2018年 大阪の登録販売者試験過去問題 第3章 主な医薬品とその作用 問31~40


2018年(H30)【大阪】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

第3章 主な医薬品とその作用 問31~40

問31 口内炎用薬及びその配合成分に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. 茵蔯蒿湯は、体の虚弱な人や胃腸が弱く下痢しやすい人では、激しい腹痛を伴う下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。
  2. ポビドンヨードは、患部からの細菌感染を防止することを目的としている。
  3. シコンは、組織修復促進、抗菌などの作用を期待して用いられる。

    a b c
1 正 正 正
2 正 誤 正
3 誤 誤 正
4 正 誤 誤
5 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 正:茵蔯蒿湯はカンゾウを含みません。よく出題されるため覚えておきましょう。

正解 1

出題範囲のページ

第3章-20日目:Ⅺ 歯痛,歯槽膿漏, 口内炎

 


問32 咀嚼剤である禁煙補助剤に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. 大量に使用しても禁煙達成が早まるものでなく、かえってニコチン過剰摂取による副作用のおそれがあるため、1度に2個以上の使用は避ける必要がある。
  2. 喫煙を完全に止めずに使用することとされている。
  3. 口腔内が酸性になるとニコチンの吸収が低下するため、コーヒーや炭酸飲料など口腔内を酸性にする食品を摂取した後しばらくは使用を避けることとされている。

    a b c
1 正 正 正
2 正 誤 正
3 誤 誤 正
4 正 誤 誤
5 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:禁煙補助剤は、喫煙を完全に止めたうえ使用します。

正解 2

出題範囲のページ

第3章-21日目:Ⅻ 禁煙補助剤

 


問33 滋養強壮保健薬に配合されるビタミン成分の主な働きに関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. ビタミンB2は、脂質の代謝に関与し、皮膚や粘膜の機能を正常に保つために重要な栄養素である。
  2. ビタミンEは、目の乾燥感、夜盲症(とり目)の症状を緩和する作用がある。
  3. ビタミンB1は、炭水化物からのエネルギー産生に不可欠な栄養素で、神経の正常な働きを維持する作用がある。

    a b c
1 正 正 正
2 誤 正 誤
3 誤 誤 正
4 正 誤 誤
5 正 誤 正

 

 

解説

  1. 誤:ビタミンEは脂質の酸化防止、血流改善させる作用がある

正解 5

出題範囲のページ

第3章-22日目:ⅩⅢ 滋養強壮

 


問34 次の記述に該当する漢方処方製剤を下の1~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

体力中等度以下で、疲れやすく、汗のかきやすい傾向があるものの肥満に伴う関節痛、むくみ、多汗症、肥満(筋肉にしまりのない、いわゆる水ぶとり)に適するとされる。構成生薬としてカンゾウを含む。

1.大柴胡湯
2.防風通聖散
3.防已黄耆湯
4.黄連解毒湯
5.清上防風湯

 

 

解説

  1. 正:防已黄耆湯のキーワード肥満(水ぶとり)に注目しましょう。

正解 3

出題範囲のページ

第3章-23日目:ⅩⅣ 漢方 と生薬

 


問35 生薬に関する次のa~cの記述について、該当するものの正しい組み合わせを下表の1~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. サルノコシカケ科のマツホドの菌核で、通例、外層をほとんど除いたものを基原とする生薬で、利尿、健胃、鎮静等の作用を期待して用いられる。
  2. マメ科のクズの周皮を除いた根を基原とする生薬で、解熱、鎮痙等の作用を期待して用いられる。
  3. キンポウゲ科のハナトリカブト又はオクトリカブトの塊根を減毒加工して製したものを基原とする生薬であり、心筋の収縮力を高めて血液循環を改善する作用を持つ。
  a b c
1 レンギョウ ボウフウ ショウマ
2 レンギョウ ボウフウ ブシ
3 ブクリョウ カッコン ショウマ
4 ブクリョウ カッコン ブシ
5 レンギョウ カッコン ショウマ

 

 

解説

  1. ブクリョウ
  2. カッコン
  3. ブシ

レンギョウ:モクセイ科のレンギョウ又はシナレンギョウの果実を基原とする生薬で鎮痛、抗菌の作用を期待して用いられる。

ボウフウ:セリ科のボウフウの根及び根茎を基原とする生薬で発汗、解熱、鎮痛、鎮痙の作用を期待して用いられる。

ショウマ:キンポウゲ科のサラシナショウマ、フブキショウマ、コライショウマ又はオオミツバショウマの根茎を基原とする生薬で発汗、解熱、解毒、消炎の作用を期待して用いられる。 

正解 4

出題範囲のページ

第3章-23日目:ⅩⅣ 漢方 と生薬

 


