2018年 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄の登録販売者試験過去問題 第3章 主な医薬品とその作用 問31~40


2018年 【福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

第3章 主な医薬品とその作用 問31~40

問31 以下の殺菌消毒薬に配合される成分のうち、結核菌を含む一般細菌類、真菌類、ウイルスの全てに対して殺菌消毒作用を示すものとして、正しいものを一つ選び、その番号を解答欄に記入しなさい。

1 オキシドール
2 アクリノール
3 マーキュロクロム
4 ポピドンヨード
5 クロルヘキシジングルコン酸塩

 

 

解説

  1. 誤:オキシドール=一般細菌に効果があるが、真菌、結核菌、ウイルスに対しては効果がない
  2. 誤:アクリノール =一般細菌に効果があるが、真菌、結核菌、ウイルスに対しては効果がない
  3. 誤:マーキュロクロム =一般細菌に効果があるが、真菌、結核菌、ウイルスに対しては効果がない
  4. 誤:ポピドンヨード ではなく、ポドンヨード 
  5. 誤:クロルヘキシジングルコン酸塩=一般細菌・真菌に効果があるが、結核菌、ウイルスに対しては効果がない

正解 解なし

出題範囲の解説ページ

第3章-17日目:Ⅹ-① 皮膚の 殺菌消毒

 


問32 毛髪用薬の配合成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選び、その番号を解答欄に記入しなさい。

ア カルプロニウム塩化物は、末梢組織(適用局所)においてアセチルコリンに類似した作用を示し、頭皮の血管を収縮させ、毛根への血行を抑えることによる発毛効果を期待して用いられる。

イ エストラジオール安息香酸エステルは、男性ホルモン成分の一種であり、脱毛抑制効果を期待して配合される。

ウ チクセツニンジンは、ウコギ科トチバニンジンの根茎を、通例、湯通ししたものを基原とする生薬で、血行促進、抗炎症などの作用を期待して用いられる。

エ ヒノキチオールは、頭皮における脂質代謝を高めて、余分な皮脂を取り除く作用を期待して用いられる。

  ア イ ウ エ
1 正 正 正 誤
2 正 誤 誤 正
3 正 誤 誤 誤
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 誤

 

 

解説

ア.誤:頭皮の血管を拡張させ、毛根への血行促進による発毛効果

イ.誤:男性ホルモンではなく、女性ホルモン

ウ.正

エ.誤:ヒノキチオールではなく、カシュウの説明文

正解 5

出題範囲の解説ページ

第3章-19日目:Ⅹ-③ 皮膚の抗菌,抗真菌と発毛

 


問33 歯槽膿漏薬に配合されている成分と配合目的の関係について、正しい組み合わせを下から一つ選び、その番号を解答欄に記入しなさい。

  成分          配合目的
ア セチルピリジニウム塩化物 ― 歯肉溝での細菌の繁殖を抑える
イ フィトナジオン ― 歯周組織の炎症を和らげる
ウ カルバゾクロム ― 炎症を起こした歯周組織からの出血を抑える
エ チョウジ油 ― 歯周組織の修復を促す

1(ア、イ) 2(ア、ウ)
3(イ、エ) 4(ウ、エ)

 

 

解説

ア.正

イ.誤:フィトナジオンはビタミンKであり、出血を抑える

ウ.正

エ.誤:チョウジ油は殺菌消毒作用のほか、抗炎症作用なども期待される

正解 2

出題範囲の解説ページ

第3章-20日目:Ⅺ 歯痛,歯槽膿漏, 口内炎

 


