となった医薬品の有効成分が体内から消失すれば症状は寛解する。

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 正 誤 正
3 誤 誤 正 誤
4 誤 正 正 正
5 誤 誤 誤 正

 

 

解説

  1. 誤:喘息は、原因となる医薬品の使用後、短時間(1時間以内)のうちに生じる。

正解 4

出題範囲のページ

第2章-9日目:Ⅲ 症状からみた主な副作用

 


問20 医薬品の副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 接触皮膚炎は、医薬品の触れた部位だけでなく全身に広がって重症化する可能性がある。
  2. 循環器系に現れる副作用としての不整脈では、代謝機能の低下によって、発症リスクが低下する。
  3. 薬疹は、医薬品ごとに生じる発疹の型が決まっている。
  4. 間質性肺炎では、症状が一過性に現れ、自然と回復することもあるが、悪化すると肺線維症(肺が線維化を起こして硬くなる状態)に移行することがある。

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 正 誤 正
3 誤 誤 正 誤
4 誤 正 正 正
5 誤 誤 誤 正

 

 

解説

  1. 誤:接触皮膚炎は医薬品が触れた皮膚の部分のみに生じる。
  2. 誤:低下ではなく、高まる。
  3. 誤:薬疹は、同じ医薬品でも生じる発疹の型は人によって様々である。

正解 5

出題範囲のページ

第2章-9日目:Ⅲ 症状からみた主な 副作用


2018年 奈良の過去問題  

内容 問題(解説付き) 模擬試験用(解説なし)
第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 1~10 11~20

午前問題

答え

午後問題

答え

第2章 人体の働きと医薬品 1~10 11~20
第3章 主な医薬品とその作用 1~10 11~20 21~30 31~40
第4章 薬事関係法規・制度 1~10 11~20
第5章 医薬品の適正使用・安全対策 1~10 11~20

奈良の過去問題に戻る

広告A

広告b

2019年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン

固定記事下部関連広告



執筆者: 吉川 泰紀

Copyright© 2019年登録販売者試験対策 , 2019 All Rights Reserved.