2019年 奈良の登録販売者試験過去問題 第4章 薬事に関する法規と制度 問41~50


2019年(R01)【奈良】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

広告A

第4章 薬事に関する法規と制度 問41~50

問41 薬局に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 薬局開設者が登録販売者であるときは、自ら管理者となることができる。
  2. 薬局では、第一類医薬品の販売に関して、登録販売者が購入者等への情報提供や相談対応を行うことができる。
  3. 薬局において医薬品の販売を行うためには、薬局の許可と併せて店舗販売業の許可も受けなければならない。
  4. 調剤を実施する薬局は、医療法における医療提供施設として位置づけられる。

  a b c d
1 正 正 誤 誤
2 誤 誤 正 正
3 正 誤 正 誤
4 誤 誤 誤 正
5 誤 正 誤 誤

 

 

解説

  1. 誤:薬局開設者は、自らが薬剤師であるときはその薬局を実地に管理しなければならず、自ら管理しない場合にはその薬局で薬事に関する実務に従事する薬剤師のうちから管理者を指定して実地に管理させなければならない。
  2. 誤:薬局に限らず、第一類医薬品の販売に関して、登録販売者が購入者等への情報提供や相談対応を行うことはできない。
  3. 誤:薬局では医薬品の調剤と併せて、店舗により医薬品の販売を行うことが認められている。

正解 4

出題範囲のページ

第4章-4日目:Ⅲ‐① 医薬品の販売業の許可

 


問42 医薬品販売業に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 医薬品の販売業の許可は、医薬品医療機器等法第25条において、店舗販売業の許可、配置販売業の許可又は卸売販売業の許可の3種類に分けられている。
  2. 店舗販売業者は、第二類医薬品又は第三類医薬品については、薬剤師又は登録販売者に販売又は授与させなければならない。
  3. 医薬品販売業の許可は、5年ごとに、その更新を受けなければ、その期間の経過によって、その効力を失う。
  4. 薬剤師が従事している店舗販売業の店舗であれば、調剤を行うことができる。

  a b c d
1 誤 誤 正 正
2 正 誤 正 誤
3 正 誤 正 正
4 誤 正 誤 誤
5 正 正 誤 誤

 

 

解説

  1. 誤:医薬品販売業の許可は、6年ごとに、その更新を受けなければ、その期間の経過によって、その効力を失う。
  2. 誤:薬剤師が従事していても店舗販売業の店舗で、調剤を行うことはできない。

正解 5

出題範囲のページ

第4章-4日目:Ⅲ‐① 医薬品の販売業の許可

 


問43 配置販売業に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 配置販売業者は、一般用医薬品のうち経年変化が起こりにくいこと等の基準(配置販売品目基準)に適合するもの以外の医薬品を販売してはならない。
  2. 配置販売業では、医薬品を開封して分割販売することが認められている。
  3. 配置販売業は、購入者の居宅に医薬品をあらかじめ預けておき、購入者がこれを使用した後でなければ代金請求権を生じない販売形態である。
  4. 配置販売業者又はその配置員は、その住所地の都道府県知事が発行する身分証明書の交付を受け、かつ、これを携帯しなければ、医薬品の配置販売に従事してはならない。

  a b c d
1 誤 誤 正 誤
2 正 誤 正 誤
3 誤 正 誤 正
4 誤 正 誤 誤
5 正 誤 正 正

 

 

解説

  1. 誤:配置販売業では、医薬品を開封して分割販売することは認められていない。

正解 5

出題範囲のページ

第4章-4日目:Ⅲ‐① 医薬品の販売業の許可

 


