2018年 徳島 香川 愛媛 高知の登録販売者試験過去問題 第3章 主な医薬品とその作用 問21~30


2018年【徳島 香川 愛媛 高知】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

第3章 主な医薬品とその作用 問21~30

問21 鼻に用いる薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。
  1. メチルエフェドリン塩酸塩は抗コリン薬で、血管収縮作用により痒みを鎮める効果を期待して、アレルギー用薬で用いられることがある。
  2. クロルフェニラミンマレイン酸塩は、肥満細胞から遊離したアドレナリンが受容体と反応するのを妨げることにより、くしゃみを抑える作用を示すとされる。
  3. ケイガイは、シソ科のケイガイの花穂を基原とする生薬で、発汗、解熱、鎮痛等の作用を有するとされ、鼻閉への効果を期待して用いられる。
  4. 鼻粘膜の過敏性や痛みや痒みを抑えることを目的として、リドカイン、リドカイン塩酸塩等の局所麻酔成分が配合されている場合がある。

下欄
    a b c d
1 正 正 誤 誤
2 正 誤 誤 正
3 誤 正 誤 正
4 誤 誤 正 誤
5 誤 誤 正 正

 

 

解説

  1. 誤:抗コリン薬ではなく、アドレナリン作動成分
  2. 誤:アドレナリンではなく、ヒスタミン

正解 5

出題範囲の解説ページ

第3章-14日目:Ⅶ 内服アレルギー用薬

 


問22 婦人薬に関する次の記述について、正しいものの組合せを下欄から選びなさい。
  1. エチニルエストラジオールは、人工的に合成された女性ホルモンの一種であり、長期連用により血栓症を生じるおそれがある。
  2. 温経湯は、体力中等度以下で、手足がほてり、唇が乾くものの月経不順、月経困難、更年期障害、不眠に適すとされ、カンゾウを含まない漢方処方製剤である。
  3. 桃核承気湯は、体力中等度以上で、のぼせて便秘しがちなものの月経不順、月経困難症、月経痛に適すとされ、カンゾウを含む漢方処方製剤である。
  4. センキュウは、ゴマノハグサ科のアカヤジオウ等の根又はそれを蒸したものを基原とする生薬で、血行を改善し、血色不良や冷えの症状を緩和するとされる。

下欄
1(a、c) 2(a、d)
3(b、c) 4(b、d)

 

 

解説

  1. 誤:温経湯はカンゾウ含有
  2. 誤:センキュウは、セリ科のセンキュウの根茎を、通例、湯通ししたものを基原とする生薬

正解 1

出題範囲の解説ページ

第3章-13日目:Ⅵ 婦人薬

 


問23 眼科用薬に関する次の記述について、正しいものの組合せを下欄から選びなさい。
  1. ネオスチグミンメチル硫酸塩は、コリンエステラーゼの働きを活発にすることで、目の調節機能を改善する。
  2. スルファメトキサゾールは、ウイルスや真菌よる結膜炎やものもらい(麦粒腫)、眼瞼炎などの化膿性の症状を改善する。
  3. プラノプロフェンは、非ステロイド性抗炎症成分であり、炎症の原因となる物質の生成を抑える作用を示し、目の炎症を改善する。
  4. ナファゾリン塩酸塩は、結膜を通っている血管を収縮させることにより目の充血を除去する。

下欄
1(a、b) 2(a、c)
3(b、d) 4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:コリンエステラーゼの働きを阻害します。
  2. 誤:ウイルスや真菌ではなく、細菌感染による結膜炎などに使用

正解 4 

出題範囲の解説ページ

第3章-16日目:Ⅸ 眼科用薬

 


問24 点眼薬に関する次の記述について、 正しいものの組合せを下欄から選びなさい。
  1. 点眼薬1滴の薬液の量は約30μLであるのに対して、結膜嚢の容積は50μL程度とされており、一度に何滴も点眼しなければ十分な効果が得られない。
  2. 点眼後に目頭を押さえることで、薬液が鼻腔内へ流れ込むのを防ぐことができ効果的とされる。
  3. 点眼薬は通常無菌的に製造されているため、別の人との共用が問題となることはない。
  4. 一般用医薬品の点眼薬には、緑内障の症状を改善できるものはない。

下欄
1(a、b) 2(a、c)
3(b、d) 4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:1滴の薬液の量は約50μL であるのに対して、結膜嚢の容積は30μL 程度とされており、1滴で十分です
  2. 誤:別の人との共有は避ける必要があります

正解 3 

出題範囲の解説ページ

第3章-16日目:Ⅸ 眼科用薬

 


問25 きず口等の殺菌消毒成分に関する次の記述について、誤っているものを1つ選びなさい。
  1. アクリノールは黄色の色素で、一般細菌類の一部(連鎖球菌、黄色ブドウ球菌などの化膿菌)に対する殺菌消毒作用を示すが、真菌、結核菌、ウイルスに対しては効果がない。
  2. ヨウ素の殺菌力は、アルカリ性になると低下するため、石鹸等と併用する場合には、石鹸分をよく洗い落としてから使用するべきである。
  3. ヨードチンキは、ヨウ素及びヨウ化カリウムをエタノールに溶解させたもので、化膿している部位でも問題なく使用できる。
  4. レゾルシンは、細菌や真菌類のタンパク質を変性させることにより殺菌消毒作用を示し、患部の化膿を防ぐとされる。

