サイト更新中

2019年 富山 石川 岐阜 静岡 愛知 三重の登録販売者試験過去問題 第3章 主な医薬品とその作用 問51~60


2019年【富山 石川 岐阜 静岡 愛知 三重】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

広告A

第3章 主な医薬品とその作用 問51~60

問51 歯痛・歯槽膿漏薬の配合成分とその配合目的との関係の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

(配合成分) (配合目的)

  1. 木クレオソート - 齲蝕を生じた部分における細菌の繁殖を抑える
  2. フィトナジオン - 炎症を起こした歯周組織からの出血を抑える
  3. ビタミンE   - 歯周組織の血行を促す
  4. カルバゾクロム - 知覚神経の伝達を遮断して痛みを鎮める

  a b c d
1 誤 誤 正 正
2 正 誤 誤 正
3 正 正 誤 誤
4 正 正 正 誤
5 誤 正 正 正

 

 

解説

  1. 誤:カルバゾクロムは炎症を起こした歯周組織からの出血を抑える。

正解 4

出題範囲のページ

第3章-20日目:Ⅺ 歯痛,歯槽膿漏, 口内炎

 


問52 禁煙及び禁煙補助剤に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
  1. 一般用医薬品の禁煙補助剤は長期間にわたって使用されるべきものではなく、添付文書で定められた期限を超える使用は避けるべきである。
  2. うつ病と診断されたことのある人では、禁煙時の離脱症状により、うつ症状を悪化させることがあるため、一般用医薬品の禁煙補助剤の使用を避ける必要がある。
  3. 禁煙を達成するには、本人の禁煙の意思に加えて、ニコチン離脱症状を軽減するニコチン置換療法が有効とされる。
  4. 非喫煙者では、一般にニコチンに対する耐性がないため、ニコチンを含有する禁煙補助剤を誤って使用すると、吐きけ、めまい、腹痛などの症状が現れやすい。

  a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 正
4 誤 正 正 正
5 正 正 正 正

 

 

解説

正解 5

出題範囲のページ

第3章-21日目:Ⅻ 禁煙補助剤

 


問53 ビタミンに関する記述のうち、誤っているものはどれか。
  1. 妊娠3ヶ月以内の妊婦、妊娠していると思われる女性及び妊娠を希望する女性では、医薬品以外からの摂取を含め、ビタミンAの過剰摂取に留意する必要がある。
  2. ビタミンB1は、目の乾燥感、夜盲症(とり目)の症状の緩和に用いられる。
  3. ビタミンB12は、赤血球の形成を助け、また、神経機能を正常に保つために重要な栄養素である。
  4. ビタミンDの過剰症としては、高カルシウム血症、異常石灰化が知られている。

 

 

解説

  1. 誤:ビタミンB1は神経痛、筋肉痛・関節痛、手足のしびれ、便秘、眼精疲労、脚気の症状の緩和、また、ビタミンB1 の補給に用いられる。

正解 2

出題範囲のページ

第3章-22日目:ⅩⅢ 滋養強壮

 


問54 第1欄の記述は、滋養強壮保健薬に配合されることがある生薬成分に関するものである。該当する生薬成分は第2欄のどれか。

第1欄

ハトムギの種皮を除いた種子を基原とする生薬で、肌荒れやいぼに用いられる。 ビタミンB2主薬製剤やビタミンB6主薬製剤、瀉下薬等の補助成分として配合されている場合もある。

第2欄

1 ニンジン
2 ヨクイニン
3 ジオウ
4 オウギ
5 ショウマ

 

 

解説

  1. 誤:ニンジンはウコギ科のオタネニンジンの細根を除いた根又はこれを軽く湯通ししたものを基原とする生薬で、ストレスに対する抵抗力や新陳代謝を高めるとされる。
  2. 誤:ジオウはゴマノハグサ科のアカヤジオウ等の根又はそれを蒸したものを基原とする生薬で、血行を改善し、血色不良や冷えの症状を緩和するほか、強壮、鎮静、鎮痛等の作用が期待される。 
  3. 誤:オウギはマメ科のキバナオウギ又はナイモウオウギ等の根を基原とする生薬で、主に強壮作用が期待される。
  4. 誤:ショウマはキンポウゲ科のサラシナショウマ、フブキショウマ、コライショウマ又はオオミツバショウマの根茎を基原とする生薬で、発汗、解熱、解毒、消炎等の作用が期待される。

正解 2

出題範囲のページ

第3章-22日目:ⅩⅢ 滋養強壮

 


問55 生薬成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
  1. モクツウは、強壮、強精(性機能の亢進)等の作用を期待して用いられる。
  2. ブシは生のままでは毒性が高いことから、その毒性を減らし有用な作用を保持する処理を施して使用される。
  3. サンザシは、別名を高麗人参、朝鮮人参とも呼ばれ、その根を蒸したものを基原とする生薬をコウジンということがある。
  4. レンギョウは、鎮痛、抗菌等の作用を期待して用いられる。

  a b c d
1 正 誤 誤 正
2 誤 誤 正 誤
3 誤 正 誤 正
4 正 誤 正 誤
5 誤 正 誤 誤

 

 

