2018年 鳥取 島根 岡山 広島 山口の登録販売者試験過去問題 第3章 主な医薬品とその作用 問1~10


2018年(H30)【鳥取 島根 岡山 広島 山口】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。


第3章 主な医薬品とその作用 問1~10

問1 「かぜ」(感冒)に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
  1. かぜの約8割は細菌の感染が原因であるが、それ以外にウイルスの感染や、まれに冷 気や乾燥、アレルギーのような非感染性の要因による場合もある。
  2. かぜとよく似た症状が現れる疾患に、喘息、アレルギー性鼻炎、リウマチ熱、関節リ ウマチ、肺炎、肺結核、髄膜炎、急性肝炎、尿路感染症等多数がある。
  3. 冬場に、発熱や頭痛を伴って悪心・嘔吐や、下痢等の消化器症状が現れた場合はかぜではなく、ウイルスが消化器に感染したことによるウイルス性胃腸炎である場合が多い。
  4. インフルエンザ(流行性感冒)は、かぜと比べると感染力は同じであるが、重症化しやすい。

  a b c d
1 正 正 正 正
2 正 正 誤 正
3 正 誤 誤 誤
4 誤 正 正 誤
5 誤 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:かぜの約8割はウイルスの感染が原因
  2. 誤:インフルエンザは感染力が強く重症化しやすい

正解 4

出題範囲のページ

第3章-1日目:Ⅰ-① かぜ薬

 


問2 かぜ薬の配合成分とその配合目的の関係が正しいものの組み合わせはどれか。

  【配合成分】         【配合目的】

  1. イソプロピルアンチピリン   咳を抑える
  2. グリチルリチン酸二カリウム  炎症による腫れを和らげる
  3. グアイフェネシン       痰の切れを良くする
  4. エテンザミド         くしゃみや鼻汁を抑える

1( a,b ) 2( a,c ) 3( b,c )
4( b,d ) 5( c,d )

 

 

解説

  1. 誤:イソプロピルアンチピリン=解熱鎮痛
  2. 誤:エテンザミド=解熱鎮痛

正解 3

出題範囲のページ

第3章-1日目:Ⅰ-① かぜ薬

 


問3 かぜ薬の配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
  1. メキタジン、クレマスチンフマル酸塩は、15歳未満の小児で水痘(水疱瘡)又はインフルエンザにかかっているときは使用を避ける必要がある。
  2. トラネキサム酸は、体内での起炎物質の産生を抑制することで炎症の発生を抑え、腫れを和らげる。
  3. コデインリン酸塩は、鎮咳成分として配合されるが、依存性がある成分であることに 留意する必要がある。
  4. サリチルアミドは、タンパク質分解酵素で、体内で産生される炎症物質(起炎性ポリペプチド)を分解する作用がある。

  a b c d
1 正 誤 誤 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 正
4 誤 正 正 誤
5 誤 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:メキタジン、クレマスチンフマル酸塩ではなく、サリチルアミド、エテンザミド
  2. 誤:サリチルアミドではなく、セミアルカリプロティナーゼ、ブロメライン 

正解 4

出題範囲のページ

第3章-1日目:Ⅰ-① かぜ薬

 


問4 かぜの症状緩和に用いられる漢方処方製剤に関する記述のうち、正しいものの組み合 わせはどれか。
  1. 麻黄湯は、体力充実して、かぜのひきはじめで、寒気がして発熱、頭痛があり、咳が出て身体のふしぶしが痛く汗が出ていないものの感冒、鼻かぜ、気管支炎、鼻づまりに 適すとされる。
  2. 香蘇散は、体力中等度又はやや虚弱で、多くは腹痛を伴い、ときに微熱・寒気・頭痛・ 吐きけなどのあるものの胃腸炎、かぜの中期から後期の症状に適すとされる。
  3. 小青竜湯は、体力中等度又はやや虚弱で、うすい水様の痰を伴う咳や鼻水が出るもの の気管支炎、気管支喘息、鼻炎、アレルギー性鼻炎、むくみ、感冒、花粉症に適すとさ れる。
  4. 小柴胡湯は、体力中等度以下で、痰が切れにくく、ときに強く咳こみ、または咽頭の乾燥感があるもののから咳、気管支炎、気管支喘息、咽頭炎、しわがれ声に適すとされ るが、水様痰の多い人には不向きとされる。

1( a,b ) 2( a,c ) 3( b,c )
4( b,d ) 5( c,d )

 

 

解説

  1. 誤:香蘇散ではなく、柴胡桂枝湯の説明文
  2. 誤:小柴胡湯ではなく、麦門冬湯の説明文

正解 2

出題範囲のページ

第3章-1日目:Ⅰ-① かぜ薬

 


問5 解熱鎮痛成分に関する記述のうち、正しいものはどれか。
  1. アセトアミノフェンは、中枢作用による解熱・鎮痛のほか、末梢における抗炎症作用が期待できる。
  2. ピリン系の解熱鎮痛成分として、一般用医薬品ではアスピリンやサザピリンがある。
  3. 一般用医薬品では、イブプロフェンを含有する小児向けの内服薬はない。
  4. アスピリン特有の副作用として、「アスピリン喘息」がある。

 

 

解説

  1. 誤:アセトアミノフェンは末梢における抗炎症作用は期待できない
  2. 誤:ピリン系の解熱鎮痛成分として、一般用医薬品ではイソプロピルアンチピリンのみ
  3. 誤:アスピリン喘息は、アスピリン特有ではなく、他の解熱鎮痛剤でも起こりうる

正解 3

出題範囲のページ

第3章-2日目:Ⅰ-②: 解熱鎮痛薬

 


