サイト更新中

2019年 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄の登録販売者試験過去問題 第5章 医薬品の適正使用・安全対策 問51~60


2019年 【福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

広告A

第5章 医薬品の適正使用・安全対策 問51~60

問51 以下の情報のうち、独立行政法人医薬品医療機器総合機構のホームページに掲載されているものの組み合わせを下から一つ選び、その番号を解答欄に記入しなさい。

ア 一般用医薬品の添付文書情報

イ 医薬品販売業許可業者名一覧

ウ 患者向医薬品ガイド・くすりのしおり

エ 特定保健用食品許可品目名一覧

1(ア、イ) 2(ア、ウ)
3(イ、エ) 4(ウ、エ)

 

 

解説

ア.正

イ.誤:医薬品販売業許可業者名一覧の記載はない。

ウ.正

エ.誤:特定保健用食品許可品目名一覧 の記載はない。

正解 2

出題範囲の解説ページ

第5章-4日目:Ⅰ-④ 製品表示の読み方

 


問52 医薬品の副作用情報等の収集に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選び、その番号を解答欄に記入しなさい。

ア 医薬品・医療機器等安全性情報報告制度は、情報を広く収集することによって、医薬品の安全対策のより着実な実施を図ることを目的としている。

イ 医薬品・医療機器等安全性情報報告制度は、病院若しくは診療所の開設者又は医師が報告を行う制度であり、薬剤師は報告する義務はない。

ウ 医薬品・医療機器等安全性情報報告制度は、1967年3月より、約3000の医療機関をモニター施設に指定して、厚生省(当時)が直接副作用報告を受ける「医薬品副作用モニター制度」と してスタートした。

エ 医薬品の製造販売業者等には、その製造販売をし、又は承認を受けた医薬品について、その副作用等によるものと疑われる健康被害の発生、その使用によるものと疑われる感染症の発生等を知ったときは、その旨を、都道府県知事に報告することが義務づけられている。

1(ア、イ) 2(ア、ウ)
3(イ、エ) 4(ウ、エ)

 

 

解説

ア.正

イ.誤:薬剤師や登録販売者も含めた医薬関係者も医薬品・医療機器等安全性情報報告制度の報告義務を有する。

ウ.正

エ.誤:厚生労働大臣に報告することが義務づけられている。(実務上は報告書を総合機構に提出)

正解 2

出題範囲の解説ページ

第5章-5日目:Ⅱ 医薬品の安全対策

 


問53 医薬品の副作用情報等の収集、評価及び措置の内容に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選び、その番号を解答欄に記入しなさい。

ア 一般用医薬品に関しては、製造販売業者に対して、承認後の安全性に関する調査は求められていない。

イ 副作用情報は、その医薬品の製造販売業者等において評価・検討され、必要な安全対策が図られる。

ウ 各制度によって集められた副作用情報については、都道府県知事によって調査検討が行われ、その結果に基づき、厚生労働大臣が、安全対策上必要な行政措置を講じている。

エ 厚生労働大臣が行う安全対策上必要な行政措置として、使用上の注意の改訂の指示等を通じた注意喚起のための情報提供や、効能・効果や用法・用量の一部変更、調査・実験の実施の指示、製造・ 販売の中止、製品の回収等がある。

  ア イ ウ エ
1 正 正 誤 誤
2 正 誤 誤 正
3 誤 正 正 正
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 誤

 

 

解説

ア.誤:一般用医薬品に関しても、製造販売業者に対して、承認後の安全性に関する調査が求められている。

イ.正

ウ.誤:各制度により集められた副作用情報については総合機構において専門家の意見を聴きながら調査検討が行われ、その結果に基づき、厚生労働大臣が、安全対策上必要な行政措置を講じている。

エ.正

正解 4

出題範囲の解説ページ

第5章-5日目:Ⅱ 医薬品の安全対策

 


