サイト更新中

2019年 奈良の登録販売者試験過去問題 第2章 人体の働きと医薬品 問21~30


2019年(R01)【奈良】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

広告A

第2章 人体の働きと医薬品 問21~30

問21 消化器系に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 唾液には、デンプンをデキストリンや麦芽糖に分解する消化酵素が含まれている。
  2. 消化腺から分泌される消化液に含まれる消化酵素の作用によって飲食物が分解されることを機械的消化という。
  3. 食道から送られてきた内容物の胃内での滞留時間は、炭水化物主体の食品の場合には比較的短く、脂質分の多い食品の場合には比較的長い。
  4. タンパク質は、小腸において消化酵素の作用によってアミノ酸に分解されて吸収される。

  a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 誤
3 正 誤 正 正
4 誤 正 正 正
5 誤 誤 誤 正

 

 

解説

  1. 誤:消化腺から分泌される消化液に含まれる消化酵素の作用によって飲食物が分解されることを化学的消化という。

正解 3

出題範囲のページ

第2章-1日目:Ⅰ-①: 消化器系

 


問22 次の呼吸器系に関する記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
  1. 喉頭は、鼻腔と口腔につながっている部分で、消化管と気道の両方に属する。
  2. 扁桃は、咽頭と気管の間にある軟骨に囲まれた円筒状の器官で、発声器としての役割もある。
  3. 間質は、肺胞と毛細血管を取り囲んで支持している組織である。
  4. 気管は、咽頭から肺へ向かう気道が左右の肺へ分岐するまでの部分で、その粘膜は線毛上皮で覆われている。

 

 

解説

  1. 誤:咽頭は、鼻腔と口腔につながっている部分で、消化管と気道の両方に属する。
  2. 誤:喉頭は、咽頭と気管の間にある軟骨に囲まれた円筒状の器官で、発声器としての役割もある。
  3. 誤:気管は、喉頭から肺へ向かう気道が左右の肺へ分岐するまでの部分で、その粘膜は線毛上皮で覆われている。

正解 3

出題範囲のページ

第2章-2日目:Ⅰ-②: 呼吸器

 


問23 心臓及び血管系に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 心臓の内部は、上部左右の心室、下部左右の心房の4つの空洞に分かれており、心房で血液を集めて心室に送り、心室から血液を拍出する。
  2. 静脈にかかる圧力は、比較的高いため、血管壁は動脈よりも厚い。
  3. 心臓から拍出された血液を送る血管を動脈、心臓へ戻る血液を送る血管を静脈という。
  4. 毛細血管は、動脈と静脈の間をつなぐように体中の組織に細かく張り巡らされている。

1(a、b) 2(a、c)
3(b、d) 4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:心臓の内部は、上部左右の心房、下部左右の心室の4つの空洞に分かれており、心房で血液を集めて心室に送り、心室から血液を拍出する。
  2. 誤:動脈にかかる圧力は、比較的高いため、血管壁は静脈よりも厚い。

正解 4

出題範囲のページ

第2章-3日目:Ⅰ-③: 循環器

 


問24 血液に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 赤血球は、中央部がくぼんだ円盤状の細胞で、血液全体の約40%を占め、赤い血色素(ヘモグロビン)を含む。
  2. 血管の損傷部位には、白血球が粘着、凝集して傷口を覆う。
  3. 血漿は、90%以上が水分からなり、アルブミン、グロブリン等のタンパク質のほか、微量の脂質、糖質、電解質を含む。
  4. リンパ球は、白血球の約60%を占め、細菌やウイルスなどを食作用によって取り込んで分解する。

1(a、b) 2(a、c)
3(b、d) 4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:血管の損傷部位には、血小板が粘着、凝集して傷口を覆う。
  2. 誤:好中球は、白血球の約60%を占め、細菌やウイルスなどを食作用によって取り込んで分解する。

正解 2

出題範囲のページ

第2章-3日目:Ⅰ-③: 循環器

 


問25 泌尿器系に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 副腎皮質では、自律神経系に作用するアドレナリンとノルアドレナリンが主に産生・分泌される。
  2. 腎小体では、肝臓でアミノ酸が分解されて生成する尿素などの血液中の老廃物が濾過され、原尿として尿細管に入る。
  3. 尿細管は、糸球体とその外側を包み込む袋状のボウマン嚢から成る。
  4. 女性は尿道が短いため、細菌などが侵入したとき膀胱まで感染を生じやすい。

1(a、b) 2(a、c)
3(b、d) 4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:副腎髄質では、自律神経系に作用するアドレナリンとノルアドレナリンが主に産生・分泌される。副腎皮質ではアルドステロンが産生・分泌される。
  2. 誤:腎小体は、糸球体とその外側を包み込む袋状のボウマン嚢から成る。

ネフロン

正解 3

出題範囲のページ

第2章-4日目:Ⅰ-④: 泌尿器

スポンサーリンク

広告A


問26 鼻に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 副鼻腔中にある鼻中隔の前部は、毛細血管が豊富に分布していることに加えて粘膜が薄いため、傷つきやすく鼻出血を起こしやすい。
  2. においに対する感覚は、非常に鋭敏であり、長時間同じにおいを嗅いでいると段々においを強く感じるようになっていく。
  3. 副鼻腔に入った埃等の粒子は、粘液に捉えられて線毛の働きによって鼻腔内へ排出される。
  4. 鼻腔の粘膜に炎症を起こして腫れた状態を鼻炎といい、鼻汁過多や鼻閉(鼻づまり)などの症状を生じる。

