サイト更新中

2019年 茨城 栃木 群馬 新潟 山梨 長野の登録販売者試験過去問題 第3章 主な医薬品とその作用 問61~70


2019年【茨城 栃木 群馬 新潟 山梨 長野】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

広告A

第3章 主な医薬品とその作用 問61~70

問61 かぜ及びかぜ薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
  1. かぜは単一の疾患ではなく、医学的にはかぜ症候群といい、主にウイルスが鼻や喉などに感染して起こる上気道の急性炎症の総称である。
  2. 急激な発熱を伴う場合や、かぜとよく似た症状が4日以上続くとき、又は症状が重篤なときは、かぜでない可能性が高い。
  3. かぜ薬とは、かぜの諸症状の緩和を目的として使用される医薬品の総称であり、総合感冒薬とも呼ばれる。
  4. かぜ薬は、ウイルスの増殖を抑えたり、ウイルスを体内から除去することで効果を発揮する。

  a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 誤 正 正
4 正 正 誤 正
5 誤 正 誤 誤

 

 

解説

  1. 誤:かぜ薬はウイルスの増殖を抑えたり、ウイルスを体内から除去するものではなく、咳や発熱などの諸症状の緩和を図る対症療法薬である。 

正解 1

出題範囲のページ

第3章-1日目:Ⅰ-① かぜ薬

 


問62 次の表は、あるかぜ薬に含まれている成分の一覧である。

6錠中

イブプロフェン 450 mg
プソイドエフェドリン塩酸塩 135 mg
L-カルボシステイン 750 mg
d-クロルフェニラミンマレイン酸塩 3.5 mg
ジヒドロコデインリン酸塩 24 mg
無水カフェイン 75 mg

このかぜ薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

  1. プソイドエフェドリン塩酸塩は、アドレナリン作動成分である。
  2. L-カルボシステインは、去痰成分である。
  3. ジヒドロコデインリン酸塩は、気管支拡張成分である。

  a b c
1 正 正 誤
2 正 誤 正
3 誤 正 正
4 誤 誤 誤

 

 

解説

  1. 誤:ジヒドロコデインリン酸塩は鎮咳成分である。

正解 1

出題範囲のページ

第3章-1日目:Ⅰ-① かぜ薬

 


問63 眠気を促す薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
  1. 抗ヒスタミン成分を主薬とする催眠鎮静薬は、睡眠改善薬として一時的な睡眠障害の緩和に用いられるものである。
  2. 小児及び若年者では、抗ヒスタミン成分により眠気とは反対の神経過敏や中枢興奮などが現れることがある。
  3. ブロモバレリル尿素は、脳の興奮を抑え、痛覚を鈍くする作用がある。
  4. 神経の興奮・緊張緩和を期待してホップが配合されている製品がある。

  a b c d
1 誤 正 誤 誤
2 正 正 正 誤
3 正 正 正 正
4 正 誤 誤 正
5 誤 誤 正 誤

 

 

解説

正解 3

出題範囲のページ

第3章-3日目:Ⅰ-③: 睡眠に関する医薬品

 


問64 解熱鎮痛成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
  1. アセトアミノフェンには血液を凝固しにくくさせる作用があり、医療用医薬品として、血栓ができやすい人に対する血栓予防薬の成分としても用いる。
  2. イソプロピルアンチピリンは、解熱及び鎮痛の作用は比較的強いが、抗炎症作用は弱いため、他の解熱鎮痛成分と組み合わせて配合される。
  3. イブプロフェンはアスピリンに比べて胃腸への悪影響が大きく、胃腸に対する副作用に注意が必要である。
  4. サザピリンは、15 歳未満の小児に対しては、いかなる場合も一般用医薬品として使用してはならない。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、c)
4(b、d) 5(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:アスピリンには血液を凝固しにくくさせる作用があり、医療用医薬品として、血栓ができやすい人に対する血栓予防薬の成分としても用いる。
  2. 誤:イブプロフェンはアスピリン等に比べて胃腸への悪影響が少ない

正解 4

出題範囲のページ

第3章-2日目:Ⅰ-②: 解熱鎮痛薬

 


問65 カフェインに関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
  1. 脳の緊張を低下させることで、眠気防止の効果をもたらす。
  2. 反復摂取により依存を形成するという性質がある。
  3. 摂取されたカフェインは、乳汁中に移行しない。
  4. 食品中のカフェインは、眠気防止薬に配合されているカフェインと異なるため、同時に摂取しても問題とならない。

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 誤 誤
4 正 正 誤 正
5 誤 誤 誤 誤

 

 

解説

  1. 誤:カフェインは、脳に軽い興奮状態を引き起こし、一時的に眠気、倦怠感を抑える効果がある。
  2. 誤:摂取されたカフェインは、乳汁中へ移行する。
  3. 誤:眠気防止薬に配合されているカフェインと食品中のカフェインを摂取することで過量となり、副作用が強く出てしまう場合がある。

正解 3

出題範囲のページ

第3章-3日目:Ⅰ-③: 睡眠に関する医薬品

スポンサーリンク

広告A


問66 鎮暈薬(乗物酔い防止薬)及びその成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
  1. 主として吐きけを抑えることを目的とした成分も配合されるが、つわりに伴う吐きけへの対処として使用することは適当でない。
  2. ジフェニドール塩酸塩は、白内障の診断を受けた人では、その症状を悪化させるおそれがあるため、使用前に治療を行っている医師等に相談することが望ましい。
  3. 3歳未満では乗物酔いが起こることはほとんどないとされており、3歳未満の乳幼児向けの製品はない。
  4. 眠気を促す成分は入っていないため、服用後の車の運転は問題ない。