問44 店舗販売業における特定販売に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 当該店舗に貯蔵し、又は陳列している一般用医薬品に限り、販売し、又は授与することができる。
  2. 在庫がない場合に限り、特定販売を行う他店から直接発送することができる。
  3. 特定販売を行う場合であっても、一般用医薬品を購入しようとする者等から、対面又は電話により相談応需の希望があった場合には、店舗販売業者は、店舗において医薬品の販売又は授与に従事する薬剤師又は登録販売者に、対面又は電話により情報提供を行わせなければならない。
  4. 特定販売を行うことについて広告をするときは、第一類医薬品、指定第二類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品の区分ごとに表示しなければならない。

  a b c d
1 正 正 正 誤
2 誤 誤 正 正
3 正 誤 正 正
4 誤 正 誤 誤
5 正 正 誤 正

 

 

解説

  1. 誤:必ず当該店舗に貯蔵し、又は陳列しているものではければ、販売し、授与することはできない。

正解 3

出題範囲のページ

第4章-5日目:Ⅲ‐② 医薬品の情報提供、陳列、 特定販売 等

 


問45.要指導医薬品に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 要指導医薬品は、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定する。
  2. 要指導医薬品では、注射等の侵襲性の高い使用方法は用いられていない。
  3. 薬剤師が管理者である店舗では、登録販売者が要指導医薬品の適正な使用のための情報の提供及び指導をすることができる。
  4. 薬局開設者又は店舗販売業者が要指導医薬品を販売する場合に、情報の提供及び指導を行わせるに当たって、あらかじめ確認させなければならないと規定されている事項には、他の薬剤又は医薬品の使用の状況が含まれる。

  a b c d
1 正 正 誤 正
2 誤 正 正 誤
3 正 誤 誤 誤
4 正 誤 正 誤
5 誤 誤 誤 正

 

 

解説

  1. 誤:登録販売者が要指導医薬品の適正な使用のための情報の提供及び指導をすることはできない。

正解 1

出題範囲のページ

第4章-5日目:Ⅲ‐② 医薬品の情報提供、陳列、 特定販売 等

スポンサーリンク

広告A


問46 次のうち、医薬品医療機器等法第56条、第57条の規定により、販売、授与、製造等が禁止されている医薬品として、誤っているものを1つ選びなさい。
  1. 依存性・習慣性の高いもの
  2. その全部又は一部が不潔な物質から成っているもの
  3. 医薬品の容器が、その医薬品の使用方法を誤らせやすいもの
  4. 疾病の原因となるものにより汚染されているおそれがあるもの

 

 

解説

  1. 誤:依存性・習慣性の高いという理由だけでは販売、授与、製造等が禁止されない。

正解 1

出題範囲のページ

第4章-2日目:Ⅱ-① 医薬品の分類 ・取扱い

 


問47 毒薬及び劇薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 毒薬又は劇薬を、14歳未満の者その他安全な取扱いに不安のある者に交付することは禁止されている。
  2. 店舗の管理者が薬剤師である店舗販売業者は、劇薬を開封して販売してはならない。
  3. 毒薬及び劇薬には、薬効が期待される摂取量(薬用量)と中毒のおそれがある摂取量(中毒量)が接近しており安全域が狭いため、その取扱いに注意を要するものも指定されている。
  4. 毒薬又は劇薬を、一般の生活者に対して販売又は譲渡する際には、販売又は譲渡する者が、品名、数量、譲渡年月日を記載し、譲り受ける者に交付しなければならない。

  a b c d
1 正 正 誤 正
2 正 正 正 誤
3 正 誤 正 誤
4 誤 誤 誤 正
5 誤 正 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:店舗の管理者が薬剤師である店舗販売業者は、劇薬を開封して販売することができる。
  2. 誤:毒薬・劇薬を一般の生活者に対して販売又は譲渡する際には、当該医薬品を譲り受ける者から、品名、数量、使用目的、譲渡年月日、譲受人の氏名、住所及び職業が記入され署名又は記名押印された文書を受けなければならない。

正解 3

出題範囲のページ

第4章-2日目:Ⅱ-① 医薬品の分類 ・取扱い

 


