2019年 茨城 栃木 群馬 新潟 山梨 長野の登録販売者試験過去問題 第3章 主な医薬品とその作用 問71~80


2019年【茨城 栃木 群馬 新潟 山梨 長野】

登録販売者の過去問題を解説しています。

疑問が残った際は出題範囲の解説ページを載せていますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

広告A

第3章 主な医薬品とその作用 問71~80

問71 口腔咽喉薬及びうがい薬(含嗽薬)に含まれている成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
  1. 口腔内や喉に付着した細菌等の微生物を死滅させたり、その増殖を抑えることを目的として、トラネキサム酸が用いられる。
  2. 喉の粘膜を刺激から保護する成分として、グリセリンが配合されている場合がある。
  3. 咽頭粘膜をひきしめる(収斂)作用のほか、抗菌作用を期待してミルラが用いられる。

  a b c
1 正 正 誤
2 誤 誤 誤
3 誤 正 正
4 正 誤 正

 

 

解説

  1. 誤:トラネキサム酸は喉の不快感、喉の痛み又は喉の腫れの症状を鎮めることが目的として用いられる。

正解 3

出題範囲のページ

第3章-6日目:Ⅱ-② 口腔咽喉薬, 含嗽薬

 


問72 強心薬及びその成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
  1. 強心薬は、疲労やストレス等による軽度の心臓の働きの乱れを整えて、動悸や息切れ等の症状の改善を目的とする医薬品である。
  2. 1日用量中センソ1mgを超えて含有する医薬品は、劇薬に指定されている。
  3. ゴオウは、強心作用のほか、末梢血管の拡張による血圧降下、興奮を静める等の作用があるとされる。
  4. 苓桂朮甘湯には、強心作用が期待される生薬が配合されている。

  a b c d
1 正 正 正 正
2 誤 正 誤 正
3 正 誤 正 誤
4 正 誤 誤 誤
5 誤 正 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:1日用量中センソ5mgを超えて含有する医薬品は、劇薬に指定されている。
  2. 誤:苓桂朮甘湯には強心作用が期待される生薬は含まれず、主に尿量増加(利尿)作用がメインとなる。

正解 3

出題範囲のページ

第3章-10日目:Ⅳ-① 強心薬 ,高コレステロール

 


問73 高コレステロール改善薬に含まれている成分に関する次の記述の正誤について、正し い組合せはどれか。
  1. リボフラビンの摂取によって尿が黄色くなった場合、使用を中止する必要がある。
  2. パンテチンは、低密度リポタンパク質(LDL)等の異化排泄を促進し、リポタンパクリパーゼ活性を高めて、高密度リポタンパク質(HDL)産生を高める作用があるとされる。
  3. 大豆油不鹸化物(ソイステロール)には、腸管におけるコレステロールの吸収を抑える働きがあるとされる。
  4. リノール酸は、コレステロールと結合して、代謝されやすいコレステロールエステルを形成するとされ、肝臓におけるコレステロールの代謝を促す効果を期待して用いられる。

  a b c d
1 正 正 誤 正
2 正 正 誤 誤
3 誤 正 正 正
4 誤 誤 誤 正
5 正 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:リボフラビンの摂取によって尿が黄色くなることがありますが、使用を中止する異常ではない。

正解 3

出題範囲のページ

第3章-10日目:Ⅳ-① 強心薬 ,高コレステロール

 


問74 貧血及び貧血用薬に含まれている成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
  1. 鉄分の摂取不足を生じても、初期には貯蔵鉄や血清鉄が減少するのみで、ただちに貧血の症状は現れない。
  2. ビタミンB12が不足して生じる巨赤芽球貧血は、悪性貧血と呼ばれている。
  3. ビタミンB6 は、消化管内で鉄が吸収されやすい状態に保つことを主な目的として用いられる。

  a b c
1 正 誤 正
2 正 正 誤
3 誤 正 正
4 誤 誤 誤

 

 

解説

  1. 誤:ビタミンB6はヘモグロビン産生に必要なビタミンであり、消化管内で鉄が吸収されやすい状態に保つことを主な目的としている成分はビタミンCである。

正解 2

出題範囲のページ

第3章-11日目:Ⅳ-② 鉄剤 とその他循環器用薬

 


問75 ユビデカレノンに関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
  1. 肝臓や心臓などの臓器に多く存在し、エネルギー代謝に関与する酵素の働きを助ける成分である。
  2. 摂取された栄養素からエネルギーが産生される際に主にビタミンCとともに働く。
  3. 医薬品的な効能効果が標榜又は暗示されていなければ、食品(いわゆる健康食品)の素材として流通させることが可能である。
  4. 15 歳未満の小児向けのユビデカレノンを含有する一般用医薬品も存在する。

  a b c d
1 正 正 誤 正
2 誤 正 正 誤
3 誤 誤 誤 正
4 正 誤 正 誤
5 誤 正 誤 誤

 

 

解説

  1. 誤:エネルギーが産生される際に主にビタミンB群とともに働く。
  2. 誤:小児において心疾患による動悸、息切れ、むくみには、医師の診療が優先されるべきであり、ユビデカレノンを含有する一般用医薬品に15歳未満の小児向けの製品はない。

