2018年 大阪の登録販売者試験過去問題 第3章 主な医薬品とその作用 問1~10


2018年(H30)【大阪】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

第3章 主な医薬品とその作用 問1~10

問1 「かぜ」(感冒)に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. かぜ薬は、ウイルスの増殖を抑えたり、ウイルスを体内から取り除くものである。
  2. かぜの症状は、くしゃみ、鼻汁・鼻閉(鼻づまり)、咽喉頭痛、咳 、痰等の呼吸器症状と、発熱、頭痛、関節痛、全身倦怠感等、様々な全身症状が組み合わさって現れる。
  3. 急激な発熱を伴う場合や、症状が4日以上続くとき、又は症状が重篤なときは、かぜではない可能性が高い。

    a b c
1 正 正 誤
2 誤 正 正
3 誤 誤 正
4 正 誤 誤
5 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:かぜ薬はウイルスの増殖を抑えたり、ウイルスを体内から除去するものではなく、咳や発熱などの諸症状の緩和を図る対症療法薬

正解 2

出題範囲のページ

第3章-1日目:Ⅰ-① かぜ薬

 


問2 かぜ薬に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. かぜ薬を一定期間又は一定回数使用して症状の改善がみられない場合は、かぜとよく似た症状を呈する別の疾患や細菌感染の合併等が疑われるため、一般用医薬品で対処することは適当でない可能性がある。
  2. エテンザミドが配合されたかぜ薬は、水痘(水疱瘡)又はインフルエンザにかかっている15歳未満の小児への使用を避ける必要がある。
  3. かぜの時に消耗しやすいビタミン又はビタミン様物質を補給することを目的として、アスコルビン酸やリボフラビンが配合されている場合がある。

a b c
1 正 正 正
2 誤 正 誤
3 誤 誤 正
4 正 誤 誤
5 正 正 誤

 

 

解説

  1. 正::エテンザミドのほか、サリチルアミドも同様です。

正解 1

出題範囲のページ

第3章-1日目:Ⅰ-① かぜ薬

 


問3 次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. アセトアミノフェンは、他の解熱鎮痛成分よりも胃腸障害が生じやすいため、空腹時に服用ができない。
  2. イブプロフェンは、プロスタグランジンの産生を抑制することで消化管粘膜の防御機能を低下させるため、潰瘍性大腸炎やクローン氏病の既往歴がある人では、それらの疾患の再発を招くおそれがある。
  3. イソプロピルアンチピリンは、現在、一般用医薬品で唯一のピリン系解熱鎮痛成分である。

    a b c
1 正 正 正
2 誤 正 正
3 誤 誤 正
4 正 誤 誤
5 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:アセトアミノフェンは胃腸障害が少なく、空腹時に服用できる製品もある

正解 2

出題範囲のページ

第3章-2日目:Ⅰ-②: 解熱鎮痛薬

 


問4 次の1~5の中から麻薬性鎮咳成分を一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. コデインリン酸塩
  2. ノスカピン塩酸塩
  3. デキストロメトルファン臭化水素酸塩
  4. ジメモルファンリン酸塩
  5. クロペラスチン塩酸塩

 

 

解説

  1. 誤:非麻薬性鎮咳成分
  2. 誤:非麻薬性鎮咳成分
  3. 誤:非麻薬性鎮咳成分
  4. 誤:非麻薬性鎮咳成分

麻薬性鎮咳成分はコデインリン酸塩やジヒドロコデインリン酸塩です。

正解 1

出題範囲のページ

第3章-5日目:Ⅱ-① 鎮咳去痰薬

 


問5 眠気を促す薬に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. ブロモバレリル尿素は、催眠鎮静薬以外の医薬品にも配合されていることがあるので、この成分を含有する医薬品と他の催眠鎮静薬が併用されると、効き目や副作用が増強されるおそれがある。
  2. 抗ヒスタミン成分を主薬とする睡眠改善薬は、一時的な睡眠障害の緩和に用いられるものであり、妊娠中にしばしば生じる睡眠障害も適用対象である。
  3. 小児及び若年者では、抗ヒスタミン成分により眠気とは反対の神経過敏や中枢興奮などが現れることがあり、特に15歳未満の小児ではそうした副作用が起きやすいため、抗ヒスタミン成分を含有する睡眠改善薬の使用は避ける。

    a b c
1 正 誤 正
2 正 正 誤
3 誤 誤 正
4 正 誤 誤
5 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:妊娠中に起こる睡眠障害は適応外である

正解 1

出題範囲のページ

第3章-3日目:Ⅰ-③: 睡眠に関する医薬品

 


問6 眠気防止薬としてのカフェインに関する次のa~dの記述について、正しいものの組み合わせを下の1~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. カフェインとして1回摂取量は、500mg、1日摂取量は1,500mgが上限とされている。
  2. 反復摂取すると、依存を生じる場合がある。
  3. 副作用として、振戦(震え)、めまい、不安、不眠、頭痛等を生じることがある。
  4. 小・中学生の試験勉強に効果があるため、15歳未満の小児に適している。