問6 眠気を促す薬及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはど れか。
  1. ヒスタミンは、脳の下部にある睡眠・覚醒に関与する部位で神経細胞の刺激を介して、覚醒の維持や調節を行う働きを担っている。
  2. アリルイソプロピルアセチル尿素は、脳の興奮を抑え、痛覚を鈍くする作用がある。
  3. 小児及び若年者では、抗ヒスタミン成分により眠気とは反対の神経過敏や中枢興奮などが現れることがある。
  4. 妊娠中にしばしば生じる睡眠障害は、ホルモンのバランスや体型の変化等が原因であり、抗ヒスタミン成分を主薬とする睡眠改善薬の適用対象ではない。

 a b c d
1 正 正 正 正
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 誤
4 誤 正 誤 誤
5 誤 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 正:そのため、特に15歳未満の小児で起きやすいため、抗ヒスタミン成分を含有する睡眠改善薬の使用は避ける必要がある

正解 1

出題範囲のページ

第3章-3日目:Ⅰ-③: 睡眠に関する医薬品

 


問7 カフェインに関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。
  1. 脳に軽い興奮状態を引き起こし、一時的に眠気や倦怠感(だるさ)を抑える効果がある。
  2. 心筋を興奮させる作用があり、副作用として動悸が現れることがある。
  3. 腎臓におけるナトリウムイオン(同時に水分)の再吸収促進作用があり、尿量の減少をもたらす。
  4. 作用が弱いため、反復摂取により依存を形成することはない。

1( a,b ) 2( a,c ) 3( b,c )
4( b,d ) 5( c,d )

 

 

解説

  1. 誤:腎臓におけるナトリウムイオン(同時に水分)の再吸収抑制による尿量の増加(利尿)
  2. 誤:反復摂取により依存を形成

正解 1

出題範囲のページ

第3章-3日目:Ⅰ-③: 睡眠に関する医薬品

 


問8 鎮暈薬(乗物酔い防止薬)の配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
  1. 平衡感覚の混乱によるめまいを軽減させることを目的として、カフェイン(無水カフェイン等を含む)が配合されている場合がある。
  2. スコポラミン臭化水素酸塩水和物は、肝臓で速やかに代謝されてしまうため、抗ヒスタミン成分と比べて作用の持続時間は短い。
  3. ピリドキシン塩酸塩は、乗物酔い防止に古くから用いられている抗コリン成分である。
  4. メクリジン塩酸塩は、他の抗ヒスタミン成分と比べて作用が現れるのが早く持続時間が短い。

  a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 誤
3 正 誤 誤 正
4 誤 正 正 正
5 誤 誤 誤 正

 

 

解説

  1. 誤:ピリドキシン塩酸塩ではなく、スコポラミン臭化水素酸塩水和物の説明文
  2. 誤:メクリジン塩酸塩は、他の抗ヒスタミン成分と比べて作用が現れるのが遅く持続時間が長い

正解 2

出題範囲のページ

第3章-4日目:Ⅰ-④: 鎮暈薬 (めまい止め)と小児鎮静薬について

 


問9 小児の疳及び小児の疳を適応症とする生薬製剤・漢方処方製剤(小児鎮静薬)に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。
  1. 身体的な問題がなく生じる夜泣き、ひきつけ、疳の虫等の症状については、成長に伴って自然に治まるのが通常である。
  2. カンゾウは、小児の疳を適応症とする生薬製剤では配合できない。
  3. 症状の原因となる体質の改善を主眼としているものが多く、比較的長期間(1ヶ月位)継続して服用されることがある。
  4. 漢方処方製剤は、用法用量において適用年齢の下限が設けられていない場合にあっても、3歳未満の乳幼児には使用できない。

1( a,b ) 2( a,c ) 3( b,c )
4( b,d ) 5( c,d )

 

 

解説

  1. 誤:小建中湯などカンゾウを含む生薬製剤があります
  2. 誤:3歳未満ではなく、生後3ヶ月未満の乳児

正解 2

出題範囲のページ

第3章-4日目:Ⅰ-④: 鎮暈薬 (めまい止め)と小児鎮静薬について

 


問 10 鎮咳去痰薬の配合成分とその配合目的の関係が正しいものの組み合わせはどれか。
  【配合成分】 【配合目的】
a デキストロメトルファン臭化水素酸塩 気管支を拡げる
b カルボシステイン 痰の切れを良くする
c ノスカピン 炎症を和らげる
d ジメモルファンリン酸塩 中枢神経系に作用して咳を抑える

1( a,b ) 2( a,c ) 3( b,c )
4( b,d ) 5( c,d )

 

 

解説

  1. 誤:デキストロメトルファン臭化水素酸塩は中枢神経系に作用して咳を抑える
  2. 誤:ノスカピンは中枢神経系に作用して咳を抑える

正解 4

出題範囲のページ

第3章-5日目:Ⅱ-① 鎮咳去痰薬

 


2018年 鳥取 島根 岡山 広島 山口の過去問題  

内容 問題(解説付き) 模擬試験用(解説なし)
第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 1~10 11~20

午前問題

答え

午後問題

答え

第2章 人体の働きと医薬品 1~10 11~20
第3章 主な医薬品とその作用 1~10 11~20 21~30 31~40
第4章 薬事関係法規・制度 1~10 11~20
第5章 医薬品の適正使用・安全対策 1~10 11~20

鳥取 島根 岡山 広島 山口の過去問題に戻る

広告A

広告b

2020年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン

固定記事下部関連広告



執筆者: 吉川 泰紀

Copyright© 2020年登録販売者試験対策 , 2020 All Rights Reserved.