正解 4

出題範囲のページ

第3章-11日目:Ⅳ-② 鉄剤 とその他循環器用薬

スポンサーリンク

広告A


問76 次の記述にあてはまる婦人薬として用いられる漢方処方製剤として、正しいものはどれか。

体力中等度で皮膚はかさかさして色つやが悪く、のぼせるものの月経不順、月経困難、血の道症、更年期障害、神経症、湿疹・皮膚炎に適すとされるが、胃腸が弱く下痢しやすい人では 胃部不快感、下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。 まれに重篤な副作用として、肝機能障害を生じることが知られている。

  1. 五虎湯
  2. 温清飲
  3. 補中益気湯
  4. 小青竜湯
  5. 当帰芍薬散

 

 

解説

それぞれの漢方のキーワードを記載

  1. 誤:五虎湯(鎮咳去痰) 咳が強くでる人の咳
  2. 正:温清飲(婦人薬) 皮膚はかさかさして色つやが悪く、月経不順
  3. 誤:補中益気湯(滋養強壮) 元気がなく、疲れやすいものの虚弱体質
  4. 誤:小青竜湯(かぜ薬) うすい水様の痰、アレルギー性鼻炎
  5. 誤:当帰芍薬散(婦人薬)産前産後あるいは流産による障害

正解 2

出題範囲のページ

第3章-13日目:Ⅵ 婦人薬

 


問77 内服アレルギー用薬に含まれている次の成分のうち、抗ヒスタミン成分として正しいものの組合せはどれか。
  1. ベラドンナ総アルカロイド
  2. フェニレフリン塩酸塩
  3. メキタジン
  4. ジフェンヒドラミン塩酸塩

1(a、b) 2(a、c) 3(b、c)
4(b、d) 5(c、d)

 

 

解説

  1. 誤:ベラドンナ総アルカロイドは抗コリン成分である。
  2. 誤:フェニレフリン塩酸塩はアドレナリン作動成分である。

正解 5

出題範囲のページ

第3章-14日目:Ⅶ 内服アレルギー用薬

 


問78 アレルギー用薬に含まれている成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
  1. クレマスチンフマル酸塩は、抗ヒスタミン成分である。
  2. ヨウ化イソプロパミドは、抗炎症成分である。
  3. アゼラスチンは、アドレナリン作動成分である。

  a b c
1 正 正 正
2 誤 正 誤
3 誤 誤 正
4 正 誤 誤

 

 

解説

  1. 誤:ヨウ化イソプロパミドは抗コリン成分である。
  2. 誤:アゼラスチンは 抗ヒスタミン成分である。

正解 4

出題範囲のページ

第3章-14日目:Ⅶ 内服アレルギー用薬

 


問79 鼻炎用点鼻薬に含まれている成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
  1. ナファゾリン塩酸塩は、交感神経系を刺激して鼻粘膜を通っている血管を収縮させること により、鼻粘膜の充血や腫れを和らげる。
  2. クロモグリク酸ナトリウムは、肥満細胞からのヒスタミンの遊離を抑える。
  3. ケトチフェンは、鼻粘膜を清潔に保ち、細菌による二次感染を防止する。
  4. リドカインは、鼻粘膜の過敏性や痛みや痒みを抑える。

  a b c d
1 正 正 誤 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 誤
4 誤 誤 誤 正
5 誤 誤 正 誤

 

 

解説

  1. 誤:ケトチフェンは抗ヒスタミン成分である。

正解 2

出題範囲のページ

第3章-15日目:Ⅷ 点鼻薬

 


問80 妊娠検査薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
  1. 一般的な妊娠検査薬は、月経予定日が過ぎて概ね1週目以降の検査が推奨されている。
  2. 検査薬が高温になる場所に放置されたり、冷蔵庫内に保管されていたりすると、設計どおりの検出感度を発揮できなくなるおそれがある。
  3. 検査結果が擬陽性を示す場合として、高濃度のタンパク尿や糖尿がある。

  a b c
1 正 正 正
2 正 誤 誤
3 誤 誤 正
4 誤 正 誤

 

 

解説

正解 1

出題範囲のページ

第3章-26日目:ⅩⅥ 一般用 検査薬

スポンサーリンク

広告A


2019年 茨城 栃木 群馬 新潟 山梨 長野の登録販売者試験 過去問題  

内容 問題(解説付き) 模擬試験用(解説なし)
第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識 21~30 31~40

午前問題

答え

午後問題

答え

第2章 人体の働きと医薬品 41~50 51~60
第3章 主な医薬品とその作用 61~70 71~80 81~90 91~100
第4章 薬事関係法規・制度 1~10 11~20
第5章 医薬品の適正使用・安全対策 101~110 111~120

茨城 栃木 群馬 新潟 山梨 長野の過去問題に戻る

広告A

広告b

2020年登録販売者試験対策
過去問題にフォーカスした薬剤師による独学サポートサイト
メディカルライフデザイン

固定記事下部関連広告



執筆者: 吉川 泰紀

Copyright© 2020年登録販売者試験対策 , 2020 All Rights Reserved.