1.(a ,b) 2.(a ,c) 3.(b ,c)
4.(b ,d) 5.(c ,d)

 

 

解説

  1. 誤:1回摂取量は200㎎、1日摂取量は500㎎
  2. 誤:15歳未満の小児に眠気防止薬が使用されることがないよう注意が必要

正解 3

出題範囲のページ

第3章-3日目:Ⅰ-③: 睡眠に関する医薬品

 


問7 小児の疳を適応症とする生薬製剤・漢方処方製剤(小児鎮静薬)に関する次の1~5の記述について、誤っているものを一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. 配合される生薬成分は、いずれも古くから伝統的に用いられており、作用が穏やかで小さな子供に使っても副作用が無い。
  2. ジンコウは、鎮静、健胃、強壮などの作用を期待して用いられる。
  3. 用法用量において適用年齢の下限が設けられていない場合にあっても、生後3ヶ月未満の乳児には使用しないこととなっている。
  4. 主な漢方処方製剤としては、桂枝加竜骨牡蛎湯、抑肝散、 小建中湯がある。
  5. 症状の原因となる体質の改善を主眼としているものが多く、比較的長期間(1ヶ 月位)継続して服用されることがある。

 

 

解説

  1. 誤:副作用が無いわけではありません。

正解 1

出題範囲のページ

第3章-4日目:Ⅰ-④: 鎮暈薬 (めまい止め)と小児鎮静薬について

 


問8 次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. 鎮咳去痰薬は、咳を鎮める、痰の切れを良くする、喘息症状を和らげる、また、 発熱を鎮めることを目的とする医薬品の総称である。
  2. 気道に吸い込まれた埃や塵などの異物が、気道粘膜の線毛運動によって排出されないときなど、それらを排除しようとして反射的に咳が出る。
  3. 咳はむやみに抑え込むべきではないが、長く続く咳は体力の消耗や睡眠不足をま ねくなどの悪影響もある。

    a b c
1 正 正 正
2 正 誤 誤
3 誤 誤 正
4 誤 正 正
5 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:発熱を鎮める効果はありません。

正解 4

出題範囲のページ

第3章-5日目:Ⅱ-① 鎮咳去痰薬

 


問9 鎮咳去痰薬に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. コデインリン酸塩は、胃腸の運動を低下させる作用を示し、副作用として便秘が現れることがある。
  2. マオウは、交感神経系への刺激作用によって、心臓病、高血圧、糖尿病又は甲状腺機能障害の診断を受けた人では、症状を悪化させるおそれがある。
  3. カンゾウは、グリチルリチン酸による抗炎症作用のほか、気道粘膜からの分泌を抑制する作用も期待される。

    a b c
1 正 正 誤
2 正 誤 正
3 誤 誤 正
4 正 誤 誤
5 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:カンゾウは気道粘膜からの分泌促進作用も期待される

正解 1

出題範囲のページ

第3章-5日目:Ⅱ-① 鎮咳去痰薬

 


問10 口腔咽喉薬、うがい薬(含嗽薬)に関する次のa~dの記述について、正しいものの組み合わせを下の1~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. アズレンスルホン酸ナトリウム(水溶性アズレン)は、細菌等の微生物を死滅させたり、その増殖を抑えることを目的として用いられる。
  2. 口内炎などにより口腔内にひどいただれがある人では、刺激感等が現れやすいほか、成分の一部が循環血流中へ移行し、全身的な影響も生じる場合がある。
  3. 殺菌消毒成分であるヨウ素は、レモン汁やお茶などに含まれるビタミンCと反応すると殺菌作用が増強される。
  4. トローチ剤は、噛み砕いて飲み込んでしまうと効果は期待できない。

1.(a ,b) 2.(a ,c) 3.(b ,c)
4.(b ,d) 5.(c ,d)

 

 

解説

  1. 誤:アズレンスルホン酸ナトリウムは炎症を生じた粘膜組織の修復を促す作用
  2. 誤:ヨウ素は、ビタミンC等の成分と反応すると脱色を生じて殺菌作用が失われます

正解 4

出題範囲のページ

第3章-6日目:Ⅱ-② 口腔咽喉薬, 含嗽薬

 


2018年 大阪の過去問題  

内容 問題(解説付き) 模擬試験用(解説なし)
第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 1~10 11~20

午前問題

答え

午後問題

答え

第2章 人体の働きと医薬品 1~10 11~20
第3章 主な医薬品とその作用 1~10 11~20 21~30 31~40
第4章 薬事関係法規・制度 1~10 11~20
第5章 医薬品の適正使用・安全対策 1~10 11~20

大阪の過去問題に戻る

広告A

広告b

2020年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン

固定記事下部関連広告



執筆者: 吉川 泰紀

Copyright© 2020年登録販売者試験対策 , 2020 All Rights Reserved.