問48 生物由来製品に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 厚生労働大臣が、都道府県知事の意見を聴いて指定するものである。
  2. 現在のところ、生物由来製品として指定された要指導医薬品はない。
  3. 生物由来の原材料が用いられているものであっても、指定の対象になるとは限らない。
  4. 製品の使用による感染症の発生リスクに着目して指定されている。

  a b c d
1 正 正 誤 正
2 正 正 正 誤
3 誤 誤 正 正
4 誤 正 正 正
5 正 誤 誤 誤

 

 

解説

  1. 誤:厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するものである。

正解 4

出題範囲のページ

第4章-2日目:Ⅱ-① 医薬品の分類 ・取扱い

 


問49 一般用医薬品のうち、濫用等のおそれのあるものとして厚生労働大臣が指定する医薬品を販売する場合、医薬品医療機器等法施行規則第15条の2の規定に基づき、薬剤師又は登録販売者に必ず確認させなければならない事項として、誤っているものを1つ選びなさい。
  1. 当該医薬品を購入しようとする者及び当該医薬品を使用しようとする者の他の薬局開設者、店舗販売業者又は配置販売業者からの当該医薬品及び当該医薬品以外の濫用等のおそれのある医薬品の購入又は譲受けの状況
  2. 当該医薬品を使用しようとする者の氏名及び住所
  3. 当該医薬品を購入しようとする者が、若年者である場合にあっては、当該者の氏名及び年齢
  4. 当該医薬品を購入しようとする者が、適正な使用のために必要と認められる数量を超えて当該医薬品を購入しようとする場合は、その理由

 

 

解説

  1. 誤:当該医薬品を使用しようとする者の氏名及び住所は確認が必要な事項ではない。

一般用医薬品のうち、濫用等のおそれのあるものとして厚生労働大臣が指定する医薬品を販売する場合に薬剤師又は登録販売者に必ず確認させなければならない事項

  1. 若年者である場合は、当該者の氏名及び年齢
  2. 当該医薬品を購入者及び使用者の他の薬局開設者等からの濫用等のおそれのある医薬品の購入又は譲受けの状況
  3. 適正使用に必要な数量を超えて当該医薬品を購入し、又は譲り受けようとする場合は、その理由
  4. その他当該医薬品の適正使用を目的とする購入又は譲受けであることを確認するために必要な事項

正解 2

出題範囲のページ

第4章-5日目:Ⅲ‐② 医薬品の情報提供、陳列、 特定販売 等

 


問50 次のうち、医薬品医療機器等法第50条の規定により、一般用医薬品の直接の容器又は被包に記載されていなければならない事項として、正しいものを1つ選びなさい。

1 指定第二類医薬品にあっては、枠の中に「2」の数字
2 効能又は効果
3 配置販売品目にあっては、「配置専用」の文字
4 製造業者の氏名又は名称及び住所

 

 

解説

  1. 誤:第50条の規定に効能又は効果についての記載義務はない。
  2. 誤:配置販売品目以外の一般用医薬品にあっては、「店舗専用」の文字が必要である。
  3. 誤:製造販売業者等の氏名又は名称及び住所

正解 1

出題範囲のページ

第4章-2日目:Ⅱ-① 医薬品の分類 ・取扱い

スポンサーリンク

広告A


2019年 奈良の過去問題  

内容 問題(解説付き) 模擬試験用(解説なし)
第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 1~10 11~20

午前問題

答え

午後問題

答え

第2章 人体の働きと医薬品 21~30 31~40
第3章 主な医薬品とその作用 61~70 71~80 81~90 91~100
第4章 薬事関係法規・制度 41~50 51~60
第5章 医薬品の適正使用・安全対策 101~110 111~120

奈良の過去問題に戻る

広告A

広告b

2020年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン

固定記事下部関連広告



執筆者: 吉川 泰紀

Copyright© 2020年登録販売者試験対策 , 2020 All Rights Reserved.