1(a、b) 2(a、c) 3(a、d)
4(b、d) 5(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:ジフェニドール塩酸塩は、緑内障の診断を受けた人では、使用前に治療を行っている医師等に相談することが望ましい。
  2. 誤:抗めまい成分、抗ヒスタミン成分、抗コリン成分及び鎮静成分には、いずれも眠気を促す作用がある。

正解 2

出題範囲のページ

第3章-4日目:Ⅰ-④: 鎮暈薬 (めまい止め)と小児鎮静薬について

 


問67 小児の疳及び小児の疳を適応症とする生薬製剤・漢方処方製剤(小児鎮静薬)に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
  1. 身体的な問題がなく生じる夜泣き、ひきつけ、疳の虫等の症状が、成長に伴って自然に改善することはまれである。
  2. 漢方処方製剤は、1歳未満の乳児には使用しないこととなっている。
  3. 漢方処方製剤として、 小建中湯がある。
  4. ジャコウは、主として健胃作用を期待して用いられるが、グリチルリチン酸の摂取量には注意が必要である。

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 正 誤 正
3 誤 正 誤 誤
4 正 誤 誤 正
5 誤 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:身体的な問題がなく生じる夜泣き、ひきつけ、疳の虫等の症状は通常、成長に伴って自然に治まる。
  2. 誤:漢方処方製剤は、用法用量において適用年齢の下限が設けられていない場合、生後3ヶ月未満の乳児には使用しないこととなっている。 
  3. 誤:ジャコウではなく、カンゾウの説明文である。

正解 5

出題範囲のページ

第3章-4日目:Ⅰ-④: 鎮暈薬 (めまい止め)と小児鎮静薬について

 


問68 鎮暈薬(乗物酔い防止薬)に含まれている成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
  1. ジフェニドール塩酸塩は、抗ヒスタミン成分である。
  2. スコポラミン臭化水素酸塩水和物は、抗コリン成分である。
  3. ジメンヒドリナートは、局所麻酔成分である。
  4. アリルイソプロピルアセチル尿素は、鎮静成分である。

  a b c d
1 誤 正 誤 正
2 正 誤 正 誤
3 正 正 誤 正
4 正 誤 正 正
5 誤 誤 誤 誤

 

 

解説

  1. 誤:ジフェニドール塩酸塩は抗めまい成分である。(抗ヒスタミン成分と共通する薬理作用も示す)
  2. 誤:ジメンヒドリナートは抗ヒスタミン成分である。

正解 1

出題範囲のページ

第3章-4日目:Ⅰ-④: 鎮暈薬 (めまい止め)と小児鎮静薬について

 


問69 鎮咳去痰薬に含まれている成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
  1. ノスカピンは、延髄の咳嗽中枢に作用して咳を抑える。
  2. トリメトキノール塩酸塩は、交感神経系を刺激して気管支を拡張させる。
  3. デキストロメトルファン臭化水素酸塩は、気道粘膜からの粘液の分泌を促進することを目 的として配合される。
  4. グリチルリチン酸二カリウムは、気道の炎症を和らげる。

  a b c d
1 正 正 誤 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 誤
4 誤 誤 誤 正
5 誤 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:デキストロメトルファン臭化水素酸塩は非麻薬性鎮咳成分である。

正解 2

出題範囲のページ

第3章-5日目:Ⅱ-① 鎮咳去痰薬

 


問70 咳止めや痰を出しやすくする目的で用いられる漢方処方製剤及び生薬成分に関する次 の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
  1. 麦門冬湯は、体力中等度で、気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、かぜをひきやすく、ときに動悸、めまい、嘔気などを伴うものの小児喘息、気管支喘息、気管支炎、咳、 不安神経症に適すとされるが、むくみの症状のある人等には不向きとされる。
  2. キョウニンは、バラ科のホンアンズ、アンズ等の種子を基原とする生薬で、体内で分解されて生じた代謝物の一部が延髄の呼吸中枢、咳嗽中枢を鎮静させる作用を示すとされる。
  3. セキサンは、ヒガンバナ科のヒガンバナ鱗茎を基原とする生薬で、去痰作用を期待して用いられる。

  a b c
1 誤 誤 誤
2 正 誤 正
3 正 正 誤
4 誤 正 正

 

 

解説

  1. 誤:麦門冬湯ではなく、柴朴湯の説明文である。

正解 4

出題範囲のページ

第3章-5日目:Ⅱ-① 鎮咳去痰薬

スポンサーリンク

広告A


2019年 茨城 栃木 群馬 新潟 山梨 長野の登録販売者試験 過去問題  

内容 問題(解説付き) 模擬試験用(解説なし)
第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 21~30 31~40

午前問題

答え

午後問題

答え

第2章 人体の働きと医薬品 41~50 51~60
第3章 主な医薬品とその作用 61~70 71~80 81~90 91~100
第4章 薬事関係法規・制度 1~10 11~20
第5章 医薬品の適正使用・安全対策 101~110 111~120

茨城 栃木 群馬 新潟 山梨 長野の過去問題に戻る

広告A

広告b

2020年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン

固定記事下部関連広告



執筆者: 吉川 泰紀

Copyright© 2020年登録販売者試験対策 , 2020 All Rights Reserved.