問54 医薬品による副作用等が疑われる場合の報告の仕方に関する以下の記述のうち、誤っているものを一つ選び、その番号を解答欄に記入しなさい。

1 医薬品との因果関係が必ずしも明確でない場合であっても報告の対象となり得る。

2 一つの店舗において複数の登録販売者が医薬品の販売等に携わっている場合、当該副作用の情報等に直接携わった登録販売者一名だけが報告を行えば十分である。

3 報告様式は独立行政法人医薬品医療機器総合機構ホームページから入手可能であり、記入欄すべてに記入がなされる必要はない。

4 安全対策上必要があると認められる場合でも、医薬品の過量使用や誤用によるものと思われる健康被害については報告する必要はない。

 

 

解説

  1. 誤:安全対策上必要があると認めるときは、過量使用や誤用等によるものと思われる健康被害についても報告がなされる必要がある。

正解 4

出題範囲の解説ページ

第5章-5日目:Ⅱ 医薬品の安全対策

 


問55 医薬品副作用被害救済制度に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選び、 その番号を解答欄に記入しなさい。

ア 医薬品を適正に使用せずに発生した副作用についても、救済対象となる。

イ 給付請求先は独立行政法人医薬品医療機器総合機構である。

ウ 生物由来製品を適正に使用したにもかかわらず、それを介して生じた感染等による疾病、障害又は死亡についても対象である。

エ 給付の種類としては、医療費、障害年金、遺族一時金などがある。

1(ア、イ) 2(ア、ウ)
3(イ、エ) 4(ウ、エ)

 

 

解説

ア.誤:医薬品の不適正な使用による健康被害については、給付対象に含まれない。

イ.正

ウ.誤:適正使用した生物由来製品を介した感染等による健康被害に関しては「生物由来製品感染等被害救済制度」の救済対象である。 

エ.正

正解 3

出題範囲の解説ページ

第5章-6日目:Ⅲ,Ⅳ,Ⅴ 健康被害の救済

スポンサーリンク

広告A


問56 以下のうち、医薬品副作用被害救済制度の対象となるものについて、正しいものを下から一つ選び、 その番号を解答欄に記入しなさい。

1 人体に直接使用する殺菌消毒剤
2 一般用検査薬
3 個人輸入により入手された医薬品
4 健康食品
5 日本薬局方収載医薬品であるワセリン

 

 

解説

  1. 誤:健康食品は食品であるため、医薬品副作用被害救済制度の対象とはならない。

救済制度の対象とならない医薬品

  • 要指導医薬品、一般用医薬品では、殺虫剤・殺鼠剤、殺菌消毒剤(人体に直接使用するものを除く)、一般用検査薬、一部の日局収載医薬品(精製水、ワセリン等)
  • 製品不良など、製薬企業に損害賠償責任がある場合
  • 無承認無許可医薬品(個人輸入医薬品も含む)

正解 1

出題範囲の解説ページ

第5章-6日目:Ⅲ,Ⅳ,Ⅴ 健康被害の救済

 


問57 医薬品副作用被害救済制度の給付対象とならないケースのうち、製品不良など製薬企業に損害賠償責任がある場合の相談窓口として推奨されている機関を下から一つ選び、その番号を解答欄に記入し なさい。

1 都道府県
2 医薬品PLセンター
3 日本OTC医薬品協会
4 独立行政法人医薬品医療機器総合機構
5 くすりの適正使用協議会

 

 

解説

医薬品副作用被害救済制度の対象とならないケースのうち、製品不良など、製薬企業に損害賠償責任がある場合には、「医薬品PLセンター」への相談が推奨される。

正解 2

出題範囲の解説ページ

第5章-6日目:Ⅲ,Ⅳ,Ⅴ 健康被害の救済

 


問58 これまでに日本国内において実施された一般用医薬品に対する主な安全対策に関する以下の関係の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選び、その番号を解答欄に記入しなさい。
  医薬品と副作用 安全対策
小柴胡湯による間質性肺炎 安全性速報の配布
塩酸フェニルプロパノールアミン含有医薬品による脳出血 緊急安全性情報の配布
アミノピリンが配合されたアンプル入りかぜ薬による重篤な副作用(ショック) 製品の回収要請
一般用かぜ薬による間質性肺炎 代替成分への切替指示