 

 

解説

  1. 誤:化膿している部位では、症状を悪化させるおそれがあります

正解 3 

出題範囲の解説ページ

第3章-17日目:Ⅹ-① 皮膚の 殺菌消毒

 


問26 非ステロイド性抗炎症成分を含む外皮用薬に関する次の記述について、正しいものの組合せを下欄から選びなさい。
  1. 末梢組織の免疫機能を低下させる作用を示し、細菌、ウイルス等による皮膚感染の副作用が現れることがある。
  2. プロスタグランジンの産生を抑え、分子内に副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)と共通する化学構造を持つ場合は、NSAIDsと呼ばれる。
  3. 喘息を起こしたことがある人では、使用を避ける必要がある。
  4. 当該成分として、ケトプロフェン、フェルビナクなどがある。

下欄
1(a、b) 2(a、d)
3(b、c) 4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:免疫機能を低下させるのは、ステロイド性抗炎症成分です
  2. 誤:ステロイドと共通する化学構造を持ちません

正解 4 

出題範囲の解説ページ

第3章-18日目:Ⅹ-② 皮膚の痛み ,痒み,保湿 

 


問27 皮膚に用いる薬剤に関する次の記述について、誤っているものを1つ選びなさい。
  1. じゅくじゅくと湿潤している患部には、軟膏又はクリームが適すとされる。
  2. 液剤は、有効成分の浸透性が低く、患部に対する刺激が弱い。
  3. 貼付剤は、適用部位に有効成分が一定時間留まるため、薬効の持続が期待できる反面、適用部位にかぶれなどを起こす場合もある。
  4. スプレー剤を連続して噴霧する時間は、3秒以内とすることが望ましい。

 

 

解説

  1. 誤:液剤は、有効成分の浸透性が高く、患部に対する刺激が強い

正解 2 

出題範囲の解説ページ

第3章-19日目:Ⅹ-③ 皮膚の抗菌,抗真菌と発毛

 


問28 皮膚に用いる薬のうち、痒み、腫れ、痛み等を抑える配合成分に関する次の記述について、誤っているものを1つ選びなさい。
  1. ジフェニルイミダゾールの副作用として、患部の腫れが現れることがある。
  2. メントールは、知覚神経を麻痺させることによる鎮痛・鎮痒の効果を期待して配合される場合がある。
  3. クロタミトンは、皮膚に軽い灼熱感を与えることで痒みを感じにくくさせる効果を期待して配合される場合がある。
  4. カンフルは、患部のタンパク質と結合して皮膜を形成し、皮膚を保護する作用を示す。

 

 

解説

  1. 誤:カンフルは、皮膚表面に冷感刺激を与え、軽い炎症による血行促進や、知覚神経の麻痺による鎮痛・鎮痒効果を期待して配合されています

正解 4 

出題範囲の解説ページ

第3章-18日目:Ⅹ-② 皮膚の痛み ,痒み,保湿 

 


問29 外皮用薬に配合される成分とその主な作用との関係について、正しいものの組合せを下欄から選びなさい。

 (配合成分)     (主な作用)

  1. スルファジアジン ― 細菌のDNA合成を阻害
  2. ウンデシレン酸 ― 患部を酸性にし、皮膚糸状菌の発育を抑制
  3. クロラムフェニコール ― 細菌の細胞壁合成を阻害
  4. ミコナゾール硝酸塩 ― 皮膚糸状菌の細胞壁を構成する成分の産生を抑制

下欄
1(a、b) 2(a、c)
3(b、d) 4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:細菌のタンパク質合成を阻害
  2. 誤:皮膚糸状菌の細胞を構成する成分の産生を妨げたり、細胞膜の透過性を変化させることにより、増殖を抑えます

正解 1 

出題範囲の解説ページ

第3章-19日目:Ⅹ-③ 皮膚の抗菌,抗真菌と発毛

 


問30 歯や口中に用いる薬の配合成分と配合目的の関係について、正しいものの組合せを下欄から選びなさい。

(配合成分) (配合目的)

  1. ジブカイン塩酸塩 ― 止血
  2. オイゲノール   ― 殺菌消毒
  3. アラントイン   ― 組織修復
  4. カルバゾクロム  ― 局所麻酔

下欄
1(a、b) 2(a、d)
3(b、c) 4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:局所麻酔
  2. 誤:止血

正解 3 

出題範囲の解説ページ

第3章-20日目:Ⅺ 歯痛,歯槽膿漏, 口内炎

 


2018年 徳島 香川 愛媛 高知の登録販売者試験 過去問題  

内容 問題(解説付き) 模擬試験用(解説なし)
第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 1~10 11~20

午前問題

答え

午後問題

答え

第2章 人体の働きと医薬品 1~10 11~20
第3章 主な医薬品とその作用 1~10 11~20 21~30 31~40
第4章 薬事関係法規・制度 1~10 11~20
第5章 医薬品の適正使用・安全対策 1~10 11~20

徳島 香川 愛媛 高知の過去問題に戻る

広告A

広告b

2020年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン

固定記事下部関連広告



執筆者: 吉川 泰紀

Copyright© 2020年登録販売者試験対策 , 2020 All Rights Reserved.