問34 禁煙補助剤(咀嚼剤)に関する以下の記述のうち、誤っているものを一つ選び、その番号を解答欄に記入しなさい。

1 大量に使用しても禁煙達成が早まるものではなく、かえってニコチン過剰摂取による副作用が生じるおそれがあるため、1度に2個以上の使用は避ける必要がある。

2 口腔内がアルカリ性になるとニコチンの吸収が低下するため、口腔内をアルカリ性にする食品を摂取した後しばらくは使用を避けることとされている。

3 脳梗塞・脳出血等の急性期脳血管障害、重い心臓病等の基礎疾患がある人では、循環器系に重大な悪影響を及ぼすおそれがあるため、使用を避ける必要がある。

4 うつ病と診断されたことのある人では、禁煙時の離脱症状により、うつ症状を悪化させることがあるため、使用を避ける必要がある。

 

 

解説

  1. 誤:口腔内が酸性になるとニコチンの吸収が低下

正解 2

出題範囲の解説ページ

第3章-21日目:Ⅻ 禁煙補助剤

 


問35 滋養強壮保健薬に配合される成分に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選び、その番号を解答欄に記入しなさい。

ア ガンマ-オリザノールは、ビタミンCの吸収を助ける作用がある。

イ アスパラギン酸ナトリウムは、骨格筋の疲労の原因となる乳酸の分解を促す等の働きを期待して用いられる。

ウ グルクロノラクトンは、肝臓の働きを助け、肝血流を促進する働きがある。

エ アミノエチルスルホン酸は、髪や爪、肌などに存在するアミノ酸の一種で、皮膚におけるメラニンの生成を抑える。

1(ア、イ) 2(ア、エ)
3(イ、ウ) 4(ウ、エ)

 

 

解説

ア.誤:ガンマ-オリザノールは、抗酸化作用を示す成分

イ.正

ウ.正

エ.誤:アミノエチルスルホン酸は、肝臓機能を改善する働き

正解 3

出題範囲の解説ページ

第3章-22日目:ⅩⅢ 滋養強壮

 


問36 ビタミン成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選び、その番号 を解答欄に記入しなさい。

ア ビタミンB1は、炭水化物からのエネルギー産生に不可欠な栄養素で、神経の正常な働きを維持する作用がある。

イ ビタミンB6は、タンパク質の代謝に関与し、皮膚や粘膜の健康維持、神経機能の維持に重要な栄養素である。

ウ ビタミンDの欠乏症として、高カルシウム血症、異常石灰化が知られている。

エ ビタミンAは、夜間視力を維持したり、皮膚や粘膜の機能を正常に保つために重要な栄養素である。

 ア イ ウ エ
1 正 正 正 正
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 誤
4 誤 正 誤 誤
5 誤 誤 正 正

 

 

解説

ア.正

イ.正

ウ.誤:ビタミンDの過剰症として、高カルシウム血症、異常石灰化が知られている。

エ.正

正解 2

出題範囲の解説ページ

第3章-22日目:ⅩⅢ 滋養強壮

 


問37 生薬成分に関する以下の記述について、正しいものを下から一つ選び、その番号を解答欄に記入し なさい。

キンポウゲ科のハナトリカブト又はオクトリカブトの塊根を減毒加工して製したものを基原とする生薬であり、心筋の収縮力を高めて血液循環を改善する作用を持つ。血液循環が高まることによる利尿作用を示すほか、鎮痛作用を示す。

1 ブシ
2 カッコン
3 サイコ
4 ボウフウ
5 ショウマ

 

 

解説

  1. 誤:カッコンは、マメ科のクズの周皮を除いた根を基原とする生薬で解熱、鎮痙の作用を期待して用いられる
  2. 誤:サイコは、セリ科のミシマサイコの根を基原とする生薬で抗炎症、鎮痛の作用を期待して用いられる
  3. 誤:ボウフウは、セリ科のボウフウの根及び根茎を基原とする生薬で発汗、解熱、鎮痛、鎮痙の作用を期待して用いられる
  4. 誤:ショウマは、キンポウゲ科のサラシナショウマ、フブキショウマ、コライショウマ又はオオミツバショウマの根茎を基原とする生薬で発汗、解熱、解毒、消炎の作用を期待して用いられる 