  ア イ ウ エ
1 正 正 誤 誤
2 正 誤 誤 正
3 誤 正 正 正
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 誤

 

 

解説

ア.誤:小柴胡湯による間質性肺炎に関しては緊急安全性情報の配布が指示がなされた。 

イ.誤:塩酸フェニルプロパノールアミン含有医薬品による脳出血に関しては、使用上の注意の改訂、情報提供の徹底等を行うとともに、代替成分としてプソイドエフェドリン塩酸塩等への切替え指示がなされた。 

ウ.正

エ.誤:一般用かぜ薬による間質性肺炎に関しては使用上の注意の改訂の指示がなされた。

正解 5

出題範囲の解説ページ

第5章-6日目:Ⅲ,Ⅳ,Ⅴ 健康被害の救済

 


問59 医薬品の適正使用及びその啓発活動に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選び、その番号を解答欄に記入しなさい。

ア 登録販売者は、一般用医薬品の販売に従事する医薬関係者(専門家)として、適切なセルフメディケーションの普及定着、医薬品の適正使用の推進のための活動に積極的に参加、協力することが期待される。

イ 医薬品の持つ特質及びその使用・取扱い等について正しい知識を広く生活者に浸透させることにより、保健衛生の維持向上に貢献することを目的とし、毎年10月17日~23日の1週間を「薬と健康の週間」として、国、自治体、関係団体等による広報活動やイベント等が実施されている。

ウ 薬物乱用や薬物依存は、一般用医薬品では生じず、違法薬物(麻薬、覚せい剤、大麻等)によって生じるものである。

エ 医薬品の適正使用の重要性に関する小中学生への啓発は、薬物への興味や乱用につながることからしてはならない。

  ア イ ウ エ
1 正 正 誤 誤
2 正 誤 誤 正
3 誤 正 正 正
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 誤

 

 

解説

ア.正

イ.正

ウ.誤:薬物乱用や薬物依存は違法薬物だけでなく、一般用医薬品によっても生じ得ます。

エ.誤:医薬品の適正使用の重要性等に関して、小中学生のうちからの啓発が重要である。

正解 1

出題範囲の解説ページ

第5章-6日目:Ⅲ,Ⅳ,Ⅴ 健康被害の救済

 


問60 以下の成分を含む一般用医薬品のうち、メトヘモグロビン血症を起こすおそれがあるため、6歳未満の小児には使用(服用)しない旨が添付文書に記載されるものとして、正しいものを一つ選び、そ の番号を解答欄に記入しなさい。

1 チペピジンヒベンズ酸塩
2 ブチルスコポラミン臭化物
3 アミノ安息香酸エチル
4 フェルビナク
5 メキタジン

 

 

解説

アミノ安息香酸エチルはメトヘモグロビン血症を起こすおそれがあるため、6歳未満の小児には使用(服用)しない旨が添付文書に記載される。

正解 3

出題範囲の解説ページ

第5章-2日目:Ⅰ-②「してはいけないこと」(別表解説)

スポンサーリンク

広告A


2019年 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄の登録販売者試験 過去問題  

内容 問題(解説付き) 模擬試験用(解説なし)
第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 1~10 11~20

午前問題

答え

午後問題

答え

第2章 人体の働きと医薬品 21~30 31~40
第3章 主な医薬品とその作用 61~70 71~80 81~90 91~100
第4章 薬事関係法規・制度 101~110 111~120
第5章 医薬品の適正使用・安全対策 41~50 51~60

福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄の登録販売者試験 過去問題に戻る

広告A

広告b

2020年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン

固定記事下部関連広告



執筆者: 吉川 泰紀

Copyright© 2020年登録販売者試験対策 , 2020 All Rights Reserved.