問36 消毒薬に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. 次亜塩素酸ナトリウムやサラシ粉は、強い酸化力により一般細菌類、真菌類に対して殺菌消毒作用を示すが、ウイルスに対する殺菌消毒作用はない。
  2. エタノールは、粘膜刺激性があり、粘膜面や目の回り、傷がある部分への使用は避けることとされている。
  3. ジクロルイソシアヌル酸ナトリウム、トリクロルイソシアヌル酸等の有機塩素系殺菌消毒成分は、塩素臭や刺激性、金属腐食性が比較的抑えられており、プール 等の大型設備の殺菌・消毒に用いられることが多い。

    a b c
1 正 正 正
2 誤 正 正
3 誤 誤 正
4 正 誤 誤
5 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:次亜塩素酸ナトリウムやサラシ粉は一般細菌類、真菌類、ウイルス全般に対する殺菌消毒作用を示す。

正解 2

出題範囲のページ

第3章-24日目:ⅩⅤ-① 消毒薬

 


問37 殺虫剤に配合される成分とその分類の関係が正しいものを下の1~5から一つ選び、 その番号を解答用紙に記入しなさい。

  成分           分類

  1. クロルピリホスメチル-----有機塩素系
  2. プロポクスル---------------オキサジアゾール系
  3. ペルメトリン---------------ピレスロイド系
  4. メトキサジアゾン----------カーバメイト系
  5. オルトジクロロベンゼン---有機リン系

 

 

解説

  1. 誤:クロルピリホスメチル-----有機リン系
  2. 誤:プロポクスル---------------カーバメイト系
  3. 誤:メトキサジアゾン----------オキサジアゾール系
  4. 誤:オルトジクロロベンゼン---有機塩素系

正解 3

出題範囲のページ

第3章-25日目:ⅩⅤ-② 殺虫剤 ・忌避剤

 


問38 一般用検査薬に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

a.体外診断用医薬品の多くは医療用検査薬であるが、一般用検査薬については店舗販売業において取り扱うことが認められている。

b.検体中に存在しているにもかかわらず、その濃度が検出感度以下であったり、検出反応を妨害する他の物質の影響等によって、検査結果が陰性となった場合を擬陰性という。

c.一般用検査薬の対象には、悪性腫瘍、心筋梗塞や遺伝性疾患等、重大な疾患の診断に関係するものが含まれる。

    a b c
1 正 正 誤
2 正 誤 正
3 誤 誤 正
4 正 誤 誤
5 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:一般用検査薬の対象に悪性腫瘍、心筋梗塞や遺伝性疾患等、重大な疾患の診断に関係するものは含まれません

正解 1

出題範囲のページ

 


問39 尿糖・尿タンパク検査薬に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わ せを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. 検査結果において尿糖値に異常が生じる要因は、一般に高血糖と結びつけて捉えられることが多いが、腎性糖尿のように高血糖を伴わない場合もある。
  2. 通常、尿は弱アルカリ性であるが、食事その他の影響で中性~弱酸性に傾くと、正確な検査結果が得られなくなることがある。
  3. 尿タンパクを検査する場合、原則として早朝尿(起床直後の尿)を検体とし、激しい運動の直後は避ける必要がある。

    a b c
1 正 正 正
2 正 誤 正
3 誤 誤 正
4 正 誤 誤
5 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:尿は弱酸性ですが、食事その他の影響で中性~弱アルカリ性に傾くと結果に影響がある場合があります。

正解 2

出題範囲のページ

第3章-26日目:ⅩⅥ 一般用 検査薬

 


問40 妊娠検査薬に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。
  1. 妊娠が成立していたとしても、正常な妊娠か否かについては、妊娠検査薬による検査結果では判別できない。
  2. 尿中ヒト 絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)の検出反応は、hCGと特異的に反応する抗体や酵素を用いた反応であるため、温度の影響を受けない。
  3. 経口避妊薬などのホルモン剤を使用している人では、妊娠していなくても、検査結果が陽性となることがある。

    a b c
1 正 正 正
2 正 正 誤
3 誤 誤 正
4 正 誤 正
5 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:温度の影響を受ける

正解 4

出題範囲のページ

第3章-26日目:ⅩⅥ 一般用 検査薬

 


2018年 大阪の過去問題  

内容 問題(解説付き) 模擬試験用(解説なし)
第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 1~10 11~20

午前問題

答え

午後問題

答え

第2章 人体の働きと医薬品 1~10 11~20
第3章 主な医薬品とその作用 1~10 11~20 21~30 31~40
第4章 薬事関係法規・制度 1~10 11~20
第5章 医薬品の適正使用・安全対策 1~10 11~20

大阪の過去問題に戻る

広告A

広告b

2020年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン

固定記事下部関連広告



執筆者: 吉川 泰紀

Copyright© 2020年登録販売者試験対策 , 2020 All Rights Reserved.