正解 1

出題範囲の解説ページ

第3章-23日目:ⅩⅣ 漢方 と生薬

 


問38 殺虫剤に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選び、その番号を解答欄に記入しなさい。

ア ピレスロイド系殺虫成分であるペルメトリンは、シラミの駆除を目的とする製品の場合、殺虫成分で唯一人体に直接適用されるものである。

イ 毒餌剤を使用する場合、乳幼児等が誤って口に入れたりしないよう、十分注意する必要がある。

ウ 燻蒸剤を使用する場合、燻蒸処理が完了するまでの間、部屋を締め切って退出する必要がある。

エ 殺虫剤を使用する場合、同じ殺虫成分を長期間連用することが望ましい。

1(ア、ウ) 2(ア、エ)
3(イ、ウ) 4(イ、エ)

 

 

解説

ア.誤:ペルメトリンではなく、フェノトリン

イ.正

ウ.正

エ.誤:殺虫作用に対する抵抗性を避けるため、いくつかの殺虫成分を順番に使用していくことが望ましい

正解 3

出題範囲の解説ページ

第3章-25日目:ⅩⅤ-② 殺虫剤 ・忌避剤

 


問39 尿糖・尿タンパク検査に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選び、その番号を解答欄に記入しなさい。

ア 尿中のタンパク値に異常を生じる要因について、尿路に異常が生じたことによるものとしては、尿路感染症や膀胱炎がある。

イ 一般用検査薬である尿糖・尿タンパク検査薬は、尿中の糖やタンパク質の有無を調べるものであり、その結果をもって直ちに疾患の有無や種類を判断することができる。

ウ 通常、尿は弱アルカリ性であるが、食事その他の影響で酸性側に傾くと、正確な検査結果が得られなくなることがある。

エ 尿糖・尿タンパク同時検査の場合、早朝尿(起床直後の尿)を検体とするが、尿糖が検出された場合には、食後の尿について改めて検査して判断する必要がある。

1(ア、ウ) 2(ア、エ)
3(イ、ウ) 4(イ、エ)

 

 

解説

ア.正

イ.誤:その結果をもって直ちに疾患の有無や種類を判断することはできない

ウ.誤:通常、尿は弱酸性であるが、食事その他の影響でアルカリ側に傾くと、正確な検査結果が得られなくなることがある。

エ.正

正解 2

出題範囲の解説ページ

第3章-26日目:ⅩⅥ 一般用 検査薬

 


問40 妊娠検査薬及びヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(以下「hCG」という。)に関する以下の記述のう ち、誤っているものを一つ選び、その番号を解答欄に記入しなさい。

1 一般的な妊娠検査薬は、月経予定日が過ぎて概ね1週目以降の検査が推奨されている。

2 検体としては、尿中hCGが検出されやすい早朝尿(起床直後の尿)が向いているが、尿が濃すぎると、かえって正確な結果が得られないこともある。

3 高濃度のタンパク尿や糖尿の場合、非特異的な反応が生じて擬陽性を示すことがある。

4 尿中hCGの検出反応は、検出感度が安定しているため、温度の影響を受けることはない。

 

 

解説

  1. 誤:温度の影響を受けることがある

正解 4

出題範囲の解説ページ

第3章-26日目:ⅩⅥ 一般用 検査薬

 


2018年 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄の登録販売者試験 過去問題  

内容 問題(解説付き) 模擬試験用(解説なし)
第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 1~10 11~20

午前問題

答え

午後問題

答え

第2章 人体の働きと医薬品 1~10 11~20
第3章 主な医薬品とその作用 1~10 11~20 21~30 31~40
第4章 薬事関係法規・制度 1~10 11~20
第5章 医薬品の適正使用・安全対策 1~10 11~20

福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄の登録販売者試験 過去問題に戻る

広告A

広告b

2020年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン

固定記事下部関連広告



執筆者: 吉川 泰紀

Copyright© 2020年登録販売者試験対策 , 2020 All Rights Reserved.