解説

  1. 誤:モクツウは尿量増加(利尿)作用が期待される。
  2. 誤:サンザシではなく、ニンジンの説明文である。

正解 3

出題範囲のページ

第3章-23日目:ⅩⅣ 漢方 と生薬

スポンサーリンク

広告A


問56 消毒薬及び殺菌消毒成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
  1. 次亜塩素酸ナトリウムは、金属腐食性があるとともに、プラスチックやゴム製品を劣化させることがある。
  2. オキシドールは、揮発性で引火しやすく、また、広範囲に長時間使用する場合には、蒸気の吸引にも留意する必要がある。
  3. 生息条件が整えば消毒薬の溶液中で生存、増殖する微生物もいる。
  4. エタノールには粘膜刺激性があり、傷がある部分への使用は避けることとされている。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 誤 正
4 正 誤 正 誤
5 正 正 誤 正

 

 

解説

  1. 誤:オキシドールではなく、エタノールやイソプロパノールの説明文である。

正解 2

出題範囲のページ

第3章-24日目:ⅩⅤ-① 消毒薬

 


問57 消毒薬の取扱い上の注意に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。
  1. 日本薬局方に収載されているクレゾール石鹸液は、原液を水で希釈して用いられるが、刺激性が強いため、原液が直接皮膚に付着しないようにする必要がある。
  2. 原末や濃厚液を誤って飲み込んだ場合は、自己判断で安易に吐き出させることは避けることとされている。
  3. アルカリ性の消毒薬が誤って目に入った場合は、直ちに中和剤を用いて中和することとされている。
  4. 次亜塩素酸ナトリウムは、アルカリ性の洗剤・洗浄剤と反応して有毒な塩素ガスが発生するため、混ざらないように注意する必要がある。

1(a、b) 2(b、c)
3(c、d) 4(a、d)

 

 

解説

  1. 誤:酸をアルカリで中和したり、アルカリを酸で中和するといった処置は、状態が悪化するおそれがあるため適切ではない。
  2. 誤:次亜塩素酸ナトリウムは、酸性の洗剤・洗浄剤と反応して有毒な塩素ガスが発生する。

正解 1

出題範囲のページ

第3章-24日目:ⅩⅤ-① 消毒薬

 


問58 衛生害虫の種類と防除及び殺虫剤に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
  1. 蚊(アカイエカ、シナハマダラカ等)の幼虫(ボウフラ)の防除では、水系に殺虫剤を投入することになるため、生態系に与える影響を考慮して適切な使用を行う必要がある。
  2. ハエ(イエバエ、センチニクバエ等)は、赤痢菌、チフス菌、コレラ菌等の病原菌を媒介する。
  3. ジクロルボスは、殺虫作用でなく、昆虫の脱皮や変態を阻害する作用を有する成分である。
  4. ノミによる保健衛生上の害としては、主に吸血されたときの痒みであるが、ノミは元来、 ペスト等の病原細菌を媒介する衛生害虫である。

  a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 正
4 誤 正 正 正
5 正 正 正 正

 

 

解説

  1. 誤:ジクロルボスは、有機リン系殺虫成分である。

正解 2

出題範囲のページ

第3章-25日目:ⅩⅤ-② 殺虫剤 ・忌避剤

 


問59 尿中の糖・タンパク値に異常を生じる要因に関する記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。なお、同じ記号の( )内には同じ字句が入る。

泌尿器系の機能が正常に働いていて、また、血糖値が正常であれば、糖分やタンパク質は腎臓の( a )においてほとんどが再吸収される。 尿糖値に異常を生じる要因は、一般に( b )と結びつけて捉えられることが多いが、腎性糖尿等のように( b )を伴わない場合もある。尿中のタンパク値に異常を生じる要因については、腎臓機能障害によるものとして腎炎や( c )、尿路に異常が生じたことによるものとして尿路感染症、尿路結石等がある。

  a    b   c
1 尿細管 高血糖 ネフローゼ
2 糸球体 高血糖 膀胱炎
3 尿細管 高血圧 膀胱炎
4 集合管 高血糖 ネフローゼ
5 糸球体 高血圧 ネフローゼ

 

 

解説

  1. 尿細管
  2. 高血糖
  3. ネフローゼ

正解 1

出題範囲のページ

第3章-26日目:ⅩⅥ 一般用 検査薬

 


問60 妊娠及び妊娠検査薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。
  1. 絨毛細胞が腫瘍化している場合には、妊娠していなくてもヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)が分泌され、妊娠検査薬の検査結果が陽性となることがある。
  2. 妊娠しているかどうかを早い段階で知り、食事の内容や医薬品の使用に適切な配慮がなされるとともに、飲酒や喫煙、風疹や水痘(水疱瘡)などの感染症等を避けることは、母子の健康にとって重要である。
  3. 妊娠検査薬は、妊娠が成立してから4週目前後の尿中ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(hC G)濃度を検出感度としている。
  4. 妊娠検査薬は、妊娠が成立していても、検査結果が陰性となることがある。

  a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 正
4 誤 正 正 正
5 正 正 正 正

 

 

解説

正解 5

出題範囲のページ

第3章-26日目:ⅩⅥ 一般用 検査薬

スポンサーリンク

広告A


2019年 富山 石川 岐阜 静岡 愛知 三重の登録販売者試験 過去問題  

内容 問題(解説付き) 模擬試験用(解説なし)
第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 1~10 11~20

午前問題

答え

午後問題

答え

第2章 人体の働きと医薬品 61~70 71~80
第3章 主な医薬品とその作用 21~30 31~40 41~50 51~60
第4章 薬事関係法規・制度 81~90 91~100
第5章 医薬品の適正使用・安全対策 101~110 111~120

富山 石川 岐阜 静岡 愛知 三重の過去問題に戻る

広告A

広告b

2020年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン

固定記事下部関連広告



執筆者: 吉川 泰紀

Copyright© 2020年登録販売者試験対策 , 2020 All Rights Reserved.