1(a、b) 2(a、c)
3(b、d) 4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:鼻腔中にある鼻中隔の前部は、毛細血管が豊富に分布していることに加えて粘膜が薄いため、傷つきやすく鼻出血を起こしやすい。
  2. 誤:嗅覚は鋭敏で記憶にも残りやすいですが、同時に順応を起こしやすく、同じにおいを嗅いでいるとそのにおいを感じなくなる。

正解 4

出題範囲のページ

第2章-5日目:Ⅰ-⑤: 感覚器官

 


問27 歯に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 歯は、歯周組織によって、上下の顎の骨に固定されている。
  2. 歯槽骨の中に埋没している歯の部分を歯根、歯頚を境に口腔に露出する部分を歯冠という。
  3. 歯冠の表面は、エナメル質で覆われ、体で最も硬い部分となっている。
  4. 歯には、石灰質と呼ばれる硬い骨状の組織があり、神経や血管が通る歯髄を取り囲んでいる。

  a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 誤
3 正 誤 正 正
4 誤 正 正 正
5 誤 誤 誤 正

 

 

解説

  1. 誤:歯には、象牙質と呼ばれる硬い骨状の組織があり、神経や血管が通る歯髄を取り囲んでいる。

正解 1

出題範囲のページ

第2章-1日目:Ⅰ-①: 消化器系

 


問28 外皮系に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 皮膚の主な機能の1つとして身体を保護するバリア機能があり、爪や毛等の角質は、皮膚の一部が変化してできたもので、皮膚に強度を与えて体を保護している。
  2. メラニン色素は、太陽光に含まれる紫外線から皮膚組織を防護する役割があり、表皮の最下層にあるメラノサイトで産生される。
  3. 角質層は、セラミドでできた板状の角質細胞と、ケラチンを主成分とする細胞間脂質で構成されている。
  4. 汗腺には、腋窩などの毛根部に分布するエクリン腺と、手のひらなど毛根がないところも含め全身に分布するアポクリン腺がある。

1(a、b) 2(a、c)
3(b、d) 4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:角質層は、細胞膜が丈夫な線維性のケラチンでできた板状の角質細胞と、セラミド(リン脂質の一種)を主成分とする細胞間脂質で構成されている。
  2. 誤:汗腺には、腋窩などの毛根部に分布するアポクリン腺と、手のひらなど毛根がないところも含め全身に分布するエクリン腺がある。

正解 1

出題範囲のページ

第2章-6日目:Ⅰ-⑥: 運動器官

 


問29 脳や神経系の働きに関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 視床下部は、自律神経系、ホルモン分泌等の様々な調節機能を担っている。
  2. 延髄には、心拍数を調節する心臓中枢、呼吸を調節する呼吸中枢がある。
  3. 脳の血管は、末梢に比べて物質の透過に関する選択性が低く、タンパク質などの大分子や小分子でもイオン化した物質は、血液中から脳組織へ移行しやすい。
  4. 脳の毛細血管が中枢神経の間質液環境を血液内の組成変動から保護するように働く機能を血液脳関門という。

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 正 誤 誤
3 誤 誤 正 正
4 誤 正 正 正
5 正 正 誤 正

 

 

解説

  1. 誤:脳の血管は、末梢に比べて物質の透過に関する選択性が高く、タンパク質などの大分子や小分子でもイオン化した物質は、血液中から脳組織へ移行しにくい

正解 5

出題範囲のページ

第2章-7日目:Ⅰ-⑦: 脳や神経系の働き

 


問30 末梢神経系に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。
  1. 交感神経の節後線維の末端から放出される神経伝達物質はノルアドレナリンであり、副交感神経の節後線維の末端から放出される神経伝達物質はアセチルコリンである。
  2. 交感神経系は瞳孔を収縮させ、副交感神経系は瞳孔を散大させる効果を及ぼす。
  3. 交感神経系は気管支を拡張させ、副交感神経系は気管支を収縮させる効果を及ぼす。
  4. 交感神経系は腸の運動を亢進させ、副交感神経系は腸の運動を低下させる効果を及ぼす。

1(a、b) 2(a、c)
3(b、d) 4(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:交感神経系は瞳孔を散大させ、副交感神経系は瞳孔を収縮させる効果を及ぼす。
  2. 誤:交感神経系は腸の運動を低下させ、副交感神経系は腸の運動を亢進させる効果を及ぼす。

正解 2

出題範囲のページ

第2章-7日目:Ⅰ-⑦: 脳や神経系の働き

スポンサーリンク

広告A


2019年 奈良の過去問題  

内容 問題(解説付き) 模擬試験用(解説なし)
第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 1~10 11~20

午前問題

答え

午後問題

答え

第2章 人体の働きと医薬品 21~30 31~40
第3章 主な医薬品とその作用 61~70 71~80 81~90 91~100
第4章 薬事関係法規・制度 41~50 51~60
第5章 医薬品の適正使用・安全対策 101~110 111~120

奈良の過去問題に戻る

広告A

広告b

2020年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン

固定記事下部関連広告



執筆者: 吉川 泰紀

Copyright© 2020年登録販売者試験対策 , 2020 All Rights Reserved.